オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西オーストラリアの蝶達

暑くなって来たこのごろ、蝶は活発で素早くちっとも止まってくれないのでした。

林の中でいつもとは違う蝶だな、と思って撮れたのは一枚のみ。

ミドウ アーガス

英名 Meadow Argus

学名 Junonia villida calybe


MeadowAdmiral.27.10.06.jpg



公園の林の中に沢山見かけた蝶

クラグス ゼニカ

英名 Klug's Xenica / Marbled Xenica

学名 Geitoneura klugii


KlugsXenia2.20.11.jpg



KlugsXenia.20.11.06.jpg


これも素早くて木に止まったところをやっと一枚

オーストラリアン アドミラル

英名 Australian Admiral

学名 Vanessa itea



AustralianAdmiral.20.11.06.jpg


オレンジ色の大振りの蝶で目立つのだけれど、飛翔力抜群でちっとも止まってくれない。
飛翔中ですが。

1870年ごろ確認された帰化昆虫。
ワンダラー / モナキー バタフライ / ブラック ヴェインド ブラウン

英名 Wanderer / Monarch Butterfly / Black-Veined Brown

学名  Danaus Plexippus

Wanderer.28.10.06.jpg



活発に飛び回っているオーストラリアン ペインティッド レイディー アップではわかり難いのですが。顔がかわいいので

英名 Australian Painted Lady

学名 Vanessa Kershawi


12.11.06.cho.jpg


全体

29.10.06.paintedLady.jpg




スポンサーサイト
  1. 2006/12/01(金) 21:15:09|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<どこかな? | ホーム | ストライプド バンクシア ジュエル ビートル の産卵>>

コメント

 タテハの仲間が多いのですね。日本にいるのとはやっぱりちょっと違うのですね。
 シロチョウやアゲハの仲間は少ないのでしょうか。
 蝶も色々見てみたいです。
  1. 2006/12/01(金) 22:32:45 |
  2. URL |
  3. tu4477 #w7t1YKdA
  4. [ 編集 ]

tu4477 さん、いつもありがとうございます

tu4477 さん、
白い蝶は
Cabbage Whiteと言う蝶がいます。日本のモンシロチョウと同種かどうかわかりません。
アゲハの仲間はいないようです。シジミチョウの仲間が二三種いるらしいです。
パースは地中海気候ですので、あんまり蝶や昆虫はいなさそうです。
オーストラリアの北部はムシ写真家が良く来て撮影しているようですが、この辺は居ないです。つまりムシもあまり居ないってことでしょうか。
  1. 2006/12/02(土) 20:17:38 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/105-16731027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。