オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

ノーザンテリトリー(32) アリススプリングス(4)

アリススプリングス、デザートパークにて
見かけたムシ

パースでも良く見かけるオーストラリアンペインティッドレディ
タテハチョウ科
英名 Australian Painted Lady
学名 Vanessa kershawi

0711オーストラリアンPL2





よくみかけるシジミチョウ

英名 Two-spotted Line-blue
学名 Nacaduba biocellata

0711Two-spottedLine-blue





タスマニアの一部を除いて、豪全土でみかける

タテハチョウ科
英名 Meadow Argus
学名 Junonia villida
0711MeadowArgus.jpg




ハチの一種

0711ハチ




赤と黒の小さなムシ。日本にも居そう。


0711赤黒ムシ




飼育されていたバッタ
翅は小さいが成虫、飛べないバッタで一生を狭い範囲の草陰で過ごす

Blistered phryomorph
Monistria pustulifera
0711BlisteredPhryomorph.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 00:00:12|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノーザンテリトリー(31) アリススプリングス(3)

アリススプリングス、デザートパークにて



パースで以前見たオーストラリアガマグチヨタカ、写真は上手く撮れなかった。
豪全土に生息
オーストラリアガマグチヨタカ科
オーストラリアガマグチヨタカ   固有種
英名 .Tawny Frogmouth
学名 Podargus strigodes
34~52cm

0711TawnyFrogmouth.jpg




オーストラリア最大の肉食コウモリ
昆虫、カエル、は虫類、小鳥、小動物をたべる

オーストラリアオオアラコウモリ
英名 Ghost Bat
学名 Macroderma gigas

0711ゴーストバット




マラはアボリジニにとって重要な生き物で、1930年以前は、ごく普通に見られたが、野生化した猫などにより絶滅の危機にさらされたが、冊で覆った保護地で、なんとか生き延びている。

アボリジニ語 Mala
英名 Rufous Hare-wallaby
学名 Lagorchestes hirsutus

0711Mala.jpg




トカゲ喰いの蛇
砂と薮の色のツートンカラー


英名 Yellow-faced Whipsnake
学名 Demanisia psammophis
1m

0711YellowFacedWhipsnake.jpg

  1. 2008/08/30(土) 00:00:55|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ノーザンテリトリー(30) アリススプリングス(2)

アリススプリングス、デザートパークにて



草の中を素早く動く細身の身体に、草に紛れる保護色をもつ ケーングラスドラゴン
64mm

英名 Canegrass Dragon / Blue-lined Dragon
学名 Diporiphora winneckei
0711CaneGrassDragon.jpg





アボリジニ語でルンガタ(青舌トカゲ)
多様な動植物を食料とする
約40cmの大型のスキンクで食べると美味しい、らしい。

英名 Centralian Blue-tongue 
学名 Tiliqua multifasciata

0711CentralianBlue-tongueLizard.jpg




穴の入り口で獲物を待ち伏せし、身の危険を感じると、逃走用の特別トンネルを使ってにげるそうだ。トンネルの一つはトイレとして使用。
春に子を産む

英名 Desert Skink / Ornate Burrowing Skink
学名 Egernia inornata

0711OrnateBurrowingSkink.jpg




草に似た保護色のトカゲ

英名 Spinifex Legless Lizard
学名 Delma nasuta
112mm
0711SpinifexLeglessLizard.jpg
  1. 2008/08/29(金) 00:00:46|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ノーザンテリトリー(29) アリススプリングス(1)

アリススプリングスでは、デザートパーク

本当は、野生の「トゲのある悪魔」ソーニーデビルを見たかったのですが、短期旅行者としては無理なので、飼育下です。夏場は道路わきなどで良くみかけるそうで、割りと身近なトカゲ。

英名 Thorny Devil
学名 Moloch horridus

0711ThornyDevil.jpg




尾にトゲのある、ノーザンテリトリーからキンバリーにかけて生息するヤモリ

Spiny-tailed Gecko
Diplodactylus ciliaris aberrans

0711Spiny-tailedGecko.jpg





このパイソンは、穴の中で狩りをして、獲物を壁に押し付けて殺すんだそうな。

Woma
Aspidites ramsayi
2.3m

0711Woma.jpg
  1. 2008/08/28(木) 00:00:36|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ノーザンテリトリー(28)キャンプ料理

