オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

ベッコウバチの一種

クモは居らんかあ??
クモを狩る狩り蜂、ベッコウバチの一種が獲物を探しているのでしょうか。3センチもある大きく綺麗なハチで、たまに見かけるけれど撮影が難しい。今回は珍しく、直ぐそばに止まってくれた。

ベッコウバチ科Pompilidae Spider Wasps

32mm
GOHWasp280407.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) 10:37:33|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーストラリアン ペリカン

ペリカンというとユーモラスな鳥、というイメージ。
川辺で良く見かけます。川沿いの高速道路では外灯にとまる姿が印象的です。
オーストラリア最大の空飛ぶ鳥。


重さは約8.5Kg、体長1.2m、翼の長さが3.4m。
セグロペリカン
英名 Australian pelican
Pelecnidae
大きな鳥だけに、飛翔の姿は感動的。
PelicanFly2.240407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/28(土) 11:42:38|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーストラリアン エンペラー(飛翔)

寒くて雨の多い季節になり、ムシの姿が少なくなってきました。
時折晴れた日の午後など、トンボが出てくるので、トンボでも撮ってみました。
Aeshnidae
Australian Emperor / Hemianax papuensis
AEmperorFly.190407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/27(金) 10:31:37|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ブラック ウィングド スティルト(セイタカシギ)

足が長い。折れそうに見えるが以外と丈夫そう。
細長い嘴で優雅に餌を探す。
幼鳥は首の後ろから頭にかけての黒い部分が白い。
沼地や川辺でみかける。


チドリ目 セイタカシギ科
セイタカシギ 
英名:Black-winged Stilt / Pied stilt / Longshanks / White-headed stilt
学名:Himantopus himantopus
37cm

BlackWindedStilt.250407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/26(木) 09:35:32|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガマ(蒲、香蒲)

浅い水辺に生え、高さは2.5mほど。
探検家トーマス ミッチェルはアボリジニの人々が沼地から収穫した大きな地下茎の塊を網に入れ頭にのせて運んでいるのを観察していました。
ガマはニューサウスウェールズ州やビクトリア州のアボリジニの人々の重要な食料で、にかわ質の地下茎をローストして食べ、でんぷん、糖分、繊維質の供給源とされていました。

スワン川沿いのアボリジニは、地下茎を叩いて硬い繊維質を取り除き、残ったペースト状をローストしてケーキ状にして食べ、味はアスパラガスのようだとか。若い穂はローストし、硬い芯を残してまるでトウモロコシを食べるように周りの穂の部分を食べます。日本では江戸時代に、夏負けを防ぐ為に鰻をを食べたが、当初は鰻を丸のまま串に刺して焼いて食べたそうで、その形が蒲の穂に似ていた事から、蒲焼きの名が付いた。アボリジニは本当の蒲焼きを食べているんですね。

北部の一部アボリジニの人々はガマの花粉を集めて小さなケーキを作ります。
穂綿は傷につけると回復が良く、ガマからでる液体はヒルよけに使われるそうです。

ガマ(蒲、香蒲)
ガマ科ガマ属の多年草。
アボリジニ語 
ヤンゲティ(Yangeti)カンバンジ(Cumbungi) ウォンガ(Wonga)
英名  バルラッシュ(Bulrush)、 リード メース(Reed-mace) 
学名   Typha domingensis(在来種) 北部に多い 
     Typha orientalis(外来種) 南部に多い
Bulrush.220407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/25(水) 17:56:20|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

リトル コレラ

オウムの鳴き声は甲高くうるさくて、ギャーギャー鳴いていると居場所がすぐに分ってしまいます。大きめの公園に行くと頭上の木の上に居るところを見かけます。オウムのように大きな鳥は動物園や、ちょっとリッチな家で飼う鳥という印象ですが、パースでは、そこいらへんに居て、異国だなあ、って思っちゃいます。
ロングビルド コレラに似ていて、一緒に群れを作ることも。

アカビタイムジオウム
Order: Psittaciformes
Family: Cacatuidae
Subfamily: Cacatuinae
Genus: Cacatua
Subgenus: Licmetis
Species: C. sanguinea

Little Corella  / Cacatus sanguinea westralensis
LittleCorella.220407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/24(火) 15:33:03|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イエロービルド スプーンビル

