オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西豪州旅行  ブルーム

5:3ブルーム駱駝夕日

ブルーム(Broome)は暑い。平均最高気温は33.9度だそうで、三泊二日の滞在中も蒸し暑かった。
インド洋に面したブルームは、人口約1万5千人で観光と真珠採りを主な産業としている。
パースから2,200キロメートル。
1883年~1889年まで西オーストラリア知事を務めたフレデリック・ブルーム卿(Sir Frederick Broome)
の名前からブルームと名付けられた。

1889年にはシンガポールとブルームを結ぶ電信用の海底ケーブルがインド洋に敷設され、
オーストラリアとイギリスの間が電信で結ばれた。
ケーブル・ビーチ(Cable Beach)は、海底ケーブルの陸揚地点で、今では観光地となっている。 
ケーブルビーチは広く、海は美しいが、サメやワニ、クラゲなどがいて遊泳禁止になっている。


5:3ブルーム駱駝反射

ケーブルビーチの名物、駱駝に乗って夕日を眺めてきた


5:3ブルーム駱駝影長

駱駝は背が高く、視点が高くなってすこぶる眺めがよろしい。
私が乗った駱駝の「ランディー」

駱駝はもともと中東から連れてこられ、乾燥地帯の交通手段として利用されていたが、
自動車の普及とともに、駱駝の需要は激減し、
今では野良駱駝が増えてしまった。
野良駱駝を捕まえてきて、訓練して中東に輸出したりしている。
ブルームの駱駝も、野生化した駱駝を捕まえて来るそうだ。
基本訓練は、約6週間で済むが、
海岸や道路などをおとなしく歩くようになるには
約半年はかかるそうだ。



5:3ブルーム駱駝ランディー




ブルームでは、キャンプ料理ではなく、宿の近くのカフェレストランで普通の料理を楽しんだ。



5:4OldZooCafe夜

バラマンディーの一品

バラマンディ (学名 Lates calcarifer) は、スズキ目・アカメ科に属する魚で、成魚になると全長2m・体重60kgにも達する、大型肉食魚。オーストラリア北部では釣りや食用にされる。白身で癖の無い味は美味


5:2OldZooCafeバラマンディー





二日目の夜は煮込んだビーフにしてみた。
柔らかく煮込んであり、トッピングのショウガのガリ(日本では寿司についてくる)の酸味が
微妙にあって美味でした。

5:2OldZooCafeビーフ


デザートはチーズケーキ

5:3OldZooCafeチーズケーキ




三日目は、ホタテの前菜をとってみたが、味はまあまあ

5:4OldZooCafeホタテ前菜


シーフードのパスタは美味

5:4OldZooCafeシーフードパスタ

デザートにペカンナッツのパイを食べた。
味は美味しいんだけど。重かった。


5:4OldZooCafeペカンパイ
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 11:03:09|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

西豪州旅行 旅の食事

4:30朝目玉焼きパンベーコン


朝食は、各自シリアルやら、トーストやらを自分で用意して食べる。
この日は珍しく、目玉焼きパンにベーコンをガイド兼ドライバーが作ってくれた。

4:30朝目玉焼きパン

この日の朝食は、柔らかな熱々パンケーキ!!!


5:1パンケーキ




お昼は、ほぼサンドイッチ
食パンだったり、薄焼きパンで巻いたりする。
朝食後、各自でサンドイッチを作って持参し、お昼にする時もある


4:24サンドイッチ


ハンバーガーでランチ

ハエが多く、ハンバーガーを作っている最中から、ハエの攻撃?にさらされ、
うっかりすると、ケチャップなどのソースで溺れた?ハエを知らずにパクリ、
もあったようだ

4:24昼ハンバーガー


前夜残りのスパゲッティーミートソースを焼きそば風に焼いて暖めてランチに

4:29昼焼きスパゲッティー



4:30Basa料理

Basaと言う白身魚をホイルで焼いて


4:30夜Basaサラダご飯

夕食には、メインとサラダ

お椀の底にはクスクスが入っている、ビーフスープ
ワイルドな盛りつけ

4:29夜ビーフシチュー&クスクス


スネーク(ソーセージの事)とビーフステーキ
付け合わせは、ジャガイモのバター焼きと野菜の缶詰を開けて混ぜたもの

5:1夜ステーキソーセージ


中華風の焼きそば
味付けが甘い

4:23夕中華焼きそば


おなじみのハンバーガー

4:25夕ハンバーガー

ちっとも辛くない、タイ風チキンカレー
一見、美味しそうだが、ご飯が半煮えでがりがり

4:26グリーンカリー


キャンプ料理の定番、スパゲッティーミートソース

4:27夕スパゲッティーミートソース

チキンと野菜の煮込み

4:28夕チキンシチュー

荒野の食事は、事前に缶詰などは準備してあり、2~3日に一度、生鮮食品を仕入れるだけです。肉や魚は冷凍品を巨大なエスキー(保冷箱)に氷とともに入れてあって、かなり長持ちするようです。
後片付けも、交代です。