Godspeedさんがリクエストを下さったので、オーストラリアのキャンプ料理を紹介しましょう。

オーストラリアの開拓時代から作られて来た料理

0713たき火食事

小麦粉と水を混ぜたたけの発酵させていないパン、ダンパー。
鉄鍋に、熾き火をのせて、蒸し焼きにします。

0713ダンパー

こちらは、ジャガイモ料理。
丸のままのジャガイモを茹でて、お湯を捨て、ジャガイモを潰してパルメザンチーズ、スパイス、ピザ用チーズを混ぜて、もう一度加熱

0713チーズポテト

下の画像、右はチキンのトマト煮込み。
骨付きチキンに、タマネギ、トマト水煮などを混ぜて煮込んだもの。

奥にあるのは、ベーコン入りダンパー
その手前は、チーズポテト

昼間は歩き回ってきて、お腹ぺこぺこ。たき火を始めてから出来上がるまで二時間ぐらい。
美味しく頂きました。

0713夕食


デザートは、キャンプの定番、小枝に刺したマシュマロを火であぶったもの。
マシュマロの外側がカラメル状になり、中はとろりで、美味しい。


0713マシュマロ


翌朝は、熾き火でトースト

0714たき火トースト
  1. 2008/08/27(水) 00:00:41|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ノーザンテリトリー(27)南回帰線

Tropic of Capricorn

南回帰線を越えて

0710南回帰線2

乾燥に耐えそうな植物


0710DM植物

と、それに沢山居た虫。なんでしょう?

0710ごちゃ虫




0710Solanum.jpg

アボリジニの食料となるワイルドトマトの一種。
実は1cmぐらいで小さい。

ナス科 Solanaceae
Solanum の一種

0710Solanumトマト





オートバイでツーリング。荷物が多い。

0710バイク

これらのぽんこつは飾ってあるのか?

0710ぽんこつ

かつて、この付近でUFOが目撃されたんだと、、、
こんなのわざわざ見に来る人が居るんだろうか、、、

0710UFO2.jpg
  1. 2008/08/26(火) 00:00:31|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ノーザンテリトリー(26)

再びノーザンテリトリー編です。

相変わらず、シロアリ塚ばかりの景色。

0710蟻塚



0709レッドカンガルー

レッドカンガルー

Red Kangaroo
Macropus rufus

カンガルーで一番大きな種類。
顔にある白いシマが特徴で、体色は個体によって微妙に違い、灰色でも、レッドカンガルーです。
この二頭は、親を交通事故で失った孤児。
二歳ぐらいだそうだ。
野生のアカカンガルーは残念ながら、目撃出来ませんでした。

0709レッドカンガルー3




0709ButterflyBush.jpg

赤いハートマーク
マメ科とネムノキ科の祖先なんだそうだけど、、、

ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae
バタフライフラワー
Butterfly Flower
Petalostylis cassioides

0710ButterflyBush花




ひたすら真っすぐな豪縦断道路を南下
運転もかったりいので脚を投げ出してリラックス?
これで時速100キロ

0709運転中足

  1. 2008/08/25(月) 00:00:10|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハニーポッドなど

0726DryantraLindleyana.jpg

小さなかご状の花
名前通りに蜜が多いのか、ミツバチが集まっています。

ヤマモガシ科
Couch Honeypot
Dryandra lindleyana

0817DryantraLindleyana.jpg




0726スモークブッシュ花

遠くから見ると、灰色の煙に見える?スモークブッシュ

ヤマモガシ科
Common Smokebush
Conospermum stoechadis

0726スモークブッシュ全体




0817TripterococcusBrunonis.jpg

針金細工のヒヤシンスみたい???