川辺で見かけた、アメリカンアニメのシンプソンズの出て来そうな、ひょうきん顔のキバシヘラサギ。

晩冬から春にかけて繁殖。
20mほどの木の上か地上の小枝で巣を作り、4個程の卵を生む。
両親ともに卵とヒナの世話をし、ヒナは4週間ほどで巣立つ。

コウノトリ目 Ciconiiformes
トキ科 Threskiornithidae
キバシヘラサギ 
Yellow-billed Spoonbill or Yellow-legged Spoonbill / Platalea flavipes
Spoonbill.220407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/23(月) 17:25:32|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コモン ブルーテイル ダムゼルフライ(交尾)

天気が良いので、川辺に撮影へ出かけ、運良くコモン ブルーテイル ダムゼルフライの交尾を目撃。
今回は、レンズ二本に外付けフラッシュも持参して、なんとか上手く撮影出来るように準備はしたのですが、、、

コモン ブルーテイル ダムゼルフライ
FAMILY COENAGRIONIDAE
Common Bluetail Damselfly - Ischnura heterosticia
CommonBluetailC2.220407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/22(日) 18:33:39|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワトル ツリー

秋から冬にかけて咲き始める花。ワトル ツリー。
黄色い花が陽に透けて、柔らかな秋の日差しに映える。
一年中、花の絶えない当地ですが、黄色い花が咲き始めると、春が待ち遠しくなるのでした。

ワトルツリーは、オーストラリアの国花にもなっている、アカシア科の樹木の一種です。ワトルツリーは600種以上。花の形が似ている、南アフリカやヨーロッパ南部のミモザ(Mimose)と同属です。

 ワトル(Wattle) という名前は、1788年にボタニー湾に入植した人達が建てた家からきいるそうで、当時の家の壁の作り方は、「Wattle and Daub」(枝を編み合わせて塗り付ける)と呼ばれ、そこいらによくあるワトルの枝がよく使われていたため、この名前がつけられたそうな。

この花のように球形もあればシリンダー状もあり、形態は様々ですが、黄色いふさふさした花の同じです。

アボリジニの人達は、ワトルの実を集め、挽いて粉状にしてから、パンケーキ状の食べ物を作るそうです。





Wattle2.210407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/21(土) 17:51:54|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマキリ

庭で草取りをしていると、3cm程のカマキリの幼虫がひょろりと出て来ました。
カメラを取りに行く間、逃げないように、手近にあったバケツにひとまず確保してから、カメラを取りに。
バケツから、幼虫を庭に戻し、撮影していたら、突然、消えた!?
近くを丹念に探したのに、いない。
あれえ、折角もっと撮影しようとしたのに、残念。

Family Mantidae - Praying Mantids

kamakiri.6.190407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/20(金) 10:20:02|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シュワッ!!

おいらはハエ。
2mm程度のちっちゃなハエさ。
一寸のムシにも五分の魂、っていうけんど、一寸も無いムシはどうなんじゃろう。

hae2.120407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/19(木) 10:13:06|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ホワイトバンディド グラスダート

日当りの良い、公園の薮などで見かける地味な色彩のセセリチョウの一種
すばしっこいチョウで、一度飛び立つと再度止まるまで時間がかかる。なんとか止まっているチョウを撮ろうとするのだが、うーむ。

Order: Lepidoptera
Family: Hesperiidae
Common Name
white grass-dart
whitebanded grass-dart
western dart
WhitebandedGrassdart.160407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/18(水) 12:21:59|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コモン シングルバック(ニシマツカサトカゲ)

パースの公園では良く見かけるトカゲ。
たまに自宅の前庭で、草陰にひそんでいる。フンはとても臭い。
時々、道路で轢かれたぺしゃんこの残骸を見かける。歩きがスローだから、車の犠牲になってしまうんでしょう。


雑食性で、なんでも食べる。
この個体は15cmぐらい。30cmぐらいまで大きくなる。
卵胎生で、春に仔を2匹から4匹ぐらい産む。大人になるには5年かかって、15年ー20年ぐらい生きる。
***
英名Shingleback / Bobtail / Stumpy-tail / Sleepy Lizard /
 Pinecone Lizard / Boggi など地域によって色々の呼び名があります。それだけ身近な存在のトカゲ。

Common Shingleback

学名  Tiliqua rugosa subspecies rugosa and konowi
Bobtail3.140407.jpg



続きを読む
  1. 2007/04/17(火) 10:09:04|
  2. Reptiles (爬虫類)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コモン ブルーテイル ダムゼルフライ(オス)

