オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

クリスマスベル * キャンベラ

12:10クリスマスベル

キャンベラの国立植物園にて
ニューサウスウィルズNSW(キャンベラはNSWの中に位置します)の夏を
赤い花の先が黄色い鮮やかな色で彩るクリスマスベル

種で育て、三年目に花が咲く、桃や栗のような花


ユリ科 Liliaceae
ブランドフォルディア属 (Blandfordiaceae)
Blandfordia nobilis





真っ赤な花はツツジ科のシャクヤクの仲間でしょうか


12:10Rhododendron




キャンベラのホテルで朝食
ベーコン、卵料理、英国風ソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、 ビーンズの煮物、トーストやデニッシュ、マフィン、クロワッサンなどの英国風朝食。
そして、各種フルーツにヨーグルトをかけて。


バイキング式で好きな食品を選べるし、美味しいのだけれどけれど、さすがに毎日では飽きてきました。

12:10ノボテル朝食
スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 09:18:26|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キャンベラのムシ

12:10金カメムシ下から


夏のキャンベラ、広い国立植物園を散策しながら鳥やムシを探してみました。
美しく輝くキンカメムシの一種


12:9キンカメ交尾




1cmぐらいのハナノミの一種

12:9巨大ハナノミ




ベニボタルの一種


12:10ベニボタル?




ユーカリの木にミミズクの一種の幼虫



12:9ミミズク




巨大なコウモリガのXyleutes liturataが交尾中


12:9Xyleutes liturata
  1. 2009/12/27(日) 10:50:18|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タテガミガン親子 * キャンベラ

12:10タテガミガン親子3

オーストラリア全土でみられるタテガミガンの親子


和名 タテガミガン, 固有種
英名 Australian Wood Duck
学名 Chenonetta jubata




12:10レンジャクバト4羽

こちらも比較的良く見かけるモヒカン刈り?のレンジャクバト



和名 レンジャクバト, 固有種
英名 Crested Pigeon
学名 Geophaps lophotes





キャンベラのブルージンジャーでインド料理を堪能。
タンドリーチキンや、ナン、など本場の味を楽しみました。

12:9ブルージンジャーカレー

韓国料理は、鍋物や石焼ビビンバなどを

12:10韓国料理
  1. 2009/12/25(金) 00:00:33|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ルリオーストラリアムシクイ * キャンベラ

12:10ルリオーストラリアムシクイ♂


キャンベラの国立植物園で、ルリオーストラリアムシクイを見つけ、大喜びで
撮影したのですが、足輪がついているので、繁殖させたか調査でつけたのかわかりませんが、
ちょっとがっかり。
鮮やかな青の雄(画像上)と地味な雌(画像下)


和名 ルリオーストラリアムシクイ, 固有種
英名 Superb Fairywren
学名 Malurus cyaneus

12:10ルリオーストラリアムシクイ♀

かなり近くで撮れたのですけど。

12:10ルリオーストラリアムシクイ♂2




こちらは野生のキリハシミツスイ
しきりにムシを捕まえていました



和名 キリハシミツスイ, 固有種
英名 Eastern Spinebill
学名 Acanthorhynchus tenuirostris

12:9キリハシミツスイ
  1. 2009/12/24(木) 08:38:29|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キンショウジョウインコ * キャンベラ

12:9キンショウジョウインコ

オーストラリア国立植物園の入り口付近で、赤に緑の派手すぎるインコが、
ワトルらしい木の実を食べている最中でした。

このように派手な色彩の鳥を見ると、異国に居る事を妙に実感します



和名 キンショウジョウインコ, 固有種
英名 Australian King-Parrot
学名 Alisterus scapularis

12:9キンショウジョウインコ横





こちらは、すこーし地味?なナナクサインコ
広い大学構内に木の上にいました。
自然豊かなキャンベラです

和名 ナナクサインコ, 固有種
英名 Eastern Rosella
学名 Platycercus eximius

12:9ナナクサインコ
  1. 2009/12/23(水) 18:50:17|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカサカオウム * キャンベラ