スタックホウシア科
Stackhousiaceae
Tripterococcus brunonis

0817TripterococcusBrunonis群生全体



  1. 2008/08/24(日) 00:00:13|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

オジロクロオウム (ブラッククッカトゥー)

冬に良く見かけるブラッククッカトゥー
群れを作って、大声でギャーギャー騒いでいるので、遠くからでも存在がわかります。

0726ブラッククッカトゥー

左の、目の周りが赤く、クチバシが黒っぽいのはオス。

0731ブラッククッカトゥー雄

こちらの画像の左はメス。右は幼鳥で、しきりにギャーギャー鳴いていました。

オジロクロオウム 固有種
White-tailed Black-Cockatoo
Calyptorhynchus baudinii

0731ブラッククッカトゥー雌
  1. 2008/08/23(土) 00:00:16|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ピンパーネル サンデューなど

ピグミードロセラのピンパーネル サンデューの花が咲き始めました。
まだ、広い自生地に2つ3つしか咲いていませんが、あと数週間たてば、見事なお花畑になり、それはそれは見事です。

0818Glanduligera.jpg

英名 Pinpernel Sundew  ピンパーネル サンデュー
学名 Drosera.glanduligera  ドロセラ グランデュリゲラ

0817Glanduligera全体

5月、むかごを持ったドロセラ。

0517Glanduligeraむかご





パース郊外の丘の上の岩場で

0816岩場2

スネイルオーキッド

0816スネイルO




ピンクレインボーが

0816Menziesii.jpg

モウセンゴケ科
英名 Pink Rainbow
学名 Drosera menziesii

0816Menziesiiアップ

シベの部分をアップで

0816Menziesiiアップ2



  1. 2008/08/22(金) 00:00:27|
  2. Drosera モウセンゴケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

もうすぐ春♪

春近し。
水温み、オタマジャクシが現れてきました。

0818お玉じゃくし

オオカバマダラと同じ、ガガイモ科植物を食草とする在来種
オーストラリア全土で、ほぼ一年中見られます。オオカバマダラは良く見かけるのですが、カバマダラを見るのは初めて。

カバマダラ ♂
英名 Lesser Wanderer
学名 Danaus chrysippus

0816カバマダラ




ヤマモガシ科
Synaphea acutiloba の花にカメムシの幼虫


0817カメSynaphea




0814ヒバルティア


ビワモドキ科 
ヒベルティアの一種の花に、ノミハムシの一種


0817黒小ヒバルティア



ビワモドキ科 
ヒベルティアの一種の花にバッタ
ヒベルティアの花は種類が多いけれど、ほとんど花が黄色で同じ様な形をしています。葉や蕾の付き方で、違いを見分けるのですが、、、難しいです。

0817蝗ヒバルティア




ビワモドキ科 
ヒベルティアの一種の花に2mmぐらいの極小ゾウムシ

0818極小ゾウ




ビワモドキ科 
ヒベルティアの一種の花にハムシの一種


0818ハムシ黒赤
  1. 2008/08/21(木) 00:00:19|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

晩冬のパース

0726Dギガンティア花アップ

秋から冬にかけて降った雨で、D.giganteaも花を咲かせてきました。

英名 Giant Sundew
学名 D.gigantea

0726Dギガンティア花

冬と早春限定の水場で

0726Dギガンティア




0809StackhousiaMonogynaアップ

スタックホウシア科 Stackhousiaceae
Stackhousia monogyna

0809StackhousiaMonogyna.jpg




0809Wanderer開

外来種のオオカバマダラ
コットンヘッドの一種に


0809Wanderer横


  1. 2008/08/20(水) 00:00:07|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

パース ムラサキ科の花など

ムラサキ科 Boraginacea
Halgania corymbosa
0.35~1m



0814HalganiaCorymbosa.jpg




0805CheirantheraPreissiana.jpg

トベラ科 Pittosporaceae
Cheiranthera preissiana


0805CheirantheraPreissiana全体




ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
Pimelea suaveolens
Scented Banjine

高さ 0.2–1.5 m
花期 6月~10月

0805PimeleaSuaveolens.jpg




0809LechenaultiaBiloba2.jpg

クサトベラ科 Goodeniaceae
Blue Leschenaultia
Lechenaultia biloba

0809LechenaultiaBiloba.jpg

印象的な青い花

0809LechenaultiaBiloba3.jpg









  1. 2008/08/19(火) 00:00:03|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

パース  ボロニアなど

パースの野にもピンクの花々が目につくようになってきました。

ミカン科 Rutaceae
Boronia cymosa
20~60cmの低木


0626BoroniaCymosa.jpg




これも20~60cmの低木で、青い小さな花が可愛いけれど、あまり目立ちません。
ミカン科 Rutaceae
Boronia ramosa

0808BoroniaRamosa.jpg




葉を傷付けると刺激的な香りのする、ペッパーアンドソルト

ミカン科 Rutaceae
英名 Pepper and Salt
学名 Philotheca spicata

0726EriostemonSpicatus.jpg

20~60cmの低木
パース近郊で比較的良く見られます

0726EriostemonSpicatus全体




ヤマモガシ科 Proteaceae
英名 Pincushion Coneflower
学名 Isopogon dubius
30cm~1.5m

0626IsopogonDubius0363_20080815093609.jpg

大振りの花が美しい

0626IsopogonDubius.jpg

小さなゾウムシ

0814ゾウムシ



  1. 2008/08/18(月) 00:00:22|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ノーザンテリトリー(25)

