オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

クィーンズランド旅行(13)* 夜の有袋類 / Queensland(13) Marsupials

2506SugarGlider大

熱帯雨林には夜活動する多くの生き物が居て、当然ながら昼間は姿を見られないので夜のアサートン高原へ出かけて行きました。

まずはフクロモモンガ。夜の比較的早い時間に食事に出て来るそうだが、なかなか姿を見せてくれない。待つ事しばし。一匹が出て来て木に塗ってある蜂蜜を舐め始める。他にも出て来て合計三匹。前脚から後脚にかけて張られた飛膜を広げての滑空していたようだけど、暗くてよく見えませんでした。しかもすばしっこい。



英名 Sugar Glider
学名 Petaurus breviceps

2506SugarGlider二匹

左下と右上の二匹が追いかけっこ?
木の幹に縫ってある蜂蜜を舐めています。

2506SugarGlider.jpg

フクロモモンガが居る下の薮にはハナナガバンディクート
パースには違う種類のバンディクートが生息していますが、こちらも可愛い。

英名 Long-nosed Bandicoot
学名 Perameles nasuta

2506LongNosedBandicoot_20090730182321.jpg

カエルも

2506カエル



ケアンズは生き物が多く夜も楽しめる
コモンブラッシュテイルポッサム
英名 Common Brushtail Possum
学名 Trichosurus vulpecula

2506TreeKangaroo.jpg




数百万年前の化石で発見されるほどキノボリカンガルーは古い生き物で、かつてはニューサウスウェールズ州やビクトリア州など広い範囲に生息していたと見られますが、今ではクィーンズランド州の熱帯雨林の一部でしか見られなくなりました。
キノボリカンガルーの見事な尻尾は切れてしまったし、ブレブレで、、、
雰囲気だけですが、、、、シャッターチャンスを生かせない、、、、トホホ
グリーンリングテイルポッサムも姿を見せてくれたけれど撮影かなわず、、、トホホ、、、
カオグロキノボリカンガルー
英名 Lumholtz's Tree-kangaroo
学名 Dendrolagus lumholtzi

2506TreeKangaroo全身




最後に草原で狩りをするメンフクロウを見て帰途につく

英名 Masked Owl
学名 Tyto capensis

2506メンフクロウ

スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 00:00:25|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クィーンズランド旅行(12)* カソワリハウスにて / Queensland(12) Cassowary House

2506banana.jpg

キュランダ近くの鳥宿「カソワリハウス」に泊まる。朝は、庭で採れたグレープフルーツジュースにたっぷりのトロピカルフルーツの盛り合わせなど、果物で満腹になってしまう。

2606カソワリハウス朝食果物




熱帯雨林の中にある広い庭にはトリ達がやってくる

2506AustralianBrushTurkey.jpg

公園などの薮で割とこの鳥が地面で餌をあさっているのに出くわす。
ヤブツカツクリ
英名 Australian Brush-turkey
学名 Alectura lathami

2506AustralianBrushTurkey横




茶色いコゲチャミツスイ
英名 Dusky Myzomela
学名 Myzomela obscura

2506DuskyHoneteater.jpg




大型のミツスイですが、クチバシから禿げて黒い目のまわりが珍妙で特徴的。

和名 トサカハゲミツスイ
英名 Helmeted Friarbird
学名 Philemon buceroides

2506HelmetedFriarbird.jpg

額のこぶは何かのためにあるのだろうか

2506HelmetedFriarbird左




鳴き声が猫のように聞こえるミミグロネコドリ

2606ミミグロネコドリ

ミミグロネコドリ
英名 Spotted Catbird
学名 Ailuroedus melanotis

録画してみたけれど、猫の鳴き声のように聞こえる時もあるけれどこの声は
Here I are 、、、、のようにも聞こえる?

