オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西豪州旅行   ダーウィン

5:12WA


西豪州と北部準州の州境
ノーザンテリトリーからウェスターンオーストラリアに入る車は
検疫所で果物などの持ち込みをチェックされるが、
逆はオッケー


5:12まっすぐ道

西豪州での最高速度は時速110キロだけれど、
北部準州に入ると時速130キロにあがる。
そんな速度、出した事ないなあ

5:12時速130キロ





ダーウィンでは、アデレード川のジャンピングクロコダイルツアーで、
野生のイリエワニを見る


5:14ワニ川岸

釣りのように、棒の先に糸でくくった豚の頭のぶつ切りで、ワニをおびき寄せて
飛び上がらせる



5:14跳ワニ2



一頭のオスと、10頭ぐらいのメスの縄張りをボートで巡り、
順次ワニに餌をやる




5:14跳ワニ3



大きなオスよりも、小柄なメスの方が、良くジャンプする。
巨大なワニが水中から飛び上がってくるのは、とても迫力がある



5:14跳ワニ



ビデオを撮ってみたけれど、、、




[広告 ] VPS
スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 11:19:23|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行   バングルバングル

5:10バングルバングル

今回の旅の目的の一つである、キンバリー地区にある、シマシマ岩石群バングル・バングル、パーヌルル国立公園(Purnululu National Park)

一見の価値はある上空からの景色を、ヘリコプターの30分フライトで堪能。

アボリジニの言葉で砂岩を意味するバングル・バングル(Bungle Bungle)
ユネスコの世界遺産にも登録されている。


5:10バングルバングル空撮5

高所恐怖症なのにヘリコプターに乗ったけれど、
怖さよりも、興味深さが勝った

ドア無しのヘリコプターが旋回すると、ちょいと怖い


5:10バングルヘリ

30分があっという間に過ぎる

5:10バングルヘリ操縦席

乗客3人操縦士1人の4人乗りヘリコプター

5:10バングルバングル空撮蜂巣5

秋空にワトルの黄色が映える

5:10ワトル

ワトルの花が数種類咲いていた

5:10ワトルバングルバングル

5:10バングルバングル岩川

イエロースポッティドモニターを水辺でみかける

5:10YellowSpottedMonitor


紅色が印象的なコマチスズメ

5:10コマチスズメ

蟻塚は、種類によって形が違って面白い


5:10蟻塚

  1. 2010/06/14(月) 05:54:36|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行   エル クエストロ

5:9ZebedeeThermalSprings

キンバリー地区のアウトバックの真っ只中ある「エル・クエストロ」は、100万エーカー以上という広大な牧場を営む個人所有の土地。「エル・クエストロ・ウィルダネス・パークリ(原生公園)」は、貴重な動植物の保護区に指定されている。


朝、日の出とともに起きだして向かったのは
エル・クエストロの敷地内の雄大な渓谷にヤシの木々に囲まれた天然温泉「Zebedee Thermal Springs」。
ここは川底から約32度の温泉が湧き出し川の水と混じって少々ぬるめだが、
朝の爽やかな中でで、温泉気分がここちよい。





映画「オーストラリア」でニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマン一緒に
滝つぼで泳ぐシーンが撮られた滝(乾季で水が少なくて滝の水量が少ない)!!


5:9エマゴージ

エル・クエストロにあるエマ・ゴージ

5:9エマゴージ2


岩場を歩いていくと、美しい水辺がみえる



5:9エマゴージ3


ワトルの木に花が咲きだして

href="http://blog-imgs-47.fc2.com/a/u/s/australianpelican/20100613092826187.jpg" target="_blank">5:9エマゴージワトル

未開の地に忽然と現れたエル・クエストロは気軽に滞在できるリゾートとしても有名
荒野の中をシャワー無しできたので、シャワーがうれしい。でも水だ!


5:9エルクエストトイレシャワー室


  1. 2010/06/13(日) 05:00:55|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワタフキカイガラムシ科

6:12BirdOfParadiseFly

冬になり、パース北部のワイルドフラワーを探しに出かけたら、
枯れ草に、約2cmの虫がいました。

バードオブパラダイスフライ(Bird of Paradise Fly )極楽鳥蝿とでもいうのでしょうか

調べてみたら、
ワタフキカイガラムシ科 の Callipappus属 で、画像はオス
メスは、オスよりも大きくて翅がない、、、でも、メスは見つけられませんでした。

これがワタフキカイガラムシ??的姿ですが、、、、

昆虫綱カメムシ目ヨコバイ亜目ワタフキカイガラムシ科
Hemiptera; Margarodidae; Callipappus

6:12BirdOfParadiseFly上
  1. 2010/06/12(土) 17:13:20|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パース 6月上旬の花