スチュワートハイウェー(豪縦断道路)を南下、多い日で約800キロの移動

0709SHW3.jpg




道路を横切る鳥達が、、、


0709エミュー横断

世界で二番目に大きな飛べない鳥

エミュー!!




0709エミュー


Emu
Dromaius novaehollandiar
0709エミューブッシュ

若い兄弟のエミューのようです。

0709エミューブッシュ2

ぽよぽよの羽

0712エミューアップ

  1. 2008/08/17(日) 00:00:26|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(24)ダリーウォーター

Daly Waters

残念ながら、野生の水牛はみられませんでした。
のんびりした牧場の水牛

0709水牛

かつてクィーンズランドから、ダーウィンへの空路の中継地点として使われた飛行場。
シロアリ塚を壊して滑走路に敷き詰めた。

0709飛行場

ダリーウォータース

0709ダリーウォターヘリコプター

ダリーウォータースの古いパブ。
訪れた人が記念にと、ありとあらゆる物を残していっています。
免許証や紙幣からブラジャーまで、、、この後、どうしたんだろう。

0709ダリーウォターパブ中

パブの裏では、ミナミガラスが残飯あさり

英名 Torresian Crow
学名 Corvus orru

0709TorresianCrow.jpg

ヒヨドリぐらいの大きさのハイイロツチスドリ(固有種)もせっせと残飯を探しています

英名 Apostlebird
学名 Struthidea cinerea
0709Apostlebird2.jpg



  1. 2008/08/16(土) 00:00:16|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(23)ラリマ

Larrimah

スチュワートハイウェーを南下。
周りには1m前後のアリ塚が、雨後のタケノコのようににょきにょきと。

0709アリ塚SHW

ラリマで休憩

0709LarrimahWaysideInn.jpg

オールドファッションなバー

0709LarrimahWaysideInn中

ヘビを手に乗せて遊ばせた。
ヘビの名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。

Godspeedさんがチルドレンパイソン(children's python)であるとご指摘くださいました。ありがとうございます。



0709LarrimahWaysideInnヘビ

ちろちろと舌で匂いを嗅いで、ネズミの匂いがすると、ぱくっと噛み付いてくるんだそうな。

0709LarrimahWaysideInnヘビアップ
  1. 2008/08/15(金) 00:00:21|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ノーザンテリトリー(22)マタランカ

Stuart Hwy

スチュワートハイウェー(豪縦断道路)をひたすら南下

0708キャサリンへ道路

後ろに何両も連結したロードトレインが100km/hで走っていますが、乗用車で対面ですれ違ったら、風圧が凄そう。

0708ロードトレイン

道路が直線になると、ロードトレインを追い抜いていきます。

0708ロードトレイン後

ハイウェーには、車にはねられた動物の死骸が点在し、それらにはカラスやトビ、オナガイヌワシが群がってついばんでいます。
丁度オナガイヌワシが獲物から飛び去っていきました。

英名 Wedge-tailed Eagle
学名 Aquila audax
0709Wedge-tailedEagle.jpg

ガイドのクリスが帽子の飾りにしていた、オナガイヌワシのかぎ爪

0709Wedge-tailedEagle爪




Elsey National Park / Mataranka Thermal Pool

長距離を移動するので、ちょっと休憩。

0709マタランカヤシ

豪では珍しい温泉。
温泉と言っても、日本の温泉とはだいぶ趣きが違います、

0709マタランカ温泉

天然の温水プールで一泳ぎ。
暖かい!