ネコドリ

[広告] VPS
  1. 2009/07/30(木) 00:00:07|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クィーンズランド旅行(11)* キュランダ / Queensland(11) Kuranda

2506キュランダカマキリ案内

6月25日に宿から車で5分ほどのキュランダまで送ってもらって、キュランダ観光。後日、観光列車にのってまたキュランダへやってくるので、この日はざっと見るだけにした。

2506キュランダアイスクリーム屋

キュランダ名物のアイスクリーム屋。名物おじさんはいなくて女の子が販売していた。

ラムレーズン、マカデミア、ともうひとつは、なんだったかな。

2506キュランダアイスクリーム

アボリジニアートのお店

2506アボリジニアート店

カンガルーの毛皮を売っています。

2506カンガルー皮土産や

お昼は、これも名物のジャーマンタッカーで

2506ジャーマンタッカー

クロコダイルのソーセージを頼もうとしたけどなかったので、ザワークラフトをたっぷり盛ったビーフソーセージのホットドッグを食べる。豪でイギリス風のソーセージ(ドイツソーセージのようなプリッ、パリッとした歯ごたえがない)に慣れていたので、たまのドイツ風ソーセージは美味しい。パンが堅いけど。

2506ホットドッグ

キュランダの中央あたり。
この日は人が少なくて、通りはガラガラ。

2506キュランダ中央

キュランダにあるチョウを繁殖させ、園内を自由に飛び回らせている「バタフライサンクチュアリー」へ

2506帽子蝶

飼育されたチョウはのんびりと人なつっこい

カメラに止まったチョウを撮ろうとしたら逃げられた

2506蝶館カメラ

館内は温室になっていて蒸し暑い。

2506VariedEggflyなど




Orange Lacewing

2506OrangeLacewing.jpg





2506ケアンズトリバネアゲハ

ケアンズトリバネアゲハ

2506ケアンズトリバネアゲハ表



オオルリアゲハ
2506オオルリアゲハ三匹乱舞




オオルリアゲハ幼虫

2506ユリシス幼虫




ヘラクレス蛾の幼虫。成虫は見られなかった。

2506ヘラクレス蛾幼虫
  1. 2009/07/29(水) 00:00:47|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

クィーンズランド旅行(10)*カモノハシ / Queensland(10) Platypus

2406カモノハシ池

オーストラリアの西部の町パースには生息しない世界で一番奇妙な生き物であるカモノハシを見に行った。オーストラリアの東部、6地域に暮らすカモノハシの中でケアンズのカモノハシは一番小さいのだそうだ。

2406カモノハシ睡蓮

ほ乳類であるから、潜水しても息継ぎの為に水面に出て来るので、水面を泳いでいる間を狙って撮るのだけれども、顔を出したので写真を撮ろうともたもたしているとすぐに潜ってしまうし、遠かったりで、ほとんどイギリスはネス湖の恐竜のような写真ばかりとなった。

2406カモノハシ横

なんとかカモノハシに見えるかな

2406カモノハシ正面

周囲にはヒメミツユビカワセミや

2406ヒメミツユビカワセミ

ルリミツユビカワセミが居て、ちょっとよそ見をしていると、カモノハシがでて来る。写真撮影に集中しないとなあ。

2406ルリミツユビカワセミ

2時間?ぐらいねばってこんなもんでした。

2406カモノハシ優

クイッと体を丸めるように

2406カモノハシ潜る

潜水

2406カモノハシ潜水

アメンボも居たな

2406アメンボ




帰りにはアサートン高原で有名で観光名所でもあるマビの森のカーテンフィグの樹 Curtain Fig Tree (カーテンフィグツリー)をみる。

イチジクの種子が、その実を食べた鳥などに運ばれて、熱帯雨林の木の梢などに落とされると、木の上で発芽し根は地面に降りてそこから養分をとりつつ、宿主の木にからみつきついには宿主の木を枯死させてしまうのだが、このフィグの木の宿主は倒れたさいに他の木に引っかかり、フィグの根が斜めのカーテン状に発達して宿主を覆い尽くしてしまいには腐らせて、このようにカーテン状のフィグの樹が残った、そうだ。
カーテンフィグツリーは、コウモリ、ポッサム、ヤモリやカエルなど様々な生き物に食べ物や住処を供給していて、中でも約3mmのイチジクコバチのメスは雌花の匂いにひかれて雌花に潜り込んで産卵し、その過程で受粉を助ける。卵がかえると幼虫は中で生長しイチジクの実が成熟するのを妨げる物質を出して、中に入った幼虫ごと実を食べられるのを防ぐとか。翅の有るメスと違い、翅のないオスは一生をイチジクの実の中で過ごして外に出る事はない。イチジク類は、その種ごとに、花粉媒介させるイチジクコバチの種が決まっていて、イチジクコバチとイチジクの花が咲いて実がなるサイクルが3ヶ月ごとにおこなわれるだそうですよ。

