オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バードマン 2

0408RedTailedBC0374.jpg



パースにある動物園、Perth Zooで飼育されているアカオクロオウムは、野生を捕まえてきて一定の期間動物園に置かれると、リハビリの為に、バードマンの処へ連れて来られ、元気になると、野生に戻すのだそうです。ですから、動物園には、いつも野生から連れて来られたアカオクロオウムがいます。

一枚目と二枚目はメスのアカオクロオウム。
黄色い斑点と白っぽいクチバシが特徴



和名 アカオクロオウム    固有種
英名 Red-tailed Black-Cockatoo
学名 Calyptorhynchus banksii



0408RedTailedBC0384.jpg



三枚目の、両端の真っ黒いのはオス。
クチバシも黒い。

0408RedTailedBC雄0407
スポンサーサイト
  1. 2008/04/21(月) 15:49:47|
  2. Birds (鳥)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ファイアーウッドバンクシア firewood Banksia | ホーム | バードマン>>

コメント

オウムというとカラフルなものしか見たことがありませんが、黒い種類もいるんですね。
  1. 2008/04/21(月) 21:28:50 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

すごい数の鳥が収納されているんですね~。
全ては事故なのでしょうが、無事に旅立って欲しいものです。

しかし、こんなインコ類が日本では50万円で売られているというのも、何とも言えない話です・・・
  1. 2008/04/21(月) 22:33:40 |
  2. URL |
  3. うっかりかさご #-
  4. [ 編集 ]

黒や白や、、、

Khelljuhgさん、

黒いオウムです。
尾の部分が白い種類と赤い種類があります。
隠れた?部分がオシャレ。
空を黒い鳥が飛んでいると、形でオウムかカラスかわかります。ずんぐりしているのがオウムでスマートなのがカラス、かな。
  1. 2008/04/22(火) 16:02:42 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

もうすぐ

うっかりかさごさん、

これらの鳥の大部分は、もうすぐ野生に放たれるそうです。大自然の中で、自由を満喫してほしいですね。

ゴ 50マン!!!!!!
ここに居るだけで、、、、ん百万!!!
ひょえ~~~
  1. 2008/04/22(火) 16:05:56 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

う~~ん

自然保護にうるさいお国柄、いつまでも自由を奪ってはいけないという考えですね。
動物園って、難しいですよね。
  1. 2008/04/22(火) 16:44:26 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

そうですね

ぷーままさん、

地元の生き物は、野生にかえせるけれど、外国産の生き物は、一生面倒をみて野生にはかえれないですものね。動物の値段も高いし、面倒をみるのは技術も必要でしょう。
日本で、コアラなどを飼育すると維持費だけで膨大ですしね。
  1. 2008/04/23(水) 15:54:30 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/459-3a9384b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。