0709マタランカ温泉プール
  1. 2008/08/14(木) 00:00:40|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノーザンテリトリー(21)キャサリン(5)

Katherine Gorge (Nitmiluk)5

0708キャサリン上


キャサリンゴージで見かけた鳥達

モリショウビンがムシを捕まえた!
0708ForestKingfisher.jpg

豪北東部に生息するモリショウビン

ショウビン科
英名 Forest Kingfisher
学名 Todiramphus macleayii

0708ForestKingfisherアップ




夏場はパースでも良く見かける
ハチクイ科
英名 Rainbow Bee-eater
学名 Merops ornatus


0708RainbowBee-eater.jpg

すぐ近くの枝に止まってくれたんだけど、枝が邪魔してます。

0708RainbowBee-eaterUP.jpg




上手く撮れなかったのですがハゴロモインコではないかと思うのですが。
ユーカリの葉に溶け込んでいます。

英名 Red-winged Parrot
学名 Aprosmictus erythropterus

0708Red-wingedParrot.jpg




目の周りが綺麗なブルーのアオツラミツスイが水を飲みにきていました

英名 Blue-faced Honeyeater
学名 Entomyzon cyanotis

0708Blue-facedHoneyeater.jpg


  1. 2008/08/13(水) 00:00:03|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(20)キャサリン(4)

Katherine Gorge (Nitmiluk)4

0708キャサリン4

ニトミルク国立公園を歩いていると、ワラビーが草を食んでいます。

英名 Agile Wallaby
学名 Macropus agilis


0708アジルワラビ正面


お腹のあたりがぷっくり膨らんでいますよ。

0708アジルワラビ腹

ちっちゃな頭が覗いて



0708アジルワラビ親子

やあ、こんにちは!



0708アジルワラビ子顔
  1. 2008/08/12(火) 00:00:59|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノーザンテリトリー(19)キャサリン(3)

Katherine Gorge (Nitmiluk)3

0708キャサリン2

快晴のキャサリンゴージ。大勢の観光客が訪れていました。

0708キャサリンカヌー

カヌーが気持ちよさそう

0708キャサリンカヌー光

アボリジニの壁画

0708キャサリン壁画

ワニ捕獲用の罠
観光客が大勢訪れる川に設置されていて、罠にかかったワニは、観光スポットから遠く離れた場所へ移送されるか、あるいはダーウィンエリアのワニ養殖場で繁殖の為に飼われるんだそうな。

0708ワニ罠

ソルティーが岩の上に居ますが、岩の色に似ていて保護色なんですね。


0708ソルティー

50cm強ぐらいの子ワニ(ソルティー)が木の枝で一休み

0708小ワニ
  1. 2008/08/11(月) 00:00:41|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(18)キャサリン(2)

Katherine Gorge (Nitmiluk)2

0708キャサリン

キャサリンゴージでは、遊覧船に乗って見学、あるいは、カヌーを漕いで自由に行動できます。

0708レッドコウモリ

船着き場のすぐそばには、正義の味方、バッ、、、、

0708レッドコウモリ2

じゃなくて、リトルレッドフライングフォックスがぶら下がっています。

英名 Little Red Flying-fox
学名 Pteropus scapulatus

0708レッドコウモリ3

ギャーキャー鳴き声がうるさい!

0708レッドコウモリ4

かわいい顔しているんだけど


0708レッドコウモリ5

コウモリの下で写真を撮っていると、まあ臭い臭い。
たまらず、早々に引き上げました。

0708レッドコウモリ6
  1. 2008/08/10(日) 00:00:45|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ノーザンテリトリー(17)キャサリン(1)

Katherine Gorge (Nitmiluk)

0708キャサリン看板

トップエンド、ダーウィンを離れてスチュワートハイウェー(豪大陸を縦断した探検家スチュワートにちなんで名付けられたダーウィンとアデレードを結ぶ豪大陸縦断道路)を、三日かけてアリススプリングスまで南下していきます。

途中の車窓からはムギワラトキのダンスがみられました。

英名 Straw-necked Ibis
学名 Threskiornis spinicollis

0708Black-neckedStork.jpg

途中休憩で見かけたアオバネワライカワセミ。
丁度朝ご飯の昆虫を捕まえたようです。

英名 Blue-winged Kookaburra
学名 Dacelo leachii

0708Blue-wingedKookaburra.jpg

アカオクロオウムの群れがスチュワートハイウェーを横切っていきます。
Red-tailed Black-Cockatoo
Calyptorhynchus

0708Red-tailedBlack-cockatoo群

退職後と思われる人達のキャンピングカーを良く見かけました。
制限速度130キロ!
うちの車じゃそんなに出ないですよ。
ツアーの車は100~110km/h で走っていました。安全運転。