アサートン高原では現在昔の手付かずの姿を保つ熱帯雨林は2%で絶滅の危機にさらされています。

2406カーテンフィグ2

キノボリカンガルーに注意の看板は、良く盗まれるのだそうだ。

2406キノボリカンガルー看板
  1. 2009/07/28(火) 00:00:27|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

7月下旬 Perthの花

2507NativeWisteria.jpg

クィーンズランド旅行から帰ってからパースは連日雨でしたが、ようやく晴れてきたのでワイルドフラワーを見て来ました。

2507NativeWisteria水滴

小型のフジの花のようなマメ科のツル植物 ネイティブ ウィステリア
7月から10月ごろまで咲いて、筒状の実をつけます。まれにシロやピンクの花もみられる。

英名 Native Wisteria
学名 Hardenbergia comptoniana

2507NativeWisteria全体

セイヨウミツバチが集まっています

2507NativeWisteria蜜蜂




2507PearlFlower.jpg

長さ1cm程の花をびっしりつけたパールフラワー
0.15~1.5mの低木
ツツジ科 (Ericaceae)
英名 Pearl Flower
学名 Conostephium pendulum

2507PearlFlower全体




2507CommonHovea.jpg

コモンホヴィアも紫色の花をつけ始めています。

マメ科
英名 Common Hovea
学名 Hovea trisperma

2507CommonHovea拡大

コモンホヴィアに似ているけど葉がトゲ状のデビルズピンズもそろそろ咲き始めているころかしら。自生地に見に行ってみよう。

2507CommonHovea群生




地味系の地生ラン バンディドグリーンフッドもあちこちで咲いています
ラン科
英名 Banded Greenhood
学名 Pterostylis vittata
2507BandedGreenhood.jpg



英名 Dark Banded Greenhood
学名 Pterostylis sanguinea
2507DarkBandedGreenhood.jpg



薄いクリーム色のポンポン型の花が可愛らしいグラスワトル

ネムノキ科 Mimosaceae
Acacia アカシア(アカキア)属
英名 Grass Wattle
学名 Acacia willdenowiana

2507GrassWattle.jpg



雨のシーズンなのでキノコも見られますが、食べられるのだろうか。
美味しそうにみえるけどな。
2407キノコ



2507HakeaProstrata.jpg

ハケアの花の形って面白い。高さは1~3m程

ヤマモガシ科 Proteaceae
英名 Harsh Hakea
学名 Hakea prostrata

2507HakeaProstrata全体

葉にはトゲがある

2507HakeaProstrata葉



地面に這いつくばるように生えていて地味なグレイスカエヴォラ

クサトベラ科 Goodeniaceae
英名 Grey Scaevola
学名 Scaevola canescens

2507GreyScaevola.jpg




2507YellowButtercups.jpg

花期が長いイエローバターカップスの花もぼちぼち咲き始めてきました

ビワモドキ科(Dilleniaceae)
英名 Yellow Buttercups
学名 Hibbertia hypericoides

2507YellowButtercups全体
  1. 2009/07/27(月) 00:01:08|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クィーンズランド旅行(9)*アサートン高原 / Queensland (9) Atherton Tablelands

バリン湖を後にして、アサートン高原を走る
2406アサートン高原道路

ジャガイモや落花生などの畑が続く農業地帯。

2406アサートン高原畑



途中で、ヒガシキバラヒタキを見たり

英名 Yellow Robin
学名 Eopsaltria australis

2406ヒガシキバラヒタキ2406ヒガシキバラヒタキ2406ヒガシキバラヒタキ2406ヒガシキバラヒタキ



テリオウチョウをみたり

英名 Spangled Drongo
学名 Dicrurus bracteatus

2406テリオウチョウ



前翅がほぼ透明でガラスのようなクロホシホソチョウ 
タテハチョウ科
英名 Glasswing
学名 Acraea andromacha

2406Glasswing.jpg



アサートンの町を抜けて

2406アサートン町

アサートン高原にあるギャラリー&レストランでお昼

2406アサートン高原レストラン

ランチは、レモンとパセリのリゾット
米料理が食べたくてとったんですけど、、、、
カマンベールチーズをのせた豪華猫ご飯、、、みたいだ。レモンが利いて酸味のある味。コメ料理はサラダである、と思えば良いのであろう。リゾットだけど。

