オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒバーティア(ヒベルティア)属の仲間

Hibbertia0607.4897.jpg

冬のブッシュでいち早く花を咲かせるヒバーティア(ヒベルティア)属の仲間たち。
明るく黄色い色が、ブッシュの中で目立ちます。


Hibbertia3006.4589.jpg

ビワモドキ科は熱帯地方を中心に約530種類が分布し、内オーストラリアでは130種類、4属が分布します。ヒバーティア(ヒベルティア)属が最も多く約110種類で、ほとんどが低木です。南西オーストラリアのヒバーティア(ヒベルティア)属はほとんど明るい黄色かオレンジ色の豊富な花を咲かせます。日本ではビワモドキ科の植物は分布していません。

バターカップとか、ギニーフラワーと呼ばれ故国イギリスにちなんだ愛称をつけられています。バターカップはイギリスで見られるキンポウゲの花で、故国の懐かしい花を開拓地で見た黄色い花に親しみ易く愛称としてつけられました。ギニーとはかつてイギリスで使われていたギニー金貨で、ヒバーティア(ヒベルティア)属の黄色い花をギニー金貨に見立てています。
ビワモドキ科 Dilleniaceae
ヒバーティア(ヒベルティア)属
Hibbertia0607.4887.jpg


近所の公園でたくさん見かけるヒベルティア
Hibbertia2.0607.jpg


HibbertiaSubvaginata1706.jpg




Hibbertia scrrata
HibbertiaSerrata0507.4629.jpg



ムシ達が集まってきます。カメムシ
1208.Hibbertia8357.jpg



キリギリスの一種の幼虫と蚊の一種
20070813085540.jpg




花はどれも同じようにみえるのですが、葉の形が違います。
Hibbertia1208.8180.jpg

種類の同定が難しいので、芸も無くずらずらと並べてしまいました。m(_ _)m
Hibbertia1208.8176.jpg



スポンサーサイト
  1. 2007/08/13(月) 05:55:26|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<レモンの香り | ホーム | カルーセル スパイダー オーキッド>>

コメント

黄色の花!

rooさん

花の色で一番多いのは、黄色かしら。
それとも目立つから、多いと思うのかな・・・

ムシの好きな色とかはあるかしらね!?

外来種、園芸種が増えてしまった日本では、野生種をほとんど忘れています。タンポポ、野菊、カタバミ・・・
  1. 2007/08/13(月) 08:41:56 |
  2. URL |
  3. 泰山木 #-
  4. [ 編集 ]

泰山木さん、ありがとうございます

黄色い花が一番目立っているし、一番多いように思われます。花のシーズンの始まりも黄色だったような。
日本の黄色い花と言うと、菜の花を思い浮かべます。他はなんでしょう?
ムシの好きな花の色は??どうなんでしょう。美味しい蜜や花の香りと色の関係は、、、某ムシの専門家に聞いてみてね♪
  1. 2007/08/13(月) 09:08:14 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/273-22d05262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。