1~200キロに一軒ぐらいロードハウスがあって、そこで食品などを仕入れます。パンは、巨大な冷凍庫に凍って入っています。

同じルートを回るツアーで、値段が倍ぐらい高いツアーは、ドライバーやガイド以外に、専門の料理人兼世話人がいます。
テーブルセッティングも、しっかりクロスがかかっていて、参加者はのんびりくつろぐだけのようです。
  1. 2010/05/30(日) 11:13:08|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行  ポートヘッドランド周辺

5:1Broome600看板

ブルームまで600キロ

途中のロードハウスで見かけたキンカチョウの群れ


5:1キンカチョウ群れ

近づくと一斉に飛び立ってしまう

5:1キンカチョウ群れ木




5:1ワトル蕾み

ワトルの一種
花が咲き始めている

5:1ワトル




ハチクイ
学名:Merops philippinus

5:2ハチクイ




カリジニ国立公園で見かけた植物やムシなど

5:2EremophilaPilosa花

ハマジンチョウ科 エレモフィラ属
Eremophila Pilosa


5:2EremophilaPilosa全体




シオカラトンボの仲間

Fiery Skimmer


4:30胸黒赤トンボ池

何処にでも居るバッタ

4:30渓谷バッタ

緑色の蟻

4:29緑蟻

宿泊先で、朝見かけたカミキリ

4:28カミキリ虎

宿では夜になると
ホオグロヤモリを良く見かける

4:27ホオグロヤモリ


ポートヘッドランドの塩田 
ブルームまでもう一息


5:1PortHedland塩田


白い砂浜が続く80マイルビーチ

5:280マイルビーチ
  1. 2010/05/29(土) 21:07:27|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西豪州旅行  カリジニ国立公園3

4:30ゴージ

カリジニ国立公園の峡谷には
雨水がたまったプールがいくつかある

ここはファーンプール
アボリジニの伝説では、地球がまだ柔らかかったころに、蛇が作った池で、
今でも蛇が住んでいる特別な場所なのだそうだ

4:30ファーンプール

水源近くには、ペーパーバーク種がしげっている

4:30ペーパーバーク2


数年前に水中に倒れ込んだユーカリの木は、
今でも、葉が元気



4:30水中ユーカリ




Kurrajong の木

Brachychiton Populneum


4:30Kurrajong





雨が滅多に降らない乾燥した土地に適応したユーカリの木
雨が降らない時は、自分の枝を枯らして落としていまい、
少しでも乾燥からまもる。
タコみたいだ。


4:30ユーカリ枝落





こちらは木の幹がコルクのような木



4:30コルクウッド全体

コルクみたいで軽い


4:30コルクウッド幹




葉が針状のスピ二フィックスの一種

4:30スピニフィックス

スピニフィックスに住むショウキバト



和名  ショウキバト, 固有種
英名 Spinifex Pigeon
学名 Geophaps plumifera

5:1ショウキバト

ノドグロモズガラス


和名 ノドグロモズガラス, 固有種
英名 Pied Butcherbird
学名 Cracticus nigrogularis

4:30ノドグロモズガラス
  1. 2010/05/28(金) 09:16:25|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西豪州旅行  カリジニ国立公園2

4:29KarijiniNPプール

カリジニ国立公園では、ユーカリはもちろんですが、
沢山のイチジク種がみられました


4:29岩イチジク木

わずかな岩の隙間から、大きく育ったイチジクの木


4:29岩イチジク木鳥

小鳥も沢山いました


4:29岩イチジク木実

小さな実


4:29野生イチジク




4:30KarijiniNPDalesGorge小滝


雨水のたまったプールでは


4:30トリガープランツ群生

ピンクや白のトリガープランツを見つけました


4:30トリガープランツ池



トリガープランツの証明動画


[広告 ] VPS


  1. 2010/05/27(木) 11:14:43|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西豪州旅行  カリジニ国立公園

4:28KarijiniNP

カリジニ国立公園(Karijini NP)は、一度は訪れてみたい国立公園の一つ。
切り立った渓谷を下りて行き、滑りやすい岩場をあるき、とかなり冒険にとんでいる。
雨水がたまってできた天然のプールがあちこちにあって、暑い中歩いた体を冷やしてくれる。