青が美しいオス。

カメラを持って近付くと、すーーっと逃げる。止まるの待ってまた忍び寄る。すーーーっ、逃げる。いい加減追いかけっこに飽きたころ、やっと近寄って撮影。トンボの目玉良く見えるらしい。

FAMILY COENAGRIONIDAE
Common Bluetail Damselfly - Ischnura heterosticia
CommonBluetailM2.140407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/16(月) 10:35:31|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コモン ブルーテイル ダムゼルフライ(メス)

スワン川の支流の川辺で見つけたイトトンボ。
緑の葉に、黄色っぽ身体で、見つけ難い。
ハラハラと飛んで、あっ、居たのか、と気がつく。
ムシって割に毛深いですね。
触覚がかわいい。

FAMILY COENAGRIONIDAE
Common Bluetail Damselfly - Ischnura heterosticia
CommonBluetailF2.140407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/15(日) 09:20:01|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハチなど

狩り蜂の一種でしょうけど、
黒とメタリックシルバーがオシャレなハチ
ハチは種類が多いのに、まともな図鑑がないので名前がわかりません。
20070412095131.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/14(土) 09:54:12|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ボクサー バーク マンティド

犬を散歩に連れて行った帰り道、カマキリが通りすがりの家の塀にいました。
去年、車でよその公園まで探しにいった、カマキリです。なんと、自宅近くにも生息していたんですね。吃驚!
探し方が悪かったのかな。相手は2cm。しかもカモフラージュの名人、とくりゃあ、滅多な事では姿を見せてくれません。

ボクサー バーク マンティド メス 2cm

Praying Mantids
Order Mantodea
Family Amorphoscelidae
Boxer Bark Mantid - Paraoxypilus sp.


kikamakiri.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/13(金) 10:36:15|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

28スポッティド ポテト レディーバード

オオニジュウヤホシテントウの一種
ナス科の植物、ブラックベリー ナイトシェッド(Black Berry Nightshade)
の上で
毛深いが目がかわいい草食テントウ

FAMILY COCCINELLIDAE
Subfamily Epilachninae
28-spotted Potato Ladybird / Henosepilachna vigintioctopunctata

070407tentou.jpg




続きを読む
  1. 2007/04/12(木) 10:39:25|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウェルカム スワロー

オーストラリア全土、北部よりは南部で、ごく普通に見られるツバメの一種。
水辺などでムシを捕食。
今回、池に飛び込むようにしていたのですが、小魚を捕食するとの記述は文献にないので、水中のムシを捕まえていたのでしょうか。
ツバメの優雅にして自由自在に空を駆ける姿はほれぼれします。
手持ちは60mmマクロだったのですが、まあまあに撮れていました。


8-12月が繁殖期で2羽ないしそれ以上のヒナをシーズンごとに育てます。通常は3個の卵をうみます。
大きさ 14ー15cm
スズメ目 ツバメ科
和名 オーストラリアツバメ
学名 Hirundo neoxena 英名 Welcome Swallow 

WellcomeSwallow2.060407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/11(水) 10:18:05|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アコーン バンクシア

オーストラリア原産の木、バンクシア。
約80種類あり、一年中どの種類かは咲いていて、生き物に花粉や蜜を供給しています。

淡いオレンジ色の花穂が美しいバンクシアの一種。

ヤマモガシ目 Proteales
ヤマモガシ科 Proteaceae
バンクシア属 Banksia

Acorn Banksia / Banksia prionotes

柔らかな産毛に覆われたつぼみ
AcornBanksiaTubomi2.090407.jpg




続きを読む
  1. 2007/04/10(火) 11:12:50|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッド アンド ブルー ダムゼル

イトトンボと言えば、子供の頃、土手などでワラワラと沢山みかけたものだ。トンボよりも捕まえやすかったようだ。大きなオニヤンマは、竹箒を振り回して叩き落とす、という極めて乱暴な方法で捕まえたりしていた。
トンボの力強い飛翔に比べると、イトトンボの飛翔は、儚げにみえるけれど素早い。しかも小さいからカメラのピントが合わせ難い。

レッド アンド ブルー ダムゼルのオスは真っ赤な眼と胸、尾の先の青い二本線が目につく印象的で美しいイトトンボだ。オーストラリア全土に生息し、またニュージーランド、フィージー、ニュー カレドニアにも生息。



トンボ目(蜻蛉目) Odonata
イトトンボ亜目 Zygoptera
(均翅亜目)
Coenagrionidae 科
Xanthagrion 属
Red & Blue Damsel / Xanthagrion erythroneurum


