オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッド アンド ブルー ダムゼル

イトトンボと言えば、子供の頃、土手などでワラワラと沢山みかけたものだ。トンボよりも捕まえやすかったようだ。大きなオニヤンマは、竹箒を振り回して叩き落とす、という極めて乱暴な方法で捕まえたりしていた。
トンボの力強い飛翔に比べると、イトトンボの飛翔は、儚げにみえるけれど素早い。しかも小さいからカメラのピントが合わせ難い。

レッド アンド ブルー ダムゼルのオスは真っ赤な眼と胸、尾の先の青い二本線が目につく印象的で美しいイトトンボだ。オーストラリア全土に生息し、またニュージーランド、フィージー、ニュー カレドニアにも生息。



トンボ目(蜻蛉目) Odonata
イトトンボ亜目 Zygoptera
(均翅亜目)
Coenagrionidae 科
Xanthagrion 属
Red & Blue Damsel / Xanthagrion erythroneurum


RedBlueDamsel2.060407.jpg


この日は快晴で暖かかった。レッド アンド ブルー ダムゼルのカップルを何組か見かけた。
RedBlueDamsel3.060407.jpg


RedBlueDamsel060407.jpg


スポンサーサイト
  1. 2007/04/09(月) 10:22:58|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アコーン バンクシア | ホーム | オーストラリアン エンペラー(2)>>

コメント

このところのトンボ飛翔写真、どれも素晴らしいですね!
それにしてもこのイトトンボ、炎のような頭から腹部にかけて、強烈なインパクトです。
美しい~。
飛んでいるトンボの難しさって
挑戦したからよく分かります。
僕は成功したことがないんですが(^ ^;;
  1. 2007/04/09(月) 12:33:48 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

 イトトンボって最近ではあまり多くの種類を見れなくなってしまったので、ちょっと寂しいのです。
 飛んでいるイトトンボって難しいですよね。 ゆっくり飛んでいるときに、なんとかピンが来るとスーッと移動して、またゆっくり飛んでと、私の場合は馬鹿にされているみたいな気分になります。
 それにしても印象的な色のトンボですね。真っ赤な頭と胸
胸には黒いラインでしょうか。スポーツカーみたいだと思ってしまいました。
  1. 2007/04/09(月) 13:46:06 |
  2. URL |
  3. tu4477 #w7t1YKdA
  4. [ 編集 ]

KOH16 さん、ありがとうございます

KOH16 さん、
このところカミキリムシの追っかけでお忙しいようですね。あんなにちっちゃいのに見つけ出しちゃうんだから、凄いですよね。それに構図などもKOH16さん独自 の色があるし、とてもとても足下にもおよびません。v-12
ヤンマの仲間はホバリングする時に撮ってます。
後は、下手な写真も、数打ちゃ、、、です。
  1. 2007/04/09(月) 17:31:03 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

tu4477 さん、ありがとうございます。

tu4477 さん、
優雅なスポーツカー、いいですね。
トンボやチョウは、ピント合わせに、あと少しって時に、すーーーーっと逃げてしまうんですよね。トンボは同じ場所に戻ってくる確率が高いので、じっとしていればまた戻って来てくれるので、そこをパチリ。
運が良ければ撮れるし、運が無い時は、トンボそのものがいなかったりでまるで、ボーズ。しつこく通うのも手でしょうか。
粘着質で嫌みな奴なのかな、自分。v-292
  1. 2007/04/09(月) 17:40:15 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

これはまたスゴイ色ですね~。

日本のイトトンボでも未成熟で赤いのがいますが、こんな血のように赤い色ではないです。

メスの色合いもいい感じですね~。
  1. 2007/04/10(火) 17:40:50 |
  2. URL |
  3. うっかりかさご #-
  4. [ 編集 ]

うっかりかさご さん、ありがとうございます

うっかりかさごさん、
オーストラリアにはイトトンボが結構いるようです。
これから冬にかけて、イトトンボを良くみかけるようになります。
近所の公園は水辺が遠いはずなのに、イトトンボをみかけるのは、はるばる飛んでくるのでしょうか。
ベトナム探鳥記、再開しましたね。楽しみです。
  1. 2007/04/11(水) 17:50:18 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/158-ccc8370a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。