12:9アカビタイムジオウム

パースにも生息するアカビタイムジオウムがユーカリの木で休んでいます。
他にモモイロインコやゴシキセイガイインコも見られました。



和名 アカビタイムジオウム
英名 Little Corella
学名 Cacatua sanguinea





12:9アカサカオウム若雄

樹間でカエルが鳴くような声がするので、探してみると、居ました。
オーストラリアの東南部に生息するアカサカオウムです。
初めて見るオウムで、画像上は若い雄
画像下は成鳥の雄


12:9アカサカオウム雄

グレーの体に燃えるように赤い頭部が特徴


12:9アカサカオウム雄2

雄に比べて雌(画像下)は地味で、何処にいるのか非常にわかりにくいです。


和名 アカサカオウム, 固有種
英名 Gang-gang Cockatoo
学名 Callocephalon fimbriatum


12:9アカサカオウム雌
  1. 2009/12/22(火) 17:55:25|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカクサインコ * キャンベラ

12-11植木花  006

キャンベラの天気は雷雨もあったりで不安定。
滞在中は、それほど暑くなく快適でした。

街中のいたるところに彫刻があって、これは銀色に輝くクッション。
座り心地は悪そう。

12-11クッション彫刻  005

比較的よく見かける、アカクサインコ


12:9アカクサインコ背中

国立美術館では、パリ・オルセー美術館所蔵「ポスト印象派」コレクションの展覧会が、
シドニーやメルボルンに行かず、もちろんパースにもきません、
キャンベラのみの開催開催されていたので鑑賞してきました。
このあと他国をまわるらしいので、日本へも行くかもです。

12:10パリ印象派展


国立美術館内は撮影禁止なので、入り口の空中に浮かぶ巨大なボールを撮ってみました

12:10美術館空中玉

アカクサインコが、大学構内でえさを探しています

12:9アカクサインコ

大学は、卒業式。
学部ごとにガウンの襟の色が違います

12:10ANU大学構内

国立植物園でもアカクサインコ

12:9アカクサインコ看板

和名 アカクサインコ, 固有種
英名 Crimson Rosella
学名 Platycercus elegans
  1. 2009/12/21(月) 15:16:46|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オーストラリアミズトカゲ * キャンベラ

12-11クリスマスツリー  002

12月、オーストラリアの首都キャンベラへ出かけてきました。

シドニーとメルボルンで、どっちが首都になるかで大もめして、
「両方の中間に新しく首都を作る」ということで建設された計画都市。
人口およそ33万。
行政区分としてはACT(Australian Capital Territory)に属します。

首都とはいえ、周辺は山に囲まれていて小さい街です。
街中には、巨大なクリスマスツリーが飾られていますが、日本ならこのぐらいものはどこにでもあるでしょう。


オーストラリアの政治関係ニュースでは必ず登場する建物。
国会議事堂。
12:10国会議事堂


キャンベラの街中では、羊の彫刻もおいてあります
12-11羊彫刻  004

***
さて、ブラックマウンテンの麓からキャンベラの国立大学キャンパスにかけて広がる、
オーストラリア国立植物園へ出かけると

12:9オーストラリアミズトカゲ1

冬場は、木や岩の下などに小さな穴を掘って休眠していて見かけない、
オーストラリアミズトカゲが、あちらこちらでみられました。

12:9オーストラリアミズトカゲ

オーストラリアミズトカゲは、オーストラリア東部に生息する中型トカゲで、水陸両生。
水の中には30分ももぐっていられるそうです。
大きなものでは80cmぐらい。

12:9オーストラリアミズトカゲ顔

春に交尾し、11月から12月には10~20個の卵を産み、1月、2月ごろ卵から孵ります。
雑食性で、昆虫、両生類、果物などを食べます。

12:9オーストラリアミズトカゲ2


イグアナ科
オーストラリアミズトカゲ属

和名:オーストラリアミズトカゲ
英名:Eastern water dragon
学名:Physignathus lesueurii

分布:ニューギニア、オーストラリア東部
  1. 2009/12/20(日) 16:45:51|
  2. Reptiles (爬虫類)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バッタなど

