オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

秋のブッシュには

0318近所公園

秋のブッシュは花が少なく、彩りが寂しい。


0318近所公園切り株

グラスツリーの枯れた株に
セイヨウミツバチが巣を作っていました。

これって、蜂蜜をとれないかしらん。無理か。

0308蜂巣
スポンサーサイト
  1. 2009/03/20(金) 09:28:53|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<秋のムシ | ホーム | ややや??>>

コメント

秋は花が少ないのですか。
って、オーストラリアという土地は、あまり花が咲き乱れるようなことが
ないのでは?
やっぱり乾燥しているせいでしょうか。(--)
蜂の巣も乾燥しているように見えます。
あ、でもオーストラリアの蜂蜜って有名ですよね。
じゃあ蜜の出る花はあるのですよねぇ・・
  1. 2009/03/20(金) 21:36:14 |
  2. URL |
  3. てぃーだ #-
  4. [ 編集 ]

おおお、すごい所に巣を作るんですね~。
たぶん蜂蜜は有ると思いますが、巣を破壊することになるのでとろうとしたらすごいことになるでしょうね。
  1. 2009/03/20(金) 21:38:35 |
  2. URL |
  3. 大阪屋 #D2xI14F.
  4. [ 編集 ]

花は少ないけれど

てぃーだ さん、

春が一番花の種類が多いです。秋は花の種類は少ないですけれど、咲いてはいます。
一年中なにがしかの花は咲いていますよ。
花が咲いていても、背の高いユーカリとかの花は撮影が難しいです。

乾燥してますね。夏から秋の中頃まで滅多に雨降らないですし。
これから冬にかけて雨の季節になると、また花の種類が増えてきます。

蜂蜜は、ユーカリの花とかが有名のようですね。

  1. 2009/03/21(土) 09:59:42 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

蜂蜜

大阪屋さん、

蜂蜜は美味しいけれど、わざわざ刺されるようなとこを狙わなくても、お店にいくらでも売っていますものね。

日本は春爛漫で、大阪屋さんも植物の世話などでお忙しくなるのではないでしょうか。
  1. 2009/03/21(土) 10:02:55 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

すごいなぁ 野生の力を まざまざと見せつけられました 
飾っておきたいくらい 
  1. 2009/03/24(火) 08:00:29 |
  2. URL |
  3. 日時計 #-
  4. [ 編集 ]

蜂蜜

日時計さん、

飾るって家の中へですか?
セイヨウミツバチは家畜だそうだから、上手に飼育して、蜂蜜をわけてもらったりして、、、
ってやっぱり無理かな。
家の外に置いても、近所から苦情が来そうだわあ。
  1. 2009/03/24(火) 09:04:47 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

今年は日本でもミツバチが激減していて、養蜂業者はミツバチ泥棒に神経を尖らせているそうです。
盗んででも使いたい人がいるということです・・・
アメリカでも数年前から激減しているのだそうですね。
 
温室のイチゴやメロンはミツバチでないと、あの丸い実を作ってはくれないのだそうですよ。
体の大きなマルハナバチなどでは、花の上で一回転できないので花粉が全体に回らず、果実が丸くならないのだそうです。
農家にとっても死活問題だとか。
(昨日の夜7時のNHKニュースでもやってました)
ミツバチにつくダニが薬剤耐性を持ってしまったのが原因だとか・・・
野生種ではどうなんでしょうね。
 
我が家では昔、ミツバチを飼っていました・・父が趣味で。
管理が大変なんですよ。
蜜を取るどころか、冬場は砂糖水をやっていました。

スズメバチがいないところでは、全滅するほどの天敵がないので飼い易いとか。
でも、巣につく蛾とか、カビとかあって、結構巣を放棄して新しいところに行きたがるのです。

庭にいてもそうそう邪魔には成りませんよ。 
蜂蜜は期待できませんが、1年間を観察するには面白い昆虫です。
  1. 2009/03/28(土) 02:43:32 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

養蜂

ぷーままさん、

日本で減少しているミツバチはセイヨウミツバチですよね。

パースのセイヨウミツバチも養蜂家にとっては大切ですが、野生化してブッシュに住むようになると、在来種の虫などに影響をあたえるのだそうです。在来種のムシが活動を始めるよりも低い気温で動き回って、花の少ない時期に在来種が来る前に蜜をみんなとってしまうからなのだそうな。

ぷーままさんのおとうさまもハチを飼ってらしたのですね。研究のためでしょうか。
私の義父も20年以上前に、ミツバチを飼っていて、自家用蜂蜜をとっていました。道具はまだ残っているようです。




  1. 2009/03/28(土) 15:18:13 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/656-b5b386a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page