RedBlueDamsel2.060407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/09(月) 10:22:58|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オーストラリアン エンペラー(2)

オーストラリアにもエンペラーが居るんだなあ、と素直に感心。
オーストラリア全土に生息していて、珍しくはないけど、ヤンマ特有の力強い飛翔に惹かれます。エンペラーの風格あり、かな。
以前から、このトンボをたまに見かけるのだけど、休み無く飛び続け、身体の模様を確認できず、従って、名前もわからなかったのでした。
カメラで一瞬を捉え、やっと、名前がわかりました。
交尾中のトンボは、産卵の為、池に降りてきて、かなり止まっているからシャッターチャンス。人造池だから、接近しやすかったのもラッキーでした。

不均翅亜目(トンボ亜目) Anisoptera
ヤンマ科 Aeshnidae
Australian Emperor / Hemianax papuensis
AustralianEmperor4.060407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/08(日) 09:23:15|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーストラリアン エンペラー

雲一つない青空。
近くの人造池にトンボを見に行きました。
ブルー スキマー のオスが10前後はいたでしょうか。
他に スカーレット パーチャー やイトトンボなど。

初めて撮影したのは、オーストラリアン エンペラー

不均翅亜目(トンボ亜目) Anisoptera
(後ろの翅が前の翅より広く、休む時は翅を広げて止まる。)
* ヤンマ科 Aeshnidae

Australian Emperor / Hemianax papuensis

AustralianEmperor6.060407.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/07(土) 10:14:49|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スカーレット パーチャー

アカトンボは、なんだか寂しい、と感じるのは私ぐらいだろうか。
これから冬へ向かう秋にみかけるだろうか。
最も、パースは暖かいから、あまり秋といった感じはない。
紅葉もないし、花は数こそ少ないが冬でも咲いているし。
水辺のほとりなどで見かけるアカトンボ

スカーレット パーチャー ♂

不均翅亜目(トンボ亜目) Anisoptera
(後ろの翅が前の翅より広く、休む時は翅を広げて止まる。)
トンボ科 Libellulidae

Scarlet Percher / Diplacodes haematodes

ScarletPercher310307.jpg

  1. 2007/04/06(金) 18:17:55|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッド カップド ロビン(アカビタイサンショクヒタキ)

毎朝、犬を散歩に連れて行くのですが、そのときに公園で見つけた、レッド カップド ロビン。遠くからでも、胸と頭頂部の赤が目を引き、珍しい鳥だとわかったのですが、コンデジしかもっていない。さっさと犬の散歩を切り上げて家にもどり、望遠レンズをつけた一眼を持って戻っていきました。
幸い、小鳥はまだ逃げないでいてくれました。
近くまで寄らせてくれないので、まあまあの写真。

レッド カップド ロビンは、パースから近いロットネスト島に多く生息するも、この辺りでは、めったに見る事ができません。私は、初めての目撃です。今日はラッキー、かな。

鳥綱 Aves
スズメ目 Passeriformes
スズメ亜目 Passeri
カラス小目 Corvida
カラス上科 Corvoidea
オーストラリアヒタキ科 Petroicidae
アカビタイサンショクヒタキ Petroica goodenovii /Red-capped Robin
約12cm
オーストラリア周辺にのみ生息する。ヒタキ類に似た形態をするが、分類上はカラス類に近い別のグループである。
RedcappedRobin040407.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/04(水) 10:48:33|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペーパー ワスプ

庭には、ミツバチ以外に、ペーパー ワスプが良く顔を見せます。
顔を見せてはくれるのですが、ちっとも撮らせてはくれないのです。

310307PaperWasp.jpg


続きを読む
  1. 2007/04/03(火) 20:12:22|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セイヨウミツバチ*ベトナミーズバジル

庭にベトナミーズバジルが植えてあり、勝手に増えて、毎年、花を付け、ハチ達が集まってきます。

このバジル、ドクダミのような匂いが強烈で、馴染めない人が多いのではないでしょうか。ベトナム料理に使うと、他のハーブと相まって、微妙に美味しい。

さて、料理は、、、、

20070402140731.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/02(月) 14:28:16|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブルー スキマー ドラゴンフライ(オス)

近所の人造池で、
ブルー スキマー ドラゴンフライのオスを見つけました。

日本のシオカラトンボに良く似た、綺麗なブルーです。

Blue Skimmer Dragonfly / Orthetrum caledonicum


310307BlueSkimmer2.jpg

続きを読む
  1. 2007/04/01(日) 17:28:15|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page