オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

キャンベラ 9

小鳥腹黄

植物園でみかけた小鳥。名前はわかりません。
chiemomoのJunさんに教えて頂きました。ありがとうございます。
上の画像 黄色いのがヒガシキバラヒタキ(Eastern Yellow Robin)

下の画像 マミジロヤブムシクイ(White-browed Scrubwren)
小鳥1

ワライカワセミ

笑カワセミ

大学構内のワトル


大学ワトル


大学構内で見かけたムクドリ科 Sturnidae  の移入種
和名 インドハッカ
英名 Common Myna
学名 Acridotheres tristis

CommonMyna.jpg

チドリ科 Charadriidae
ズグロトサカゲリ
Masked Lapwing
Vanellus novaehollandiae

VanellusNovaehollandiae_20090115071332.jpg


2009年1月16日、パースの最高気温は41.8℃を記録、時間は12時半。

過去の最高気温記録は、1991年2月23日の46.2℃。
温泉卵が出来そうな気温ですね。

暑くて眠れないよお。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/17(土) 00:00:58|
  2. キャンベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ボケボケです | ホーム | キャンベラ 8>>

コメント

本年もよろしくです。
chiemomoのJunです。
黄色いのがヒガシキバラヒタキ(Eastern Yellow Robin)で怖い顔のがマミジロヤブムシクイ(White-browed Scrubwren)ですね。
パースそんなに暑いんですか!ケアンズでも32℃くらいですよ。
  1. 2009/01/17(土) 18:38:52 |
  2. URL |
  3. chiemomo #XVgeqjLY
  4. [ 編集 ]

日本のルリビタキに似てますね。
コロコロしてかわいいけど
眉毛(目の上の白いの)がやたらキリッと男前なんですよねww

41℃ですか。(-Д-;)
体温越えると苦しいですよね・・
「夏いいなぁ」などと言ってられません。
  1. 2009/01/19(月) 08:57:52 |
  2. URL |
  3. てぃーだ #-
  4. [ 編集 ]

名前

何時も海外で、生き物を見つけても名前がわからない事の方が多いです。
ホンデュラス、PNGいずれも生き物の名前のような小さなことはこだわらないようです。
  1. 2009/01/21(水) 18:10:40 |
  2. URL |
  3. OIKAWA #Dq7jXxo2
  4. [ 編集 ]

>名前
住んでる人はかえって気にしませんねー。一本やりな分類に組しなくても、その土地なりの呼び名もありますし。分類は土地の文化とは関係ないですしね。
オーストラリアの研究者もほとんどよその国から来て住み着いた人ばっかりですね。
  1. 2009/01/21(水) 20:19:36 |
  2. URL |
  3. chiemomo #zkGin2PM
  4. [ 編集 ]

いつもありがとうございます

Junさん、

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

しばらく留守にしていて、レスが遅くなりごめんなさいね。

小鳥は似たり寄ったりで同定を放棄していましたが、Junさんのおかげで名前がわかりました。ありがとうございます。いつもお世話になっています。

パースは時々40℃近くなります。アデレードのほうはもの凄い暑さだったとか。
ことしはケアンズあたりに行きたいです。行くとすれば多分冬なので、イキモノは少ないでしょうか。
  1. 2009/02/04(水) 21:16:26 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

脱出

てぃーだ さん、

しばらく留守にしていて、レスが遅くなりごめんなさいね。
体温より暖かい気温のオーストラリアから、北半球のイタリアへ脱出していました。
涼し(寒い?)かったのもつかの間で、またまた灼熱地獄にもどってきました。
一度涼しい思いをしてしまうと、後がつらいです。
来週はまた猛暑のようです。
  1. 2009/02/04(水) 21:24:03 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

なまえ

OIKAWAさん、

しばらく留守にしていて、レスが遅くなりごめんなさいね。

chiemomoのJunさんやOIKAWAさんのおっしゃるように、地元の人ってイキモノの名前にうといって言うか、関心がうすいですよね。
chiemomoのJunさんは鳥の専門家で、OIKAWAさんは植物の専門家だから得意の分野では私などとてもかないません。

暫くは、日本のイキモノ達と仲良く過ごすのですね。次回はまたかわったイキモノの居る国へ出かけるられると、いいですね(よくない?)
  1. 2009/02/04(水) 21:31:59 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

分類

Junさん、

たびたびありがとうございます。

オーストラリアの鳥類にはほとんど和名がついていて驚きます。
ムシは数が多くて分類が難しいせいか、英語名さえわからないのが多くて困ります。CSIROに同定を頼めばよいのでしょうけど、面倒ですし、そこまで熱心ではないので。

  1. 2009/02/04(水) 21:38:43 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

そもそも無名だったり

どもです。鳥と哺乳類は先人の努力で基本的に世界中の種に和名がありますね。
数的にいうとオーストラリアの昆虫はほとんど名前がついてないみたいですよ。学名すら。新種もあたりまえに出てきますし。
冬のケアンズもいきもの多いですよ。冬というか、乾季なので。むしろその時期でないとヨーク半島の方には行けません。もしいらっしゃるならご案内しますよ。
  1. 2009/02/05(木) 19:24:22 |
  2. URL |
  3. chiemomo #qhVXTLRM
  4. [ 編集 ]

unidentified species

Junさん,

おっしゃるとおり、イキモノガイドを見ても、虫の写真は載っていても、学名とか載っていなかったりですものね。 日本では新種を探す方が大変そうですが、豪は名前がついている虫を探すのも大変そうです。

ケアンズを見て回るには、乾期が良さそうですね。もし行けるようなら、お世話になるかもしれません。今のところ全く未定ですが。
  1. 2009/02/06(金) 13:51:15 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/640-5abf3286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page