11:21桃目キリギリス幼虫


ブッシュで見つけたキリギリスの仲間

幼虫

Katydids

11:21キリギリス幼虫


日本では見ない様な顔


11:21キリギリス?幼虫






ブッシュでみつけたバッタの仲間

Grasshoppers

ヒバーティアの花に幼虫

11:22バッタ幼虫ヒバーティア



5cmぐらいのバッタ。ブッシュを歩くと飛んで逃げる


11:22バッタ


3cmぐらいだったか


11:15バッタ2


カモフラージュの名人?


11:29バッタ2


黄色と黒の模様がオシャレ


11:29バッタ3


地面にいるとわかりにくい模様のバッタ

11:29バッタ4

  1. 2009/12/05(土) 07:05:16|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ワライカワセミ

12:1ワライカワセミ


ワライカワセミの鳴き声は有名ですので、ご存知の方も多いでしょう。
もともと東部の鳥ですが、西オーストラリア州には1897年に東部から連れてこられ、その後増えたそうな。


早朝、日の出前に犬の散歩に出かける。
ワライカワセミが、電灯に居る。
このごろ近所に住み出したらしい二羽のワライカワセミを時々みかけて、
なんとか鳴いている動画を撮りたいと思っていたので、慌ててカメラで動画を撮ってみた。

ぶれているのは、犬にひっぱられて。

動物園ではなく、野生のワライカワセミです。



11:26クッカバラ鉄塔


和名 ワライカワセミ, 固有種
英名 Laughing Kookaburra
学名  Dacelo novaeguineae






  1. 2009/12/04(金) 08:57:10|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハムシ達

11:21ハムシ逆光

ユーカリの葉にまんまるハムシ


Tortoise Leaf Beetles - Subfamily Chrysomelinae


11:21ハムシ

写真を撮っていると、目の前のハムシがもぞもぞ動きだし、お尻を持ち上げて、、、排泄を始めたよ。


11:21ハムシ糞


こちらは別のハムシ。
モリモリユーカリの葉を食べています


11:22葉喰ハムシ


日本にも居そうなハムシ


Leaf Beetles - Genus Lamprolina

Subfamily Chrysomelinae, FAMILY CHRYSOMELIDAE


11:22ハムシ


最初は、ハバチの幼虫かな、と思ったのですが、ハムシの幼虫かも知れないです。
どっちだろう。

11:21ハバチ幼虫
  1. 2009/12/03(木) 10:45:04|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤と緑

11:29赤地に緑錨型玉虫

ジャラの森の中にある、開けたフトモモ科のParagonis grandiflora のお花畑で見つけた虫達

赤地に緑色の錨のような模様のタマムシ
1cm強

Family Buprestidae
Jewel Beetles








こちらは、赤地に緑の部分が大きめのタマムシ

Family Buprestidae
Jewel Beetles


11:22レッドグリーンタマムシ





タマムシには関係のない緑色に輝く甲虫

11:22緑甲虫
  1. 2009/12/02(水) 00:00:10|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

黒黄縞玉虫

11:22黒黄縞タマムシ

フトモモ科のParagonis grandiflora の花に、多種類の虫が集まってきます。

黄色と黒の縞模様のタマムシ

Family Buprestidae
Jewel Beetles

11:22黒格子玉虫

黒と黄色模様のタマムシが多く、同じようにみえますが、どうやら別種のようです。


11:22格子頬白タマムシ



こちらは5mmぐらいの極小タマムシ



11:22極小タマムシ

交尾中


11:22極小タマムシ交尾

緑色のタマムシは上手く撮れていません。

11:21極小緑タマムシ
  1. 2009/12/01(火) 07:49:03|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page