オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クィーンズランド旅行(10)*カモノハシ / Queensland(10) Platypus

2406カモノハシ池

オーストラリアの西部の町パースには生息しない世界で一番奇妙な生き物であるカモノハシを見に行った。オーストラリアの東部、6地域に暮らすカモノハシの中でケアンズのカモノハシは一番小さいのだそうだ。

2406カモノハシ睡蓮

ほ乳類であるから、潜水しても息継ぎの為に水面に出て来るので、水面を泳いでいる間を狙って撮るのだけれども、顔を出したので写真を撮ろうともたもたしているとすぐに潜ってしまうし、遠かったりで、ほとんどイギリスはネス湖の恐竜のような写真ばかりとなった。

2406カモノハシ横

なんとかカモノハシに見えるかな

2406カモノハシ正面

周囲にはヒメミツユビカワセミや

2406ヒメミツユビカワセミ

ルリミツユビカワセミが居て、ちょっとよそ見をしていると、カモノハシがでて来る。写真撮影に集中しないとなあ。

2406ルリミツユビカワセミ

2時間?ぐらいねばってこんなもんでした。

2406カモノハシ優

クイッと体を丸めるように

2406カモノハシ潜る

潜水

2406カモノハシ潜水

アメンボも居たな

2406アメンボ




帰りにはアサートン高原で有名で観光名所でもあるマビの森のカーテンフィグの樹 Curtain Fig Tree (カーテンフィグツリー)をみる。

イチジクの種子が、その実を食べた鳥などに運ばれて、熱帯雨林の木の梢などに落とされると、木の上で発芽し根は地面に降りてそこから養分をとりつつ、宿主の木にからみつきついには宿主の木を枯死させてしまうのだが、このフィグの木の宿主は倒れたさいに他の木に引っかかり、フィグの根が斜めのカーテン状に発達して宿主を覆い尽くしてしまいには腐らせて、このようにカーテン状のフィグの樹が残った、そうだ。
カーテンフィグツリーは、コウモリ、ポッサム、ヤモリやカエルなど様々な生き物に食べ物や住処を供給していて、中でも約3mmのイチジクコバチのメスは雌花の匂いにひかれて雌花に潜り込んで産卵し、その過程で受粉を助ける。卵がかえると幼虫は中で生長しイチジクの実が成熟するのを妨げる物質を出して、中に入った幼虫ごと実を食べられるのを防ぐとか。翅の有るメスと違い、翅のないオスは一生をイチジクの実の中で過ごして外に出る事はない。イチジク類は、その種ごとに、花粉媒介させるイチジクコバチの種が決まっていて、イチジクコバチとイチジクの花が咲いて実がなるサイクルが3ヶ月ごとにおこなわれるだそうですよ。

アサートン高原では現在昔の手付かずの姿を保つ熱帯雨林は2%で絶滅の危機にさらされています。

2406カーテンフィグ2

キノボリカンガルーに注意の看板は、良く盗まれるのだそうだ。

2406キノボリカンガルー看板
スポンサーサイト
  1. 2009/07/28(火) 00:00:27|
  2. クィーンズランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<クィーンズランド旅行(11)* キュランダ / Queensland(11) Kuranda | ホーム | 7月下旬 Perthの花>>

コメント

水がきれいなんですね。
水中のカモノハシがよく見えます。

ところでキノボリカンガルーは大きいのですか???

  1. 2009/07/28(火) 09:20:30 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

カモノハシは単孔類(卵で生まれる哺乳類)で世界で二種類だけのとっても珍しい生き物ですね・・・・・(他はrooさんのところにいると思われるハリモグラ)前足か後ろ足に毒があると聞いた事があります。
私はカモノハシ殆んど見れませんでした。とっても素敵な写真ありがとうございます。カーテンフィグツリー私も見ました!
  1. 2009/07/28(火) 13:37:11 |
  2. URL |
  3. おーちぃパパ #-
  4. [ 編集 ]

水は

ぷーままさん、

私の池の水の印象は、それほど綺麗とは思わなかったですけど、普通なのかな。

キノボリカンガルーは70cmぐらいで体より長いりっぱな尻尾をもっています。もうすぐキノボリカンガルーの画像をアップしますよ。下手な写真なのであまり期待しないで下さい。
  1. 2009/07/28(火) 16:54:08 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

単孔類

おーちぃパパさん、

さすがに良くご存知ですね。
カモノハシのオスの後ろ足には毒のあるケズメがあります。オス同士での縄張り争いなどに使われるそうです。
単孔類のハリモグラもカモノハシも、卵から孵ったばかりのころは同じ様な姿(ミニカモノハシ)をしていてキューキュー鳴いて可愛い。でも、ハリモグラを実際には見ていないです。次回は是非見てみたいです。なんちゃって。

  1. 2009/07/28(火) 17:00:06 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

中々いい感じの池ですね~、水も綺麗だし・・・。

それにしても、やはりカモノハシがいるんですね。(^^ゞ

見れば見るほど変な生き物ですね・・・。^^;
  1. 2009/07/29(水) 11:00:18 |
  2. URL |
  3. 大阪屋 #D2xI14F.
  4. [ 編集 ]

池には

大阪屋さん、

カモノハシは水辺には居るようですが、なかなか上手く撮影できません。私がヘタクソだからなんですけど。
変な生き物ですけど、触ってみたいです。
地面の穴の中で見られないけど、赤ん坊なんて可愛いでしょうねえ。
  1. 2009/07/29(水) 18:34:21 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/722-7765cd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。