2406レモンとパセリのリゾット

チキンのクリーム煮パイ皮のせ焼、パンとサラダ付き
期待した味だったそうだ。こっちのほうが美味しそう。

2406チキンクリーム煮パイ



へイスティ湿地国立公園(Hasties Swamp NP)で水鳥などを見る

2406へイスティ湿地

びっしりとオオリュウキュウガモが休んでいる
英名 Wandering Whistling-Duck
学名 Dendrocygna arcuata

2406オオリュウキュウガモ

こちらでは何やら騒いでいる

2406オオリュウキュウガモ騒

あんた達!静かにしなさい!  と言ったかどうか、、、

2406オオリュウキュウガモ一羽

  1. 2009/07/26(日) 00:00:17|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クィーンズランド旅行(8)*バリン湖 / Queensland(8) Lake Barrine

6月24日。
ケアンズを南へ向かう途中に絵に描いたような三角のピラミッド山が見えてくる。毎年、ここでレースが開催されるとか。

2406ピラミッドマウンテン

アサートン高原のバリン湖
海抜730mにあるバリン湖(Lake Barrine)は、17000年前ごろに火山がたびたび噴火した後のクレーターに水がたまって出来た淡水カルデラ湖で、水深65m、直径約1キロ、一周約4.5キロ

2406バリン湖

4.5キロを一周しながらイキモノ探し。鳥が賑やかに囀っているのですが、うっそうとした木々に隠れて姿は滅多に見えない。見えても写真に撮れない。
辛うじて、キバラモズヒタキ か
英名 Golden Whistler
学名 Pachycephala pectoralis

2406GoldenWhistler.jpg

地味だけれど可愛いらしい小鳥はキアシヒタキかな
英名 Pale-yellow Robin
学名 Tregellasia capito

2406木幹小鳥




日光浴中?、怪しげな光沢の美しいアメジストパイソン。野生のパイソンを間近で見られて感激。大きいよお。 このあたりには毒蛇のレッドベリードブラックスネークも生息しているそうだけど、出会ったのがパイソンで良かった。猛毒蛇とはあまり至近距離で出会いたくないなあ。でも写真は撮りたい。
アメジストニシキヘビ
英名 Amethystine Python /Scrub python
学名 Morelia amethystina

2406アメジストニシキヘビ




スティンギングプランツはオーストラリアの熱帯雨林地帯で6種類自生。大きなハート型の葉や茎一面にトゲの様な細かい毛が生えていて、しかも毛には毒があり、うっかり触ると酷い痛みがあるそうで、要注意の植物です。
イラクサ科 Urticaceae
英名 Stinging Plant
学名 Dendrocnide spp.

2406StingingPlant.jpg

こちらはスティンギングツリーの実
毒の毛に触らないようにして採れば、食べられる、そうだ。

2406StingingPlant実




幹からいきなり花が咲いている、イチジクの一種

2406幹花




双子のカウリ松
120年前ごろからテーブルランドではヨーロッパからやてきた人達によって伐採がはじまり。大木特にAustralian Red Cedar(Toona australis)は 木目が美しく、建築材、家具材などとして利用されて高値で取引された材木で、他にカウリ松も1910年以降伐採が進んでいって、樹齢千年以上の大木が切り出されていったそうな。テーブルランドの樹木は伐採され広大な農地が出現しクィーンズランドの重要な産業となっていきます。

