オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あぶないヤツラ

*コブラ科のブラウンスネークの仲間 コブラ科(7種類)*

0612WesternBrownSnake.jpg


先週(2009年6月12日)、メルボルンでマイヤーデパートの裏の作業場でゴミ処理作業中にヘビに噛まれる事故がありました。噛まれた作業員は病院に運ばれ血清を打たれ大事はないようです。
万が一毒蛇に噛まれた場合は、傷口を洗ったり拭き取ったりしないで(毒蛇の種類を特定するため)包帯(なければ衣服など)で傷口を縛り、速やかに医療機関へ行って適切な処置をしなけれななりません。



画像上はウェスターンブラウンスネイク
オーストラリア東部、南部に生息
全長 160cm 体色パターンが12~16もあると言われ、別種のように見えることが多い
木のうろ、岩陰などにひそみ昆虫類や節足動物、両生類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類等を捕食。
春に交尾し、メスは最高で38個の卵を産む
神経毒

Western Brown Snake/ Gwarder.
pseudonaja nuchalis




Dugiteはブラウンスネイクの仲間
西オーストラリア州南部に生息
親は黒から茶色、オリーブ色の体色
子は緑がかった黄色の体に黒い頭をもつ。
気が弱いけれど刺激すると素早く噛み付いてくる
神経毒


Dugite
Pseudonaja affinis

0612Dugite.jpg


***************************


*ブラックスネークの仲間 コブラ科*

0612RedBelliedBlackSnake.jpg


レッドベリードブラックスネークはつややかな黒い色と腹部は赤い色をもつ
オーストラリア東部の水辺に生息し全長は1.5メートルから2.5メートルほど
一度に20~40の子を産む
神経毒

Red Bellied Black Snake
Pseudechis porphyriacus

0612RedBelliedBlackSnake顔



King Brown Snake/Mulga Snake
0612MulgaSnake.jpg

キングブラウンスネイクはブラウンの名がついているけれどもブラックスネイクの仲間なので、ブラウンスネイクの血清では適切な効果が得られないようです。
オーストラリアで二番目に大きな毒ヘビで全長約2m(一番大きいのはタイパンで2.2m)。
オーストラリアの広い範囲に生息

英名 King Brown Snake/Mulga Snake 
学名 Pseudechis australis

0612MulgaSnake2.jpg




Spotted Mulga Snakeはキングブラウンスネイクの近縁種
ほ乳類や爬虫類を食べる
全長1.6m
神経毒

Spotted Mulga Snake
Pseudechis butleri

0612SpotedMulgaSnake.jpg



****



神経毒とは
神経とは神経繊維の束で出来ており神経膜で包まれています。神経膜には小さな孔があいていて内側にはカリウムイオン、外側にはナトリウムイオンを酵素の作用で汲み出すことにより活動時に電位差が生じて神経の放電が起こり神経情報が脳へともたらされるのですが、神経毒はこの神経膜の孔を塞いでしまって神経の放電が阻止された事により麻痺が起きます。すると筋肉は働かなくなり呼吸困難、最終的には心臓が麻痺して停止してしまいます。
具体的には、まぶたが重くなり、目や口が動かしにくくなりしだいに麻痺が全身に広がって呼吸困難となり昏睡状態に陥る。のだそうだ。

Armadale Reptile Centre にて
スポンサーサイト
  1. 2009/06/16(火) 00:00:34|
  2. Reptiles (爬虫類)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<もっとあぶないヤツラ | ホーム | イエアメガエル>>

コメント

レッドベリードブラックスネークは卵胎生なんでしょうか。

そういえば、今まであまり野生の毒ヘビに出会ったことがない気がします。会いたいかどうかはまた別の話ですが・・・(笑)。
  1. 2009/06/16(火) 00:21:58 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

おはようございます。オーストラリアには毒の強さベスト10に入るヘビが何種類かいると聞いた事があります。日本ではヤマカカシが毒ヘビとして身近に知られるようになりましたが私が噛まれた事があるのがシマヘビで助かりました。
  1. 2009/06/16(火) 09:50:07 |
  2. URL |
  3. おーちぃパパ #-
  4. [ 編集 ]

見るだけなら

Khelljuhg さん、

卵胎生ですね。
パースで野生の生きたヘビに何度か出会いましたが、いつもカメラがなくて撮影できません。
かなり大きなヘビも見かけましたが、恐いので遠くからみていただけです。噛まれたくないもん。

  1. 2009/06/16(火) 10:25:58 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ナンバー3、4

おーちぃパパ さん、

ブラウンスネークは毒蛇ナンバー4、ブラックスネークはナンバー3だそうですよ。
無毒のヘビでもヘビには一度も噛まれた経験はありません。今後も噛まれたくありません。
おーちぃパパ さんは貴重な体験をなさったんですね。
  1. 2009/06/16(火) 10:29:42 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

久し振りに訪問したら、わたしのアイドル、毒ものたちがオンパレードしてる!
オーストラリアのヘビの8割は毒モノなので怖い国でもあるけれど、一度歩いてみたいですね
最近、フィールド歩く日が多くて、こちらではマムシやヤマカガシ(後牙種)がいます。
ヤマカガシは奥に牙があるから一瞬咬まれても大丈夫だけど、マムシには気をつけたいです。

そちらのヘビの中には世界一と名のつく悪名高い毒蛇も多いので、そういうのにはやっぱり一人では
出会いたくないですね。でも、見てみたい。
  1. 2009/06/18(木) 19:22:48 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

野生のヘビ

Godspeed さん、

お久しぶりです。各地を嘗め歩きでお忙しいようで何よりです。

豪で野生のヘビの目撃経験はあります。種類の特定まで出来なかったので毒蛇かどうかわかりませんけれど、1m以上のヘビが公園の芝生を散歩?していました。近くに水辺があるのでそこに生息していたようです。 残念ながらカメラは持っていませんでした。

日本でも何度かヘビは目撃しています。
マムシは飛びかかって来るそうで、出会いたくないですよ。
  1. 2009/06/18(木) 20:53:57 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/706-26cae298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。