オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火事と発芽

2:8カンガルーポー枯れ

花が終わり、茶色く枯れた、カンガルーポーです。

2:1カンガルーポー種

雨のほとんど降らない夏場は、山火事が頻発する季節です。

西豪州の植物の種も、火事の後に発芽する種類が多く、

このカンガルーポーの種子が、地面にこぼれた後は、火事の刺激で

発芽するそうです。

人工的に発芽させるには、80℃のオーブンで、種子を数時間加熱するのだそうです。




2:8Banksia attenuata実

バンクシア アテニュアータ の実は、熟すると、自然に開いて、種が落ちる。

2:1キャンドルバンクシア種


こちらは、キャンドルバンクシア、または、スレンダーバンクシア (学名 Banksia attenuata )の種子ですが、

多くのバンクシアの種子は、火事の刺激無しで、発芽するそうです。
Slender Banksia



マメ科植物の種は、他のマメ科の種と同じように、一晩お湯に浸しておくそうです。


他の植物の種に、煙をあてたりして発芽を促したり、色々工夫しています。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 11:26:04|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二年ぶりで『シバの女王』みてきました。 | ホーム | サドルバック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/1030-fc059bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。