オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特別編 日本のムシ

12月から1月にかけて、日本に滞在していました。
暖冬とはいえ、朝晩は寒い!
ムシはいるのか?

関東北部、家の庭や近所で見かけた、ムシを撮ってみました。

ハムシでしょうか?

hamusi.28.12.06.jpg


30センチほどの薄い岩をどけてみると、、
ゴミムシダマシが越冬中
mushi.28.12.06.jpg


オカダンゴムシやワラジムシも
dangomusi.28.12.06.jpg


スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 18:17:02|
  2. 日本のムシ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

ウェスタン ワトルバード

リトル ワトルバードは小型のワトルバードで、26ー30cm。
オスはメスより大きめ。
オーストラリアで良く見かける鳥のひとつです。
ユーカリ、グレビリア、バンクシア、アカシアの花の蜜やこれらの花に集まるムシを食べます。幼鳥は成長に必要なタンパク質を得るため、おもにムシ、クモなどを食べます。
ワトルバードの名前に反してレッド ワトルバードにみられるような頬の肉垂れがありません。
夜明けの30分前から鳴きはじめる早い起きな鳥。


英名 Little Wattlebird / Western Wattlebird / Lunulated Wattlebird

学名  Anthochaera chrysoptera

スズメ目 Passeriformes
スズメ亜目 Passeri
カラス小目 Corvida
ミツスイ上科 Meliphagoidea
ミツスイ科 Meliphagidae

Anthochaera lunulata, Little Wattlebird, ギンホオミツスイ





WesternWattlebird.13.11.06.jpg




WesternWattlebird2.20.10.06.jpg

  1. 2007/01/22(月) 00:00:00|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レッド ワトルバード

ハ二ーイーターは世界中で173種類、オーストラリアには66種類が生息します。
中でも一番大きなハニ-イーターがレッド ワトルバードで大きさは33cmー36cmです。

特徴は頬からぶらさがる赤い肉垂れ(ワトル)です。
お腹は黄色みがかっています。

レッドワトルバードは19世紀から20世紀初頭にかけて狩猟対象の鳥でしたが、今では保護されています。

7月から12月にかけて繁殖し、一度に2-3個の卵を生みます。
通常は年に一度ですが、状況が良いと年二回になることもあります。


英名 Red Wattlebird

学名 Anthochaera carunculata

スズメ目 Passeriformes
スズメ亜目 Passeri
カラス小目 Corvida
ミツスイ上科 Meliphagoidea
ミツスイ科 Meliphagidae

Anthochaera carunculata, Red Wattlebird, アカミミダレミツスイ











グラスツリー(ブラックボーイ) の蜜を吸うレッドワトルバード


redwattlebird.jpg



レッド アンド グリーン カンガルーポーの蜜を吸う


RedWattleBirdKnagaroopaw.jpg


繁殖期には攻撃的に犬をも追い払う


tori.21.10.06.jpg

  1. 2007/01/20(土) 00:00:00|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ホワイト チークド ハ二ーイーター

ホワイト チークド ハ二ーイーター

花の蜜やムシなどを追って飛び回り、庭にも良く訪れる小鳥。

鳴き声が良い。
バンクシア、ドリャンドラ、グレヴィリアなど蜜を持つ植物を渡り歩きます。
大きさは、16ー19cmでニュー ホランド ハ二ーイーターよりも若干小型。
西オーストラリア南西部、オーストラリア東部海岸部でみられます。

8月から9月、3月から5月にかけてが繁殖期。
樹皮や草、小枝などでお椀型の巣を作り、通常2個の卵を産みます。
卵はメスが温めますが、ヒナのえさやりはオス、メスともにします。




英名 White-cheeked Honeyeater

学名 Phylidonyris nigra gouldi






White-cheekedHoneyeater2.jpg

  1. 2007/01/18(木) 06:59:33|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューホランド ハニ-イーター

オーストラリアには66種類のハニ-イーターが分布します。
ハニ-イーターは花々の受粉を助け、害虫の発生を押さえてオーストラリアの環境に重要な役割をはたします。
ハニ-イーターの舌の先はブラシ状になっていて蜜を効率的に吸い上げ、しかも一秒に十回ものハイスピードで密に舌を運ばせます。

庭や公園でよく見かけるニューホランド ハニーイーター は、ユーカリやバンクシアの花をはじめとして100種類以上の花々を訪れて受粉の手助けをします。花の少ない時期にはムシやクモなどを食べます。

目の周りが白い唯一のハニーイーター

7月から12月にかけての繁殖期にはお椀状の巣に1個から3個の卵を産みます。

英名 New Holland Honeyeater

学名 Phylidonyris novaehollandiaenewhollandhoneyeater.jpg

  1. 2007/01/16(火) 00:00:00|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンギング ハニーイーター

