オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンベラ 9

小鳥腹黄

植物園でみかけた小鳥。名前はわかりません。
chiemomoのJunさんに教えて頂きました。ありがとうございます。
上の画像 黄色いのがヒガシキバラヒタキ(Eastern Yellow Robin)

下の画像 マミジロヤブムシクイ(White-browed Scrubwren)
小鳥1

ワライカワセミ

笑カワセミ

大学構内のワトル


大学ワトル


大学構内で見かけたムクドリ科 Sturnidae  の移入種
和名 インドハッカ
英名 Common Myna
学名 Acridotheres tristis

CommonMyna.jpg

チドリ科 Charadriidae
ズグロトサカゲリ
Masked Lapwing
Vanellus novaehollandiae

VanellusNovaehollandiae_20090115071332.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/01/17(土) 00:00:58|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キャンベラ 8

植物園花

2008年7月の国立植物園は、冬なので花は少なめでしたが、いくつか花を咲かせていました。名前がわかりません。

植物園花2

巨大なユーカリ、園内は広過ぎて迷ってしまいそう。

植物園ユーカリ

白蟻塚

蟻塚

さて、何の花でしょう。


黄色花
続きを読む
  1. 2009/01/16(金) 00:00:09|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンベラ 7 (テルストラタワー)

グリフィン

ブラックマウンテン山頂にある195mのテルストラの通信塔。
展望台からは、キャンベラの街が一望できる

湖は、キャンベラの街を設計したアメリカ人の建築家ウォルター・バーリー・グリフィンの名が付いた人工湖バーリー・グリフィン湖です


テレストラタワー

ブラックマウンテンに歩いて登る途中でみかけたワトル

白ワトル

別のワトル

ワトル2


紫色のマメ科植物

紫マメ科
続きを読む
  1. 2009/01/15(木) 00:00:35|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キャンベラ 6 (フエガラスなど)

WhiteWingedChough.jpg

黒い鳥で一般的なのはカラス。
キャンベラで見かけた黒い鳥は、一見カラスに見えるが、良く見ると、目が赤い。
隠れていて見えないが、翼の一部は白い。鳴き声も違う。
カラスの仲間のオオツチスドリでした。

カラス科  Corvidae
和名 オオツチスドリ
英名 White-winged Chough   固有種
学名 Corcorax melanorhamphos




PiedCurrawong.jpg

こちらも一見カラスだが、一部の羽が白く、鳴き声が違う

和名 フエガラス
英名 Pied Currawong
学名 Strepera graculina  固有種




GymnorhinaTibicen.jpg

オーストラリアのほぼ全域でみられるカササギフエガラス、オージーはマギー(マグパイ)と呼んでいる鳥ですが、地域によって白黒の割合が違っています。パースは背中が白いが
キャンベラのは背中の黒っぽい

和名 カササギフエガラス
英名 Australian Magpie 
学名 Gymnorhina tibicen
  1. 2009/01/14(水) 00:00:58|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キャンベラ 5 (ルリオーストラリアムシクイ)

SuperbFairyWrenオス芝

CSIRO へ行く道路端の芝生に、美しいブルーの鳥がいたのだけれど、コンデジしか持っていなかった。なんとか証拠写真ぐらいには獲れた。

和名 ルリオーストラリアムシクイ
英名 Superb Fairywren   固有種
学名 Malurus cyaneus

SuperbFairyWrenオス

翌日、近くの植物園へ出かけて行くと、居ました、ルリオーストラリアムシクイ。
ムラサキオーストラリアムシクイ(Splendid Fairywren)のオスは全身ブルーだけれど、ルリの方はお腹が白い。
餌のムシを追ってちょこまか動き回って、ちっともじっとしてくれない。
なんとか数ショット撮れた。

SuperbFairyWrenオス2

全身茶色っぽい地味なメス

SuperbFairyWrenオスメス

美声です

SuperbFairyWrenメス

*****

パースでも良く見かけるムラサキオーストラリアムシクイのメス。
尾が鮮やかなブルー。
ムラサキオーストラリアムシクイのメスは比較的良く見かけるのに、いまだに成熟したオスを撮影出来ていないのです。


和名 ムラサキオーストラリアムシクイ
英名 Splendid Fairywren
学名 Malurus splendens   固有種

SuperbFairyWrenメス
  1. 2009/01/13(火) 00:00:49|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キャンベラ 4 (ナナフシ)

EurycnemaGoliathアップ

大学構内をつっきって近道をしてCSIRO Discoveryへ

キャンベラにはCSIRO(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)「豪州連邦科学産業研究機構」の支部があって、そこの CSIRO Discoveryでは一般人に簡単な科学的体験が出来るようになっていて、標本などが実際に触れます。観光の名所ではなく、東京の国立科学博物館には規模的に全くかないませんが、まあ面白い場所です。

CSIROの昆虫学部門では、トンボ類、蝶類 蛾類などの図鑑を出版していて、私も利用しています。キャンベラの昆虫学部門にオーストラリア国内の昆虫を標本にして送ると、有料で同定してくれます。私は一度も試していませんけど。

クィーンズランドに生息している豪で二番目に大きな昆虫, ナナフシの一種 Goliath Stick Insect のメスを見せてもらいました。体長約20cm
大きいし、色彩が迷彩服のようです、植物の上にいたら見つけにくいでしょうね。

英名 Goliath Stick Insect
学名 Eurycnema goliath


EurycnemaGoliath手

別の細身のナナフシ
Tessulata Stick Insects だったかな

ナナフシ1




ExtatosomaTiaratum.jpg

寿司ネタのシャコみたいです

英名 spiny leaf insect
学名 Extatosoma tiaratum


ExtatosomaTiaratum.娘
  1. 2009/01/12(月) 00:00:15|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

キャンベラ 3 (フクロオオカミ)

国立博物館遠景

パーリーグリフィン湖に突き出ている、アクトン半島にあるの派手なオブジェの国立博物館。オーストラリア連邦成立100周年を記念して作られた、オーストラリアの歴史的文化的遺産が展示されている。

画像が途切れてしまっていますが、フクロオオカミの剥製。作り方が雑でアンバランス。

タスマニアデビル
続きを読む
  1. 2009/01/11(日) 00:03:21|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。