4:29KarijiniNP仲間


足を踏み外すと大変。


4:29KarijiniNP梯子仲間

ウェアノ渓谷(Weano Gorge)


4:29KarijiniNP仲間2


両足を岩にかけて、スパイダーのように歩くから?
狭くて滑りやすい。

4:29KarijiniNPSpiderWalk


雨水のたまったプールでひと泳ぎ



4:29KarijiniNP仲間4
  1. 2010/05/26(水) 10:04:31|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西豪州旅行 エクスマウス

4:27ジンベイザメアップ



エクスマウスは、世界最大の魚ジンベイザメがやってくる海辺の町。
世界中の海を回遊しているジンベイザメが丁度、3月から6月ごろになると、エクスマウスの海をピンクに染めるという珊瑚の産卵にあつまるプランクトンを食べに、ジンベイザメがやってくる。


乗員6名、乗客20名の小型船に乗って、ジンベイザメが回遊するあたりに乗り付ける。
船はジンベイザメから50m以内にには近づけないので、
ジンベイザメをみつけると乗員の中で、ポインターと呼ばれる人が、まず海にはいり、
拳をあげて、ジンベイザメの位置を知らせ、そこを目指して、ひとつのチーム10人が、
一斉に海に飛び込んで、ポインター目指して泳いでいき、そこで、ジンベイザメを待ち構え、
一緒に泳ぐ。

おとなしい魚とは言え危険なので、
ジンベイザメの頭部からは3m。
尾部からは4m離れて泳ぐ。



別のポインターともうひとつのチーム10名が、別のジンベイザメに泳ぎよっていく。


この繰り返しを、ジンベイザメと一緒に泳げる制限時間の一時間続ける。




4:27ジンベイザメ後


ニンガルーリーフに来るジンベイザメは、思ったよりも小型に見えた。
でも、でかい魚だ。
コバンザメを腹につけて、ゆったりと泳いでくる

外洋で泳いだ経験がないのに、いきなり泳ぎだして波に翻弄され、死ぬかと思った、、、

なんとか無事に帰ってきた



4:27ジンベイザメ
  1. 2010/05/25(火) 05:51:29|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西豪州旅行   コーラルベイ

4:26コーラルベイ砂浜

オーストラリア東部には、有名なグレートバリアリーフがありますが、西部には美しいニンガルーリーフ
あります。コーラルベイの町では、シュノーケリングを楽しみ、目の前で泳ぐ魚達と一緒に遊びました。


4:26コーラルベイ看板

曇りがちでしたが、海は美しい。


4:26ニンガルーリーフ





宿では、夜になると明かりにムシが集まってきます。
蛾が多いですが、甲虫も混じっていました。

リコーCX2で、集まったムシを撮ってみました。

カミキリ
4:26カミキリ


カミキリモドキ
4:26茶カミキリ2


触覚が立派
4:26触覚立派甲虫


正面から見るとこんな感じ
4:26触覚立派甲虫顔


ツノトンボの一種もいました。
4:26ツノトンボ
  1. 2010/05/24(月) 00:00:53|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西豪州旅行  シェルビーチ

4:24ShellBeach

一面の貝殻で覆われているシェルビーチ
1cmぐらいの、小さく白い貝殻がほとんど
水深が浅く遠浅んびなっている


4:24ShellBeach遠浅

シャーク湾近くの公園では

4:25シェルブリック

長い年月をかけて固まった貝の層を切り出して、レンガのように積み上げて塀を作ってあった

4:25シェルブリック拡大

****

公園で見かけたムシ達

Caper White (Belenois Java)

4:25CaperWhite




Chequered Swallowtail (Papilio demoleus)


4:25ChequeredSwallowtail





Two-Spotted Line Blue (Nacaduba biocellata)

4:25TwoSpottedLineBlue4匹




カバマダラ
Lesser Wanderer (Anosia chrysippus)

4:25カバマダラ




良く見かけたメイガの一種


4:25ga




シロオビノメイガ

4:25シロオビノメイガ


  1. 2010/05/23(日) 00:16:24|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

西豪州旅行 ストロマトライト 

4:25ストロマトライト

世界遺産のシャーク湾にあるハメリンプールのストロマトライトは、
シアノバクテリアの死骸と泥粒などによって作られる縞状の構造をもつ岩石、
なんどそうですが、ただの岩にしか、見えない。