6:7Dロスラタ

先週末は三連休だったので、パース近郊で花を探しに出かけてきました。
ドロセラ ロスラタの花が、咲き出しました


D. rosulata



6:7Dロスラタ捕虫葉





ドロセラ エリスロリザも


ドロセラ エリスロリザ
英名 Red Ink Sundew
学名 Drosera erythrorhiza subsp.collina

6:7Dエリスロリザ





6:7NativeCranberry花

ネイティブクランベリーの真っ赤な花が満開でした


学名 Astroloma microcalyx
英名 Native Cranberry


6:7NativeCranberry全体





6:7PricklyDryandra花

トゲトゲの葉をもつプリックリードリアンドラ

学名 Dryandra armata
英名 Prickly Dryandra


6:7PricklyDryandra全体




6:7アカシア

花のつき方が面白いアカシアの一種


6:7アカシア花



6:7アカシア全体




アカシアの一種とマッティドトリガープランツ


6:7アカシアマッティドトリガープランツ




バニーオーキッドも小さく可憐な花を咲かせてます

5:22バニー蘭2
  1. 2010/06/10(木) 12:09:23|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

西豪州旅行   コックバーンレンジなど

5:6ベル渓谷

ベル渓谷などのあちらこちらにある渓谷を訪れ、歩いたり、泳いだり。


5:6ベル渓谷滝

まっすぐにのびるギブリバー道路


5:7ギブリバー道路

道路上でエリマキトカゲ発見


5:15エリマキトカゲ

道路脇の木に登っったところを捕まえられた
このあと写真のモデルにされ、無事にブッシュへと消えた


5:08エリマキトカゲ

水辺では、1mぐらいのイエロースポッティドモニターをよく見かけ、
小魚などを捕まえて食べていた

5:7YellowSpottedMonitor3



5:7マニングゴージ

秋になり、涼しくなってくると野焼きをして、下草を奇麗にしておくと、
夏場に大きな山火事を防げるそうな

5:8野焼き

映画「オーストラリア」の舞台にもなったコックバーンレンジ

映画の中で象徴的な風景となるキンバリーのコックバーン・レンジ
ニコール・キッドマン演じるサラの夫が開拓し、アシュレイ家が所有する牧場「ファラウェイダウン」
のロケ地がこのあたりで、セットがくまれた

映画「オーストラリア」で描かれた、旅行番組などでも紹介された
厳しくも美しいキンバリーを求めて、オーストラリア人の間でも最近人気の地

5:8CockburnRange
  1. 2010/06/06(日) 10:45:35|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行  ウィンジャナゴージ国立公園 

5:6ブッシュキャンプ


レナード川から100mの高さで、サンゴが堆積した石灰岩質の断崖がそびえる 
ウィンジャナ峡谷(ウィンジャナゴージ国立公園)でブッシュキャンプ   
  

川にはフレッシーと呼ばれる淡水ワニが多数生息

5:6フレッシー


ワイルドパッションフルーツの花
実は1cmぐらいと小さいが、味はパッションフルーツ、だそうだ。

5:6ワイルドパッションフルーツ花


Common Crow を多数みかける
川辺なので蚊も多い

5:6CommonCrow




オーストラリアの野外寝具「スワッグ」
底はビニールで、薄いマットが入っている、外側は厚手の布地
中に寝袋を入れて使用

オーストラリア各地を放浪していた季節労働者、スワッグマン(Swagman, オーストラリア英語で放浪者の意)
彼らは、棒で肩にかけてスワッグや荷物を吊るして歩いた。

テント無しで寝られるので楽


5:6スワッグ開

布の部分をたたんで、くるくる丸めてしまう。
簡単


5:6スワッグ片付


赤いスワッグと寝袋

5:6スワッグと寝袋
  1. 2010/06/05(土) 20:40:32|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行   トンネルクリーク国立公園

5:5トンネルクリーク



ギブリバー道路をさらに進みトンネルクリーク国立公園へ。

ネイピア山脈の山すそが、水流によって侵食された自然に出来た   
全長約750m、幅3~15mのトンネル状水路で、懐中電灯を持って乾季のみ歩いていけるが、  
腰ぐらいまで水につかる場所もあった。

水の中を歩くので、水中用の靴があると便利

トンネルの中にはコウモリいたけれど、撮影は無理


5:5トンネルクリーク向こう側


トンネルを抜けたところで、水遊び
気温は35℃前後だったと思う。



5:5トンネルクリーク向こう側泳人


トンネルを抜けた崖には、アボリジニの壁画があった

5:5壁画

この周りにもボアブの木が


5:5ボアブ

  1. 2010/06/04(金) 17:51:23|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西豪州旅行   荒野のアイスクリーム屋

5:5アイスクリーム屋

プリズンツリーを見て、ギブリバー道路をトンネルクリークに向かって行く途中、
荒野のアイスクリーム屋でサンドイッチを作ってお昼を食べた

近所に誰もいない荒野で、発電機をまわしてアイスクリームや
飲み物、スナック菓子を売っている



5:5アイスクリーム屋買う人

お昼の後、
みなでアイスクリームなどを買う


はばかりながら、、、、
荒野のトイレ


5:5アイスクリーム屋トイレ


ギブリバー道路をさらに進み、
エリザベス女王の横顔、に見える岩場を抜けていく


5:6エリザベス女王顔岩


さて、お鼻がツンとしたエリザベス女王様にみえるか?