0708スチュワートHW

スチュワートハイウェーと平行するように走っているガン鉄道(大陸縦断鉄道)の線路。


0708ガン線路
  1. 2008/08/09(土) 00:00:37|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノーザンテリトリー(16) カカドゥ(5)

Jim Jim Falls

0707JimJimFalls途中

カカドゥ国立公園内のジムジムフォールズへ

0707ジムジム

滝のすぐ真下まで滝壺を100m程泳いでいけます。
水が凄く冷たい。


0707ジムジム泳ぎ

未舗装路を四駆でがんがん飛ばして行きます。

0707悪路


途中で見つけたグリーンツリーアント

0706GTA.jpg

幼虫が出す糸を使って、葉と葉を紡いで巣を作ります。

0706GTA2.jpg




  1. 2008/08/08(金) 00:00:15|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノーザンテリトリー(15) カカドゥ(4)

Twin Falls Gorge

カカドゥ国立公園にあるツインフォールズへ
雨期には洪水で近付けない、乾期だけ見に行ける観光地です。


0707TwinFallsGorge森中

未舗装道を小舟のように揺れながら四駆で進み、
途中、川も四駆で渡っていきます。
渡る前に、記念撮影。
ここでも、ワニ注意

0707TwinFallsGorge途中の川2

美しい川にはバラマンディーなどの魚影がみられましたが、ワニは見えず。

0707TwinFallsGorge川

川沿いの道を歩き

0707TwinFallsGorge道

やっと滝が見えてきました

0707TwinFallsGorge滝

0707TwinFallsGorgeD.jpg

滝の側でDrosera burmanni

0707TwinFallsGorgeD2.jpg

可憐な紫の花は、なんだろう。

0707TwinFallsGorge紫花

0707TwinFallsGorge滝



滝壷の近くにいたクモ

0707TwinFallsGorge蜘蛛

ランチはみんなで準備して、平焼きパンで包んで食べました。
歩いた後のランチはうまい。

0707TwinFallsGorgeランチ
  1. 2008/08/07(木) 00:00:16|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(14) カカドゥ(3)

バラマンディゴージ(Barramundi Gorge)

付近で見かけたムシ達

カマキリ
0706BGカマキリUp


トンボ
0706BGトンボ

アップで

0706BGトンボ2顔

トンボ

0706BGトンボ2B

バッタ

0706BGバッタ2

アブ

0706BGアブ2

ここのはワニは居ないので、のんびり一泳ぎ。

0706BarramundiGorge泳

  1. 2008/08/06(水) 00:00:50|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(13) カカドゥ(2)

バラマンディゴージ(Barramundi Gorge)
ペーパーバークの森の中を抜けて


0706ペーパーバーク森

ずんずん登って行きます

0706BarramundiGorge.jpg

この辺りの水辺にはワニがいるので注意

0706ワニ注意

ワニに注意

0706塩淡ワニ注意

上流の滝壺では、ワニが居ないので泳いで遊べます。

0706BarramundiGorge泳

カカドゥのあちこちに黄色い花を咲かせているケイポック

英名 Kapok Bush
学名 Cochlospermum fraseri

ケイポックの花はそのままでも食べられ、根、若い木は料理して食べるそうな。
ケイポックの花の咲く頃は、ワニの産卵シーズンで、綿状の実が成るころにはワニの卵が孵る季節を告げる花なのだそうだ。

0706BGKapok2.jpg

ケイポックの花を食べるバッタ

0706Kapokバッタ

  1. 2008/08/05(火) 00:00:50|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノーザンテリトリー(12)カカドゥ(1)  

0706カカドゥー看板

ノーザンテリトリー編再開です。
ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されているカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)の入り口で記念撮影。
今回の旅行で一番行きたかった場所です。