ナンヨウスギ科 Araucariaceae
カウリパイン
Agathis microstachya

2406カウリ松

木の周囲には葉が沢山落ちている

2406カウリ松葉




ハムシ二種

2406ハムシ2

色使いが正反対ですね。

2406バリン湖ハムシ

オオルリアゲハ、居るんですがね。滅多に止まってくれないし、止まると翅を閉じてしまって美しい瑠璃色がみられないし、、、

2406ユリシス



サガリバナ科 サガリバナ属の常緑高木  Barringtonia spp の花に
シロチョウの仲間が居ました。

英名 Yellow-banded Jezebel
学名 Delias ennia

2406YellowbandedJezebel.jpg

表は白地に黒い縁取り

2406YellowbandedJezebel表




バリン湖ティーハウスレストラン

2406バリン湖ティーレストラン

私はコーヒー党で紅茶は飲みませんが、家族へお土産に紅茶を入手。ケアンズではコーヒーや紅茶も生産している。
飲んでいないので味はわかりません。美味しいらしい。

2406ユリスシス茶


  1. 2009/07/25(土) 00:00:57|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

クィーンズランド旅行(7)*巨大ハンバーガー / Queensland (7) Hamburgers

2306ハンバーガー屋全体

遅い昼食あるいは早めの夕食に、スイス人の夫とメキシコ人の妻の夫婦が経営する店で、名物の巨大ハンバーガーを食す。ちょっぴり辛みのきいたメキシカンハンバーガーは、ハンバーグにレタス、ニンジン、ビートルート、トマト、タマネギが挟んである。2ドル追加でベーコンやら具が増えるがさすがにそれはパス。
食べ方は、串を抜いて全体を潰してから、やおら大口をあけてバクリ。
こんなに大きいとヘビのようにアゴの骨を外しでもしないと食べにくいったらありゃしない。

2306巨大ハンバーガー

店番をするご主人。奥様は奥で調理担当。

2306ハンバーガー屋

店と道路を挟んで反対側にテルストラ (Telstra Corporationオーストラリア最大の公共・民間所有の通信会社)の公衆電話。
オーストラリア でも公衆電話よりも携帯電話を使う人が多く、 プロバイダはテルストラ(Telestra) 、オプタス(Optus) 、ボーダフォン(Vodaphone) 、スリー(Three) などなど競合している今日このごろ。 私はボーダフォンの携帯にしていたのですが、アウトバックはもちろん大都市以外は使えないのです。テルストラはほぼ全豪をカバーしているらしい。
長距離旅行に携帯を持参する場合には、テルストラと契約したほうが使えます。都市部なら他の電話会社でも良いんですけどねえ。

2306Telstra.jpg

食事の後も散策は続き、見つけたのは白蟻塚に生えている20cm程のキノコ

2306アリ塚キノコ



スピアーグラスの実(だったかな)は、ヌスビトハギのように洋服などにくっついてくる。やっかいな事に汗などをかいて水分を含んでくるとクルクルとまるまってからみついてきちゃう。知らないで洗濯してしまうと、後が大変だそうだ。

2306水曲がり草



薮ではシマコキンの群れが賑やかにさえずっているけど、ちと遠い。

シマコキン
英名 Chestnut-breasted Mannikin
学名 Lonchura castaneothorax

2306ChestnutBreastedMannikin群れ


オスは全体は黒っぽく背中が鮮やかに赤いセアカオーストラリアムシクイのメスかな

英名 Red-backed Fairywren
学名 Malurus melanocephalus
2306FairyWren.jpg



パース近郊でも見られるアカオクロオウム

アカオクロオウム
英名 Red-tailed Black-Cockatoo
学名 Calyptorhynchus banksii


2306RedTailedBlackCockatoo.jpg




夕暮れ間近のケアンズの町ちかく

2306夕暮れケアンズ
  1. 2009/07/24(金) 00:00:55|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クィーンズランド旅行(6)*レッドミルハウスなど / Queensland(6) Red Mill House etc.

時間が前後しますが、ディンツリーの鳥宿レッドミルハウス Red Mill House に寄って庭で蝶などを撮らせてもらいました。蝶や鳥が多く、お部屋も素敵でディンツリーへ訪れる愛鳥家の方々はこちらへ泊まるそうです。オーナーも奥様も感じが良く次回(本当か?)は泊まってみたいけどね。

2306RedMillHouse.jpg

庭には数種類の蝶が居る。
パイドフラットは、セセリ蝶の仲間なのにあのセセリ蝶独特の翅の形をしていない、なるほどフラットだね
英名 Pied Flat
学名 Tagiades japetus

2306PiedFlat.jpg



こちらはシロチョウの仲間なのに派手。さすが熱帯雨林。いいなあ。
シロチョウ亜科(Pierinae)
ベニオビカザリシロチョウ
英名 Red-Banded Jezebel
学名 Delias mysis

2306RedBandedJezebel2.jpg



こちらもシロチョウの仲間なのにもっと派手な。いいなあ。
シロチョウ亜科(Pierinae)
英名 Black Jezebel
学名 Delias nigrina

2306BlackJezebel.jpg




タテハチョウ科
英名 White-Banded Plane
学名 Phaedyma shepherdi

2306WhiteBandedPlane.jpg



フヨウチョウのメスは腰のあたりが赤くちょっと地味

フヨウチョウ
英名 Red-browed Finch
学名 Neochmia temporalis

2306RedBrowedFinch♀

こちらはオスで赤が目立ちますね

2306RedBrowedFinch♂




こちらも鳥宿で有名なキングフィッシャーパークKingfisher Park Birdwatchers Lodge。広い敷地を持つ個人の鳥宿なんだけど、キングフィッシャーパークと普通呼んでいるので国立公園かなと勘違いしていました。