5:6エリザベス女王顔岩大

  1. 2010/06/03(木) 10:16:15|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西豪州旅行   ボアブ*プリズンツリー

5:5ボアブ下から


キンバリーへの玄関口、ブルームを出て、ダービーで小休止をし、
いよいよキンバリー地区へ。
キンバリーの面積は42万平方キロで人口は約3万人。10キロ四方にたった一人の勘定。
未舗装のギブリバー道路で、日本全土を上回る広さのキンバリー地区をを横断していく。


5:4ボアブ実


ボアブは、バオバブ属(学名:Adansonia)のアオイ目アオイ科で
マダガスカルに6種、オーストラリアとアフリカに1種ずつ存在する。
ボアブ(Boab)はバオバブ(Baobab)が短くなったもの。
オーストラリアのボアブは1億9千万年前に、マダガスカルから流れ着いたといわれる。

幹は徳利のような形をしており、ボトルツリーとも呼ばれる。
年輪が無いため樹齢を知ることは難しいが、数千年に達すると言われる。
中は空洞になることが多く、コウモリやムシなどの住処になる。
葉は幹の上部につき、乾季に落葉する。花は白色で大きい。果実はアボガドの
ように垂れ下がり、堅い。
ビタミンCが豊富な果肉はアボリジニによって食用や薬用に使われる。

水分をトックリのような幹にたくわえており乾季になると葉を落とし休眠する。
ブッシュファイアーで焼けると、幹の外側がはがれ落ちて、生き残る、のだそうだ。


5:11ボアブ実中身





こちらは、プリズンツリー。

1883年にダービー(Derby)の町が制定される前,
アボリジニは連れさらわれて、真珠貝採取業に従事させる為にブルームに連れて行かれた。
アボリジニが鎖につながれて歩かされる途中、ボアブの古木に開いた穴に彼らを一時収容。


5:5プリズンツリー後

キンバリー地区の牧場主達も協力した。
1882年には、アボリジニ達がこれらに抵抗し、開拓者を殺した為に、
より多くのアボリジニが連れ去られた。

1886年にダービーに刑務所が出来、多くのアボリジニが開拓者達の家畜を殺して食べた罪で
このプリズンツリーを経由して
ダービーまで歩かされた。

5:5プリズンツリー人々


哀しい過去を伝える木である

5:5プリズンツリー前


  1. 2010/06/02(水) 18:14:03|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

西豪州旅行   ブルーム2

5:3ガンシュームポイント

ケーブルビーチの南端には約1億2千万年前の恐竜の足跡が残るガンシュームポイントがある
足跡は崖の下にあって、見に行けないが、足跡のコピーが展示してある


ガンシュームポイント以外は、30分ごとに主な観光地を走る「タウンバス」を利用。
一日乗り放題で10ドル(2010年5月時点)で便利

タウンビーチのマングローブ

5:3タウンビーチ

タウンビーチ近くの「ブルーム博物館」
1883年に設立されたブルームの町の歴史や、
真珠産業と日本人移民とのかかわりなどの資料が展示されている


5:3博物館

ブルームの中心街「チャイナタウン」
チャイナといっても今は中国関係のものはほとんどないが
かつては、中国人ダイバーによって栄えていた



5:4チャイニーズタウン


真珠貝が1860年代に発見され、アボリジニの潜水夫が使われたが、
やがてマレーシア人とフィリピン人の潜水夫が使われ、そして日本人ダイバーが主力となっていった。


真珠貝採りの船

当時は、高級ボタンの 材料として使われていた貝殻の採取が主目的で、
貝殻から、フォークやナイフ、工芸品なども作られた

5:4真珠採り船


日本人が、ブルームに移り住み始めたのは1880年に入ってのことである。
明治11年(1878)に起きた「大背美流れ(おおせみながれ)」という事故で、
セミクジラの捕獲に失敗し再起不能の壊滅的な打撃を受けた和歌山県太地は、
活路を求める南方へ出稼ぎに出る村民が多くなって、その行先の一つがブルームであった。
技術にすぐれ、忍耐強い日本人ダイバーが重宝された。

5:4真珠ダイバー

しかし、暗く深い海の底での仕事はつらく、
潜水病やその他の水難事故によりたくさんの潜水夫がこの地で亡くなった。

日本人墓地に707基919名の潜水夫の慰霊がある。

遥かな昔の明治や大正に、20代~30代で亡くなった方が多く、
日本から遠くはなれた外地での死が哀しい。

冥福を祈って手を合わせる。


5:4日本人墓地

1900年にユニオン銀行してたてられ
後には日本人移民に「松本ストア」として使われていた。
現在は、自家製ビールをつくるレストランとして知られている「マッツォーズ」


5:4マッツォ店


香辛料カルダモンの味がする生ビールと、シーフードサラダ

5:4マッツォビール&シーフードサラダ

メニューの二番目の生ビールは、飲み口はよろしい
でも、後味にスパイスのカルダモンが残る
カレーにも使うスパイスで個性が強すぎるように思う

他にショウガ味やマンゴー味のビールなどがあった


5:4マッツォビールメニュー

夕日の名所、ケーブルビーチにて


5:4ケーブルビーチ夕日
  1. 2010/06/01(火) 11:56:56|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。