オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンベラ 3 (フクロオオカミ)

国立博物館遠景

パーリーグリフィン湖に突き出ている、アクトン半島にあるの派手なオブジェの国立博物館。オーストラリア連邦成立100周年を記念して作られた、オーストラリアの歴史的文化的遺産が展示されている。

画像が途切れてしまっていますが、フクロオオカミの剥製。作り方が雑でアンバランス。

タスマニアデビル

博物館の建物内に有るレストランAxisで食事。

前菜三種

前菜

トリフのパスタをとったら、目の前でトリフを削ってくれました。
しっかり枚数数えて、、、5切れだったかな

トリフ削り

トリフなんぞ食べ慣れていないので、よくわからないけど、美味でした。


トリフパスタ

スポンサーサイト
  1. 2009/01/11(日) 00:03:21|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<キャンベラ 4 (ナナフシ) | ホーム | キャンベラ 2 (キバタン)>>

コメント

おおトリュフ。至福のひととき。


画像の剥製、タスマニアデビルではなくてフクロオオカミではないだろうか?

タスマニアデビルはツキノワグマの赤ちゃんみたいな、でっぷり黒いヤツなので。しかもまだ現存してるし。(絶滅が危ぶまれているがまだ結構いる)
フクロオオカミは・・・最後の個体の映像は残っているが、もう地球上にいないのではないかって・・・う~ん、寂しい。
  1. 2009/01/11(日) 02:55:41 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

Godspeed さん、

そうです。間違いです。
タスマニアンタイガーと書いたつもりでいたので、、、、ふくろおおかみです。訂正しておきました。ありがとうございます。
暑さボケか、老化現象か。

  1. 2009/01/11(日) 07:01:32 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

オーストラリア人

のこだわりのなさ、という感じが出た素敵な剥製です。標本という香りが漂ってきます。
  1. 2009/01/11(日) 22:40:01 |
  2. URL |
  3. OIKAWA #GDZhcQAQ
  4. [ 編集 ]

フクロオオカミ、出来映えはともかく貴重な標本ですね。
ニホンオオカミもまともに見える剥製がないですね。
哺乳類はどうしても風化した感じが出てしまいますし、
ミイラ的な見た目になってしまうのは仕方ないのではないでしょうか。
  1. 2009/01/12(月) 10:14:53 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

剥製

OIKAWA さん、

詰め物をしたぬいぐるみのようです。
オージーってやはり雑なんですね。

生きているフクロオオカミを見られたら凄いです。
って、いないか。
  1. 2009/01/12(月) 15:47:24 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ミイラ

KOH16 さん、

確かに貴重な標本ですよね。絶滅してしまったイキモノの標本は、残っているだけまし、なのでしょう。

東京の科学博物館にも沢山の剥製が置いてありますが、子供のころから、イキモノの剥製を見るは、生きているころの雰囲気が味わえて好きでした。



  1. 2009/01/12(月) 15:53:02 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

すごく大きなトリュフですね。
美味しそうなパスタだこと。
  1. 2009/01/13(火) 00:13:13 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

トリュフ

ぷーままさん、

はい、おいしゅうございました。
  1. 2009/01/14(水) 07:19:53 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

初めてコメントいたします。

 フクロオオカミ。残念ですね。広い大地の何処かに生き残っていてほしいと思うのはエゴでしょうか?
 ニホンオオカミはどうもはっきりしなくて、実は2種類いたとかいないとか...。いづれにせよ、確かめる術はもうなく、地球上にいない以上、取り返しのつかないことをしてしまったんですね。でも、今の日本で共存することははなはだ難しいでしょう。

 かたぐるしいコメントになって失礼しました。いいお写真拝見できました。ありがとうございました。
  1. 2009/02/04(水) 00:49:54 |
  2. URL |
  3. かぐ~ #rFhx93y6
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

かぐ~さん、

初めまして。
ご丁寧なコメントをありがとうございます。

今でも一部の人達は、フクロオオカミの存在を信じているのだとか、、、、。
フクロオオカミ以外にも絶滅したイキモノがいますが、絶滅に追いやったのは人間なんでしょうね。

人間が増えてくると、野生動物との共存は難しいですよね。これから、ますますイキモノにとって生きにくい地球になっていってしまうのでしょうか。
  1. 2009/02/04(水) 21:54:29 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/634-59e0ff37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。