オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西豪州旅行  ブルーム

5:3ブルーム駱駝夕日

ブルーム(Broome)は暑い。平均最高気温は33.9度だそうで、三泊二日の滞在中も蒸し暑かった。
インド洋に面したブルームは、人口約1万5千人で観光と真珠採りを主な産業としている。
パースから2,200キロメートル。
1883年~1889年まで西オーストラリア知事を務めたフレデリック・ブルーム卿(Sir Frederick Broome)
の名前からブルームと名付けられた。

1889年にはシンガポールとブルームを結ぶ電信用の海底ケーブルがインド洋に敷設され、
オーストラリアとイギリスの間が電信で結ばれた。
ケーブル・ビーチ(Cable Beach)は、海底ケーブルの陸揚地点で、今では観光地となっている。 
ケーブルビーチは広く、海は美しいが、サメやワニ、クラゲなどがいて遊泳禁止になっている。


5:3ブルーム駱駝反射

ケーブルビーチの名物、駱駝に乗って夕日を眺めてきた


5:3ブルーム駱駝影長

駱駝は背が高く、視点が高くなってすこぶる眺めがよろしい。
私が乗った駱駝の「ランディー」

駱駝はもともと中東から連れてこられ、乾燥地帯の交通手段として利用されていたが、
自動車の普及とともに、駱駝の需要は激減し、
今では野良駱駝が増えてしまった。
野良駱駝を捕まえてきて、訓練して中東に輸出したりしている。
ブルームの駱駝も、野生化した駱駝を捕まえて来るそうだ。
基本訓練は、約6週間で済むが、
海岸や道路などをおとなしく歩くようになるには
約半年はかかるそうだ。



5:3ブルーム駱駝ランディー




ブルームでは、キャンプ料理ではなく、宿の近くのカフェレストランで普通の料理を楽しんだ。



5:4OldZooCafe夜

バラマンディーの一品

バラマンディ (学名 Lates calcarifer) は、スズキ目・アカメ科に属する魚で、成魚になると全長2m・体重60kgにも達する、大型肉食魚。オーストラリア北部では釣りや食用にされる。白身で癖の無い味は美味


5:2OldZooCafeバラマンディー





二日目の夜は煮込んだビーフにしてみた。
柔らかく煮込んであり、トッピングのショウガのガリ(日本では寿司についてくる)の酸味が
微妙にあって美味でした。

5:2OldZooCafeビーフ


デザートはチーズケーキ

5:3OldZooCafeチーズケーキ




三日目は、ホタテの前菜をとってみたが、味はまあまあ

5:4OldZooCafeホタテ前菜


シーフードのパスタは美味

5:4OldZooCafeシーフードパスタ

デザートにペカンナッツのパイを食べた。
味は美味しいんだけど。重かった。


5:4OldZooCafeペカンパイ
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 11:03:09|
  2. 西豪州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<西豪州旅行   ブルーム2 | ホーム | 西豪州旅行 旅の食事>>

コメント

ブルームまで来たのですね。
ラクダの写真と影の写真が決まっています!
バラマンディー私大好きです。肉か魚を選べる時、バラマンディーなら迷わず選んでいました。

こうなったらバングルバングルまで行ってしまいましょう。
  1. 2010/05/31(月) 11:20:19 |
  2. URL |
  3. おーちぃぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

おーちぃぱぱさん、

バラマンディー、ちょいと値段がはりますけど美味しいですよね。
パースのスーパーでもバラマンディーを売っています。

ブルームは、リゾートホテルが充実していて、定年後のご夫婦を良く見かけました。
おーちぃぱぱさんも、老後ゆっくと楽しみにいらしてください。
って、まだお若いから、かなり先の話ですねえ。
  1. 2010/05/31(月) 15:34:59 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

らくだの写真すてき

団体旅行が多いのですね。
 
らくだの写真は秀逸です。
一人ではあの写真は無理だわね(笑)。
 
大きな国だからいろいろな自然があって面白いわ。
  1. 2010/05/31(月) 17:00:19 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

ラクダかわいいですね・・・
私はたぶん一生ラクダに乗ることはないでしょうが・・・・
にしても毎回晩御飯が豪華そうでいいですね。あのような体験をした後はやはりもっとおいしく感じるんでしょうか?
  1. 2010/05/31(月) 23:12:49 |
  2. URL |
  3. 罪歌 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ぷーままさん、

駱駝のツアーは、団体旅行ではなく個人でも申し込めます。
空きがあれば、その場でもオッケーです。
夕日鑑賞ツアーは一時間で50ドル。
一時間駱駝に揺られていたら、お尻が痛くなりました。

朝、日中、夕日の三つのツアーがあって、夕日ツアーが人気のようです。
  1. 2010/06/01(火) 12:00:52 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

らくだ

罪歌 さん、

駱駝乗りは、オーストラリアでは良く見かけますよ。
オーストラリアへお越しの際には、おためしくださいませ。

サンドイッチやハンバーガーも美味しいんですが、
レストランの料理は洗練された美味しいさがあります。

  1. 2010/06/01(火) 12:03:30 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/831-dbdfaddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。