シンギング ハニーバード


SingingHoneyeater.21.00.06.jpg



ブラシの木で



SingingHoneyeater.03.11.06.jpg

  1. 2007/01/14(日) 00:00:00|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラック フェイスド カックー シュライク

ブラック フェイスド カックー シュライク

オーストラリア全土に生息。

上空から毛ムシや害虫をねらい、時には果物や他種のヒナも食べる。

小さくて浅い皿型の巣をつくる。春から夏にかけて、2ー3個の卵を産み、オスメス共に卵をあたため、ヒナに餌をあたえ、巣を守る。


別名 ブルー ジェイ (Blue jay)   シャッフルウィング(Shufflewing)  サマーバード(summer bird)

英名 Black-Faced Cuckoo-Shrike

学名 Ciracina novaehollandiae




Black-facedCuckoo-shrike2.jpg

  1. 2007/01/12(金) 00:00:00|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホワイト フェイスド ヘロン

ホワイト フェイスド ヘロン

黄色い足と白い顔と首を持つ優雅な姿の美しい鳥。スワン川の支流でみかけました。
オーストラリア全土、インドネシアやニュージーランド、南太平洋に分布。オーストラリア南西部では良く見かける水鳥で、両生類や魚などを捕食します。

繁殖は春、通常4個の卵を産み、オス、メス共に卵をあたため、ヒナを育てます。幼鳥は40日ほどで巣立ちますが、次の巣作りまでは親鳥と暮らします。

小型の水鳥、、66ー69cm

英名 White-faced Heron / White-fronted Heron / Blue Crane

学名 Ardea novaehollandiae



White-facedHeron.jpg

  1. 2007/01/10(水) 05:41:56|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーストラリアン ウッド ダック

オーストラリアン ウッド ダック

水鳥にもかかわらず、陸の上で過ごす時間の多い鳥。

冬から春にかけて繁殖し、木の上の洞などに9個から12個のを産み、4週間程で孵ります。
ヒナが孵ると親鳥は木の下から励まして、ヒナが飛び降りてくるのを待っているそうです。
幼鳥は50日ほどで巣立ちます。


英名 Australian Wood Duck / Maned Duck / Maned Goose

学名   Chenonetta Jubata



キングスパークで見かけた
オーストラリアン ウッド ダック の親子 (11月7日撮影)
左がメス、右がオス

AustralianWoodDuck.07.11.06.jpg

  1. 2007/01/08(月) 05:18:02|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

様々なユーカリ

ユーカリはオーストラリアではガムツリーと呼ばれていて、約500種あります。多すぎて紹介しきれませんが何種類か紹介しましょう。


ブックリーフ マリー

Bookleaf Mallee

BookleafMallee.09.11.06.jpg



フォーウィングド マリー

Four-winged Mallee

Four-wingedMallee.09.11.06.jpg


クラウンド マリー

Crowned mallee

Crownedmallee.09.11.06.jpg


カエシア

Caesia

Caesia.09.11.06.jpg

  1. 2007/01/06(土) 05:01:40|
  2. Wildflowers (野草)

オーストラリアン シェルダック

オーストラリアン シェルダック

華やかな色彩の鳥でオスは特に見事な羽根の色を見せます。

この鳥はマウンテン ダックと呼ばれることもありますが、山の近辺ではなく水辺の鳥です。オーストラリア南部で普通に見られます。

水草、陸の草、ムシや軟体動物、甲殻類などを食べます。


英名  Australian Shelduck / Mountain Duck / Chestnut-breasted Shelduck

学名 Tadorna tadornoides



AustralianShelduck2.jpg



AustralianShelduck.jpg

  1. 2007/01/03(水) 10:13:21|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーストラリアン ペリカン

皆様あけましておめでとうございます。

オーストラリアの飛ぶ鳥の中で一番大きく、エレガントな鳥。
スワン川や支流で、ユーモラスな姿を良く見かけます。
上空3000mの高さまで上昇出来、ゆったりとV字型の編隊を組んで飛んでいく、あるいは一羽でふんわりと飛ぶ姿は優雅です。

世界中で7種類のペリカンの仲間がいますが、オーストラリアで見られるのは、オーストラリアン ペリカン一種類のみ。
重さは約8.5Kg、体長1.2m、翼の長さが3.4m。

英名 Australian pelican

Pelecnidae


20061123104354.jpg





AustralianPelican.jpg




  1. 2007/01/01(月) 10:10:37|
  2. Birds (鳥)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。