オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロットネスト島の植物

20070621091332.jpg

ロットネスト島の中心部あたりでは、マメ科のクッキーズタンが満開。

20070621091302.jpg

低木が所々生えていて、花はあまり見られない。冬だもんなあ。なだらかなアップダウンを繰り返し、ひたすら自転車をこぐ。車は定期バスが一時間に一本走っているぐらいで、自転車を安心してこげる。

20070621091235.jpg

マメ科 クッキーズ タン / Cockies' Tongues
Templetonia retusa


20070621091640.jpg

蛾の幼虫でしょうか


20070621091204.jpg

所々赤い花はクッキーズ タン。日本の山でツツジを見るようだ。


20070621091400.jpg

塩湖の側で

20070621091429.jpg


Samphire
マツナ属の塩生植物の1種
塩分濃度の高い所で生育する植物です。
塩分を取り込んで、先端部に貯め、先端部は赤く変わりやがて枯れ落ちる。環境の変化に弱い植物。
オーストラリアでは、囚人を送り込んでいた19世紀ごろの、シドニー近くには、土地は不毛で作物が育たず、酷い飢えと壊血病に苛まれいました。
入植者たちは嫌々ながら、原住民たちに、食べられる植物と食べ方を教わったそうな。若い芽は生でも食べられるけども、塩っからいので何回も水を変えて茹でて食べる。他にピクルスにも。塩っからく繊維質であまり美味しそうではないですね。


20070621091453.jpg

こちらは赤いSamphire


20070621092022.jpg

塩湖と灯台
スポンサーサイト
  1. 2007/06/21(木) 09:38:14|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロットネスト島の鳥達 | ホーム | ミサゴ>>

コメント

2種類目のSamphireは日本にも近縁種が幾つかありますね。食べられるとは知りませんでした。
  1. 2007/06/21(木) 20:14:00 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

Khelljuhgさん、ありがとうございます

Khelljuhgさん、
Samphireは食べられるといっても、救荒食なんでしょうねえ。あんまり美味しそうじゃあないです。新芽をちょっと齧ってみましたが、、不味かったですよ。
  1. 2007/06/22(金) 10:23:48 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/238-3df96f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。