オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラワー ワスプ

シーオークの葉にハチ、のようなムシが居た。
あっけにとられて、ポカン、と空を見上げているみたいだ。
羽も無い。
変なムシ。
ツンツンしたら、足をちょっとだけ動かした。
生きているようだ。



フラワー ワスプ または オーキッド ワスプ 

ハチの一種でメスは羽が無い。
成熟したメスは繁殖に備えて、植物の先端などでオスを待ち、羽のあるオスと交尾。
オスはメス抱えて飛び適宜メスを落とす。
メスは、卵を生むに適したホスト(甲虫の幼虫など)をみつけると地面を掘り、幼虫を麻痺させ卵を産みつける。
ワスプの幼虫はホストを食べ尽くすと繭を作り、やげて成虫に。

Flower Wasp, Female

Hemithynnus sp.

20mm


16.11.06.femaleWasp.jpg


裏から



16.11.06.femaleWasp2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/28(火) 18:08:24|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガムリーフ モス | ホーム | インド洋>>

コメント

 すごい面白いです。模型かと思うほど馬鹿にしたデザイン、最高ですね。
 これ、刺すんですよね。
「さわれね~v-406
 それにしてもいい虫ですね。オスにさらわれる場面を見るために、しばらくここに居たいです。
  1. 2006/11/28(火) 23:28:39 |
  2. URL |
  3. tu4477 #w7t1YKdA
  4. [ 編集 ]

tu4477さん、おはようございます

>tu4477さん、

>>模型かと思うほど馬鹿にしたデザイン
あはは、的確な表現で思わず笑っちゃいました。

どんな風に連れて行ってもらうのでしょう。
見てみたいですね。中々時間が許さなくてじーっと見ていられませんでした。こんなムシが琥珀に入っていたらそれこそじーっと飽かずに眺めているのでしょうね。
  1. 2006/11/29(水) 07:31:48 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

うわわ、いいなぁ。これまた。
僕にください(^ ^)
これがかの有名な、(もし連続でネタを用意されていたらごめんなさい)花がハチに化けるやつのモデルですか。

日本のアリバチの類も毒々しくかっこいいのがいますが、オーストラリアはその遥か上を行っているのですね。それにしても、いい!!
  1. 2006/11/29(水) 09:06:36 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

KOH16 さん、こんにちは

>KOH16 さん、
はい、よくご存じですね。
蘭の種類にはハチのメスのフェロモンに似た匂いでオスのハチをおびきよせて、ハナをメスと勘違いして交尾しようとする動作を利用して受粉するのでしたか?

オスがハナに居る写真は、、、、、、残念!、、無いです。

連続ネタ、欲しいです!!
ください。
  1. 2006/11/29(水) 11:24:09 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/101-7cecbd17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。