2306KingfisherPark.jpg

イキモノを見つける名人&生きた生物図鑑のchiemomoさんが、クツワアメガエルをたちまちトイレ!で見つけてきました。雨期にはたくさん居るそうですが、今日は一匹だけ。

2306WhiteLippedTreeFrogトイレ

体長10~14cmと大きくずっしり。
目と前足のなんともかわいい事♪

2306WhiteLippedTreeFrog.jpg

途中の峠で、メスアカモンキアゲハとオオルリアゲハを見つけたけど、上手く撮れない

2306丘からの眺め

学名 Orchard Swallowtail
英名 Papilio aegeus

2306OrchardSwallowtail.jpg


英名 Ulysses Swallowtail
学名 Papilio ulysses

2306UlyssesSwallowtail.jpg

  1. 2009/07/23(木) 00:00:37|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

クィーンズランド旅行(5)*ケープトリビュレーション /  Queensland(5) Cape Tribulation

早朝バードウォッチングの後は、ケープトリビュレーション(1770年にキャプテンクックの船がここの珊瑚礁で座礁したことからTribulation(苦難)と名つけられ、恐竜が食べていた植物がそのままのかたちで残された世界最古の熱帯雨林と珊瑚礁の二つを楽しめる場所)へドライブ。 熱帯雨林を抜けて行く道は高い木々に囲まれていて車が小さく見えます。

2306ケープトリビュレーション道路疾走

ヒクイドリの道路標識
ヒクイドリに注意って事なんだけどユニーク

2306道路標識ヒクイドリ

ケープトリビュレーションへはディンツリー川をケーブルフェリーで渡る

2306ディンツリーフェリー2

ケーブルフェリーが川の南北を行ったり来たりして車を運ぶ。

2306フェリー船着き場


2306ディンツリーフェリー

ケーブルでフェリーを動かす

2306ケーブル




マングローブ

2306マングローブ

ドライシーズンでカニぐらいしか居ませんでした

2306マングローブカニ

世界中の昆虫の標本を集めて展示しているところへ寄って
巨大ナナフシを見せてもらう。昨年はキャンベラで見たけれど、今回は本場クィーンズランドにて。
オーストラリアはムシもでかいなあ

英名 Spiny leaf insect
学名  Extatosoma tiaratum

2306SpinyLeafInsect手

庭にはプラスチックで出来た玩具のようなペパーミントの香りがするペパーミントスティックインセクトがパンダナスの一種にいます。かなり葉を食べていますね。

英名 Peppermint Stick Insect
学名 megacrania batesii

2306PeppermintStickInsect交尾

幼虫は体色が薄い

2306PeppermintStickInsect幼虫




帰りには所有する果樹園でとれた果物でアイスクリームを作っているアイスクリーム屋さんで休憩。スターフルーツが実ってぶら下がっています。

2306スターフルーツ木

今日のメニューはココナッツ、マンゴー、ワトルシード、ブラック‐サポテ (ミカン科の果実)の4種類が1つのカップに盛られている

2306アイスクリーム看板

味はさっぱりします。ワトルシードは黒いつぶつぶが入っていて味は、、、、微妙な違いがわからないけれど、美味しいです。

2306アイスクリーム


画像の大きな実はSoursop サワーサップ
青い柿のようなのがブラック‐サポテ
黒っぽいのはワトルの鞘で実を食べる


2306アイスクリーム原料




ディンツリーの小さな町

2306ディンツリー町

  1. 2009/07/22(水) 00:00:52|
  2. クィーンズランド*ケアンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

クィーンズランド旅行(4)*デインツリー / Queensland(4) Daintree

6月23日、デインツリー川でのバードウォッチングリバーツアーに参加するためにケアンズを早朝に出発。日の出前の暗い道を北へ向かって約2時間、辺りがあかるくなるころデインツリー川へ到着