0706カカドゥー枯草原

オーストラリアで一番広い国立公園で、延々と続く氾濫原。
今は乾期で干上がっていますが、雨期には洪水で水面下になります。

0706カカドゥー草原

ウビルーでは、40万年以上前から人が住んでいたらしく、洞窟壁画が残っています。

0706Ubirr岩場

魚のどの部分が食べて美味しいなどが描かれています。

0706壁画魚

狩りをする人

0706壁画狩

ヘビクビガメ

0706壁画首長亀

ナーダム氾濫原

0706NardabFloodplain.jpg

岩場にはロックワラビー(岩場で生活することからその名が付いたカンガルーの仲間)が遊んで

Short-earedRock-wallaby

0706Short-earedRock-wallaby.jpg





オレンジ色の花が青空に映えるファーンリーヴドグレヴィリア
アボリジニは、花の蜜を直接花からすすったり、花を水にひたして置いて、甘くなった水を飲んだりします。ちょっとクセのある蜂蜜のような味です。

英名 Fern-leaved Grevillea
学名 Grevillea pteridifolia

0706GrevilleaPteridifolia.jpg




幹から葉が螺旋状に生えているスパイラルパーム

学名 Pandanus spiralis

0706PandanusSporalis.jpg

アボリジニは、スパイラルパームの実を生やローストして食べ、
葉は編み込んでマットやかご、ロープなどを作り、幹は筏作りに利用されます。


0706PandanusSporalis実大




岩場にいたアブの一種

0706Ubirrアブ

  1. 2008/08/04(月) 00:00:58|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

フェアリーオーキッド

ブルーフェアリーオーキッド

名前の通りに妖精のように可憐で美しい小型のラン

0726BlueFairyOアップ


学名 Pheladenia deformis (Cyanicula deformis)
英名 Bluebeard Caladenia / Blue Fairies

花期 5月~9月
花数 1
花 高さ 2~3cm、 幅 2~3cm
葉 長さ 3~10cm、 幅 5mm
高さ 5~15cm

0726BlueFairyO.jpg




リトルピンクフェアリーオーキッド

低木の陰でひっそりと咲いていたリトルピンクフェアリーオーキッド
群生していると見事。
明るい色のランを見つけると得した気分


0726LittlePinkFairyOアップ

英名 Little Pink Fairy / Dwarf Pink Fairy
学名 Caladenia reptans

花期 7月~9月
花数 1~3
花 長さ 1~2cm、 幅 1~2cm
葉 長さ 4~8cm、 幅 8mm
高さ 5~15cm

0726LittlePinkFairyO.jpg




ベーコンアンドエッグス

マメ科植物も色々咲き出しています


0726ベーコン&エッグ2

マメ科 ベーコン アンド エッグッス 
英名 Bacon and Eggs
学名 Oxylobium capitatum

0726ベーコン&エッグ




グラニーボンネット


おばあちゃんの帽子と可愛らしい名前がついていますが、毒があります

0726グラニーズボンネット全体



マメ科   多年草
英名 Granny Bonnets
学名 Isotropis cuneifolia

0726グラニーズボンネット
  1. 2008/08/03(日) 00:00:31|
  2. Orchid(ラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ディウリス

ウィンタードンキーオーキッド

英名 Winter Donkey
学名 Diuris brumalis

0702WinterDonkeyO.jpg

冬の時期の楽しみは、ランの花。
自宅から徒歩5分の公園では、ウィンタードンキーオーキッドの群生が素晴らしく、今年も無事に咲いてくれました。

花期 6月~8月
花数 3~15
花 高さ 2~4cm、 幅 2~3cm
葉 長さ 15~20cm、 幅 8~10mm
高さ 20~50cm

0702WinterDonkeyO群生

道路端で雑草に埋もれながら

0702WinterDonkeyO裏




ビーオーキッド

これは別の場所で昨年見つけたビーオーキッド
今年も咲き始めました

英名 Bee Orchid
学名 Diuris laxiflora

0726BeeO.jpg

花期 8月~10月
花数 1~5
花 高さ 1~2cm、幅 1~2cm
葉 長さ 5~15cm、 幅 3mm前後
高さ 10~30cm

0726BeeOアップ



0726BeeO横




スレンダードンキーオーキッド

英名 Slender Donkey Orchid
学名 Diuris corymbosa

0726SlenderDonkeyO.jpg

花期 8月~9月
花数 2~10以上
花 高さ2~3cm、 幅 1~2cm
葉 長さ 10~12cm、 幅 3~5mm
高さ 35~40cm


0726SlenderDonkeyOアップ
  1. 2008/08/02(土) 00:00:22|
  2. Orchid(ラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page