オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノーザンテリトリー(23)ラリマ

Larrimah

スチュワートハイウェーを南下。
周りには1m前後のアリ塚が、雨後のタケノコのようににょきにょきと。

0709アリ塚SHW

ラリマで休憩

0709LarrimahWaysideInn.jpg

オールドファッションなバー

0709LarrimahWaysideInn中

ヘビを手に乗せて遊ばせた。
ヘビの名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。

Godspeedさんがチルドレンパイソン(children's python)であるとご指摘くださいました。ありがとうございます。



0709LarrimahWaysideInnヘビ

ちろちろと舌で匂いを嗅いで、ネズミの匂いがすると、ぱくっと噛み付いてくるんだそうな。

0709LarrimahWaysideInnヘビアップ
スポンサーサイト
  1. 2008/08/15(金) 00:00:21|
  2. ノーザンテリトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ノーザンテリトリー(24)ダリーウォーター | ホーム | ノーザンテリトリー(22)マタランカ>>

コメント

おそらくチルドレンパイソンですね。(children's python)
極小パイソンの一種ですが、「チルドレン」は英人J.G.チルドレンという人が命名したからで小さいからではありません。

いい蛇です。昔飼っていましたw。

良くいるのですか、そちらは?
  1. 2008/08/15(金) 02:58:12 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

Godspeedさん、

はじめまして。

そう言えば、なんとかパイソンと言っていたような。同定ありがとうございます。

私はパース在住で、ノーザンテリトリーを旅行中に、このヘビと遊んだので、パース近辺には居なかった、と思います。
ノーザンテリトリーはヘビの宝庫で、ブッシュの中では気をつけるように言われました。
パースは今、冬なのでヘビはほとんど見かけません。夏場、出て来ます。
  1. 2008/08/15(金) 10:14:56 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/15(金) 11:54:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

オーストラリアは世界で稀に見るヘビ大国。
しかもその8割が毒蛇といわれています。
rooさん、フィールドワークにはくれぐれも気を付けてください。 もっとも猛毒を持つといわれるヘビの一種もいますから。
  1. 2008/08/15(金) 12:08:16 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

はい、気をつけます

Godspeed さん、

はい、豪は毒蛇のトップ5だか、トップ10だかに入っているヘビが多数。考えたくないのですが、実際毒のあるヘビが多いんですよねえ。
夏場はブッシュに入らないのは常識。でも、丘の方は居ないらしいので、夏場も歩き回っています。しかし、ダニが居るのです。これもまた厄介。まあ、死なないけど。
  1. 2008/08/16(土) 20:38:33 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/542-8a444339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。