2306ディンツリー川船

熱帯雨林地帯でも冬の早朝は肌寒い。
霧のかかる川辺をゆっくりと探鳥。

2306ディンツリー川景色

実に爽やかな川の景色に見ほれてしまう




2306BrahminyKite.jpg

和名 シロガシラトビ
英名 Brahminy Kite
学名 Haliastur indus




2306GreenTreeSnake.jpg

グリーンツリースネイクを木の上で見かける。全部で4匹も居た。

英名 Common tree snake, Green tree snake
学名 Dendrelaphis punctulata

全長 2m



2306RufousNightHeron.jpg

和名 ハシブトゴイ
英名 Rufous Night-Heron
学名 Nycticorax caledonicus



2306TawnyFrogmouth.jpg

仲良くうつらうつら、、、右がオス、左がメス

和名 パプアガマグチヨタカ
英名 Papuan Frogmouth
学名 Podargus papuensis



2306ForestKingfisher.jpg

和名 モリショウビン
英名 Forest Kingfisher
学名 Todiramphus macleayii



2306AzureKingfisher.jpg

和名 ルリミツユビカワセミ
英名 Azure Kingfisher
学名  Alcedo azurea



2306SacredKingfisher.jpg

パースでもみかけるヒジリショウビン

和名 ヒジリショウビン
英名 Sacred Kingfisher
学名 Todiramphus sanctus



2306WelcomSwallow_20090720095751.jpg

和名 オーストラリアツバメ
英名 Welcome Swallow
学名 Hirundo neoxena

  1. 2009/07/21(火) 00:00:34|
  2. クィーンズランド*ケアンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

クィーンズランド旅行(3)*ケアンズ編(3)/ Queensland(3) Cairns(3)

ケアンズ周辺部と言うか、クィーンズランド北部から中部にかけて海岸沿いの平野ではサトウキビの栽培が盛んでサトウキビの畑が延々と続く。牛肉についで第二位の生産高のサトウキビ産業だ。

2206サトウキビ畑道




2206GreenPygmyGoose.jpg


Cさんに珍しい鳥のいる場所を案内していただく。
腹部の羽が幾何学模様っぽいアオマメガン。豪北部に生息しパースでは見かけない
英名 Green Pygmy-goose
学名 Nettapus pulchellus




2206コセイガイインコ

ゴシキセイガイインコよりも一回り小さくパースには生息していないコセイガイインコ
ゴシキセイガイインコの群れに混じっていることが多いんだそうだ
英名 Scaly-breasted Lorikeet
学名 Trichoglossus chlorolepidotus




2206カマキリ

カマキリの幼虫か、パースでは見かけない顔




2206マエアカコジャノメ

マエアカコジャノメ  クィーンズランド海岸部に生息
ケアンズ周辺は蝶の種類が多くて羨ましい

英名 Orenge Bush-brown
学名 Mycalesis terminus




ハムシでしょうか。青が美しい。

2206青ハムシ




午後はケアンズ市内を散策
ケアンズの観光写真に必ず出て来るエスプラネード沿いにある海水プール

2206プール

実際のケアンズの海辺は泥の海。
これでは観光客ががっかりしてしまうので、見栄えの良い?海水プールが作られたんだとか。
左側にプール

2206泥海

ケアンズの町中に黒い甲虫が居る!ヒメカブト!
日本でカブトムシを見たのは子供のころだから、カブトムシはン十年ぶり。
大きな甲虫は存在感があっていいなあ。
しばらくいじくり回して遊んでしまった。

英名 Rhinoceros Beetle
学名 Xylotrus gideon

2206ヒメカブト

触ると威嚇なのか「シューシュー」と音を出すので動画に撮ってみました。

ヒメカブトムシ

[広告] VPS




  1. 2009/07/20(月) 00:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クィーンズランド旅行(2)*ケアンズ編(2)/ Queensland(2) Cairns(2)

植物園散策

2206ウィリーワグテイル

ケアンズにも我が家の庭にもやって来る豪全土でみかける鳥ヨコフリオウギビタキが居るとケアンズも身近に感じられますが

英名 Willie-wagtail
学名 Rhipidura leucophrys




2206カササギガン

ダーウィンでも見かけたカササギガンも居る
英名 Magpie Goose
学名 Anseranas semipalmata




乾燥した気候のパースではあまり見かけない鱗翅目、特に蛾、大きく美しいオジロルエイツバメガやヘラクレスモスがケアンズで見たかったのですが、オジロルエイツバメガはかろうじて目撃できて写真はなんとか証拠程度に。ヘラクレスモスは残念ながら見られませんでした。

