オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラワーワスプ

1101ハチ交尾グラスツリー花

Tiphiidae コツチバチ科
オーストラリアでは約750種
他のハチのさなぎやケラなどに寄生するするハチの仲間
メスには翅が無く、フェロモンでオスをおびき寄せて交尾し、オスに運ばれて卵を産みつけるのに適した地中のムシを見つけ穴を掘っていって卵を産みつけるそうだ。

1102メス白縞フラワーワスプ交尾

グラスツリーの花に色々なムシが集まって

1102フラワーワスプ交尾

1102フラワーワスプ交尾オス2



↓はフラワーワスプあるいはオーキッドワスプで、ハンマーオーキッドの仲間がこのハチのメスに似た匂いを出してオスをおびき寄せて受粉に利用する事で有名

こちらにオスを待ち受けるメスの画像があります

1102縞黄黒ハチ交尾

ハナアブの一種も集まってます

1102ハナアブ飛翔一匹グラスツリー

快晴で気温が上がった午後、ムシがわんわん集まって

1102ハナアブ多数飛翔グラスツリー

アブの顔

1102ツリアブ飛翔正面

横から

1102ツリアブ飛翔

スポンサーサイト
  1. 2008/11/03(月) 07:42:33|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<トリガープランツの受粉 | ホーム | グラスツリーの花>>

コメント

なんだか「愛の逃避行」な感じが良いですねぇ。(^m^)
じゃぁ、メスをかかえて飛ぶオスの姿も
目を凝らしたら見られるのかもしれないんですねw

グラスツリーの花は人気があるみたいですね。
他の花と比べても甘いんでしょうか。
  1. 2008/11/03(月) 16:10:18 |
  2. URL |
  3. てぃーだ #-
  4. [ 編集 ]

てぃーださん、

「愛の逃避行」www どこへ逃げるんだろう。
オスは勝手気ままに飛んでいて、メスは丸くなってぶら下がってようです。

グラスツリーの花って、日本で人気があるんですか。
花の蜜を舐め比べいないので、他の花の蜜との違いは、わかりません。
これだけ、ムシが集まるんだから、結構甘いのでは、、、なんちゃって、考えが甘いwww
  1. 2008/11/03(月) 17:27:39 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

このハチ、雌の方が小さいんですね。雄の方が小さい昆虫はたくさんいますが、雌が小さいのは何か理由があるんでしょうか。
  1. 2008/11/04(火) 02:04:43 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

小さいメス

Khelljuhgさん、

メスは、地中にいるムシの蛹などに卵を産みつけるために、地面をもぐっていくそうなので、小さい方がもぐりやすい???って事は、無いかしら、と想像してみたのですが。地にもぐるのに翅は必要無いし、、、
逆にオスはメスを探しに飛び回る。
いずれにせよ、不思議ですね。
  1. 2008/11/04(火) 08:05:11 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/583-3e61bfd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。