4:25ストロマとライト

なんか知らないけれど、有名な岩らしいって事で、訪れるけれど、
普通の岩にしかみえなくて、がっかりする人が多いらしい

4:25ストロマトライト魚

魚のように動いてくれると、少しはわかりやすいのだけれど。

4:25ストロマトライト小

****
  1. 2010/05/22(土) 00:10:45|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

西豪州旅行  モンキーマイア

4:25MonkeyMia海岸人

パースから800キロほど北、デンハムの町から25キロ位置にあるの世界遺産シャークベイ内のモンキーマイア。
バンドウイルカ(Bottlenose Dolphins)の餌付けで有名。

19世紀に来たマレーシア人の真珠貝採りのペットの猿(Monkey)と、アボリジニの小屋(Mia )が名前の由来だとか、いや、船の名前がMonkeyだったなどと言われてます。


4:25バンドウイルカ


数十年前からバンドウイルカの餌付けをはじめ、今でも毎日午前中8時ごろから、三回の餌付けをしています。
入園料を払って入っても、大勢の観光客がイルカに餌をあげられるわけではなく、
指名された人のみ餌やりができます。
小さなお子さん連れは、指名確率が高いように思われました。

4:25バンドウイルカ水中顔

間近でイルカを見られるのは嬉しい、楽しい。

4:25バンドウイルカ餌付

遠浅の海には、ウミガメもちょくちょく顔を見せます。


4:25ウミガメ2

オーストラリアツバメ、まあ、どこにでもいますが。

4:25オーストラリアツバメ


デンハムの町でみかけた、シロハラウミワシの巣

4:24シロハラウミワシ
  1. 2010/05/21(金) 10:10:43|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行 カルバリ国立公園

4:24KalbarriNP道路

パースを出た翌日は、北へ約590キロ離れた、冬にはワイルドフラワー咲き乱れて美しいカルバリ国立公園へ。

この辺りから、暑くなってきて、ハエが増え、水分を求めて顔にまとわりついてうっとおしい。


4:24KalbarriNP2

Zループの峡谷を下までおりたけれど、マーチソン川に水が少なくて、ひと泳ぎを期待していた人たちをがっかりさせた。

下の画像は、上から見たZループ

4:24KalbarriNPZLoop

絶壁の続く途中では、アブセイリングにトライする果敢な人たちも


4:24アブセイリング

こちらは、Zループから車で15~20分ぐらいのところにある、ネーチャーズウィンドウ
自然が作り上げた窓


4:24KalbarriNPnaturesWindow

*****

まだワイルドフラワーシーズンには早過ぎで、アコーンバンクシアなどがぽつりぽつり咲いているぐらい

4:24AcornBanksia

いかにも乾燥に強うそうな花

4:24小黄花

この乾燥した大地に雨が降ると、一斉にワイルドフラワーが咲き出す、、、はず、、、

4:24小黄花全体

ワトルの実

4:24ワトル実

帰り道で、トゲトカゲ(thorny devil)を見かけるも、撮影かなわず。
  1. 2010/05/20(木) 17:08:12|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西豪州旅行  ピナクルズ

4:23ピナクルズ

パースを出発してダーウィンまで四駆で走り抜けるツアーに参加してきました。
ダーウィンまでの約3000キロを三週間強でまわりました。
最初の目的地はパースを北へ三時間ほどドライブしたところにある、
定番観光名所ナンバン国立公園内のピナクルズ。

4:23ピナクルズ2


3.5メートルもの高さ花崗岩の尖塔が、数千本もにょきにょきと砂漠の黄色い砂の上につきだしています。
ブッシュの中に、ここだけぽっかりと出来たピナクルズ砂漠。

10年前に訪れて時よりも観光施設は整備されていましたが、尖塔は少しも変わらずそびえたっているようでした。

***

ピナクルズ尖塔群から車で数十分のところにある砂丘地帯で見かけた日本のカナヘビぐらいの小さな蛇。
まだ種類を特定していませんが、毒蛇ですね。
この写真をフラッシュたいて撮ったら、鎌首をもたげ、牙をむいて威嚇してきて、魂消ました。
思わず後ずさり。

King Brown Snake か、Western Brown Snake ではないかと思います。


4:23蛇


***



4:23ヒース花

ナンバン国立公園内でみつけたヒースの仲間

4:23ヒース全体

****


4:23黄花

黄色い花の形が面白いけれど、名前がわかりません。


4:23黄花全体

***

4:23白花

この花を撮影していて、蛇を見つけました。


4:23白花全体


  1. 2010/05/17(月) 10:19:15|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。