英名 Zodiac Moth
学名 Alcides metaurus

2206オジロルリツバメガ




2206ヒロオビクロセセリ小

すばしっこくやや大きめのセセリ蝶ヒロオビクロセセリを植物園で

英名 Banded Demon
学名 Notocrypta waigensis


2206ヒロオビクロセセリ




クィーンズランド海岸部でみられるクロヘリマダラタテハ

英名 Bordered Rustic / Australian Rustic
学名 Cupha prosope

2206クロヘリマダラタテハ




コガネグモ科 トゲグモの一種 ケアンズ付近では丸っこいのと菱形っぽい二種類のトゲグモを良くみかけるそうだ

英名 Spiny backed spider / Jewel Spider
Gasteracantha spp.

2206トゲグモ丸

イギリス海軍キャプテン・クックが指揮するエンデバー号の乗組員により初めて科学的に説明されたオーストラリアのトゲグモ、

英名 Spiny backed spider / Jewel Spider
学名 Gasteracantha fornicata

2206トゲグモ菱形




カラフルで美しいゴキブリの一種

2206ゴキ




植物園には変わった花が沢山咲いていました

2206丸赤花




葉についていたカイガラムシの一種でしょうか。なんでこんなに長い毛??があるのでしょう。

2206糸カイガラムシ
  1. 2009/07/19(日) 00:00:52|
  2. クィーンズランド*ケアンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クィーンズランド旅行(1)*ケアンズ編(1) Queensland(1) Cairns(1)

深夜、パース発ケアンズ行きのジェットスターに搭乗。ジェットスターは初めての利用だが安い、なんとなれば機内サービスがすべて有料で、毛布も枕も機内食も基本的に無しなんだ!下世話な話題に感心しつつ世界最古の熱帯雨林とグレートバリアリーフの二つの世界遺産をもつ早朝のケアンズへ到着。
6月22日から7月16日まで東部を北はケアンズから南はキャンベラまで旅行してきました。

みなみの国の歳時記のchiemomoさん(以下Cさん)のご好意によりケアンズを案内していただく。

早朝からケアンズのイキモノを探しに出かけ、最初に墓地へ。
墓地? 墓地って「墓場の鬼太郎」じゃあるまいに???
墓場には、オーストラリアイシチドリがじっとたたずんでいる。
夜間はムシなどをとり、昼間は茂みなどでじっといているので墓場が丁度具合がいいらしい。早朝で画像が暗いなあ。
オーストラリアに広範囲で生息していてパースにも居る、はずなんですが。

和名 オーストラリアイシチドリ
英名 Bush Stone-curlew
学名 Burhinus grallarius

2206bushStone-culew墓鳥




センテナリーレイク周辺や植物園を散策し、熱帯雨林独特の植物やムシなどを探す

2206アントプランツ&ツタ

着生植物のアントプランツは根元のふくらんだ部分にアリを住まわせている不思議植物で、アリの排泄物を栄養にしている、らしい。

アカネ科 Rubiaceae
Myrmecodia beccarii だそうです

2206アントプランツ


白くて小さい花かな?

2206アントプランツ花

アントプランツの根っこ部分を叩いて刺激すると、アリがわらわら出てくる

2206アリ&アントプランツ

ボタンのような葉をもつツタ、キカズラButton Orchid (Dischidia nummularia)
植物好きな人には魅力的な植物が豊富です

2206ボタンツタ




どこにでもいるツムギアリ(グリーンツリーアント)

2206グリーンツリーアント




Philidris属のアリ

2206トゲアリ




アリそっくりなアリグモ

2206アリグモ




クロトゲナシバエの仲間で時々大発生するそうな

2206クロトゲナシバエの仲間交尾




トリバネアゲハ幼虫

2206トリバネアゲハ幼虫




派手なショウガの一種の花にハエトリグモの一種

2206ハエトリグモショウガ花




ハエの一種

2206ハエ一種

chiemomoさんのオーストラリア ケアンズ生き物図鑑 を参考にさせていただいていますが、記載の間違いはすべてrooの責任です。間違いがあれば(よくやるんです)お知らせ下さい。
  1. 2009/07/18(土) 11:37:25|
  2. クィーンズランド*ケアンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page