オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キンギア Kingia

0214Kingia7073.jpg

16年ぶりの猛暑で、予想最高気温37℃。
早朝の涼しいうちに、丘へ行ってきました。

太鼓のバチの様な、ギンギア、ドラムスティックの花が咲いていました。


パースで良く見かけるグラスツリー(Xanthorrhoea preissii ススノキ科)とは違います


ダシポゴナ科  (Dasypogonaceae)
英名 Drumsticks
学名 Kingia australis
高さ 1~8m

同じ仲間の花は ブルーティンゼルリリー(←クリック)


道なき道を登っていきます。

0214Kingia7069.jpg


グラスツリーと違って、葉の根元に産毛が生えている
0214Kingia7104.jpg


俗称 ドラムスティックは見たそのまんまですね
0214Kingia7074.jpg


遠くに街が
0214Kingia7103.jpg



蜜を求めて、アリやハチが集まっていました
0214KingiaAnt7102.jpg





スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 00:00:17|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<グラスツリー Grasstree | ホーム | オーストラリアンレイバン Australian Raven>>

コメント

感動の連続!

>ギンギア、ドラムスティックの花

不思議な花ですね?バチは硬いのでしょうか?
高さはどれ位なのでしょうか?
という疑問を抱きつつ、葉の根元の産毛にも触れてみたくなりました。

ところで、「ブルー ティンゼル リリー」の2枚目の光輝く「蕊・水滴・花びら(鮮やかなブルー)」に感動させられ、水滴効果の絶大さを学びました。
(肺炎で緊急入院した日なので、今頃になって拝見しました。あしからず)
  1. 2008/02/15(金) 02:31:26 |
  2. URL |
  3. iris #fETD.D2Y
  4. [ 編集 ]

グラスツリーかと思ったら違うんですね。花茎の出方がホシクサ科を彷彿とさせます。
  1. 2008/02/15(金) 15:16:16 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

30cm

ilisさん、

花には触ってみなかったので、わかりませんが硬そうですね。
花はバチの部分を含めて30cmぐらいです。先っぽが3cmぐらいでしょう。

長期のお休みは肺炎だったのですか。こちらこそ知らなくて失礼いたしました。
今年の冬は、かなり寒いそうですが、身体を大事にお過ごし下さい。
  1. 2008/02/16(土) 11:21:07 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

そっくり

Khelljuhgさん、

グラスツリーに見た目がそっくりです。
葉がグラスツリーよりもしなやかかな。
グラスツリーの葉はボキボキ折れ易いのです。


  1. 2008/02/16(土) 11:25:40 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

いつもながらわかりやすい名前で感心してしまいます。
原始を髣髴とさせる姿ですね。
  1. 2008/02/18(月) 13:59:00 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/395-93f3d4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。