オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

駝鳥の卵

9:30駝鳥卵2


知り合いが、「日本のキュウリを売っている店」を教えてくれたので、
キュウリでも買おうかと出かけてみると、巨大な卵を売っていました。
大手スーパーでは見かけません。

イタリア系の小さなスーパーなんですが、駝鳥の卵が、14.99ドル。
日本円で1、500円 ぐらいでしょうか。

店員に写真をとっても良いか聞いたら、
OKだったので、アボガドと一緒に撮ってみました。

でかい!
卵焼きにしたら、何人分ぐらい出来るのでしょう。

スクランブルエッグの方がいいかしら。


9:30駝鳥卵
スポンサーサイト
  1. 2010/10/01(金) 09:32:22|
  2. 日本の鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ピンクエナメルオーキッド  | ホーム | グレヴィリア>>

コメント

きゃあ、すてき!

殻のためだけでも、その値段払います。
一個800円でしょ??ほしいなあ。
 
鳥の卵だし。たべるほうには あまり興味ありません。

  1. 2010/10/01(金) 23:14:25 |
  2. URL |
  3. ぷーまま #cSBotvtQ
  4. [ 編集 ]

スーパーで売られているんですね。味見はされましたか?
  1. 2010/10/02(土) 02:36:59 |
  2. URL |
  3. Khelljuhg #KQN9eue2
  4. [ 編集 ]

ぷーままさん、

殻だけの、駝鳥やエミューの卵は見ましたが、中身の入った卵が、スーパーで売っているのを見たのは、初めてです。
円高なので、円立てでは安いでしょうが、豪で生活していると、1500円ぐらいの感覚で高いです。

鳥の卵は、どれも同じ味なのでしょうか。
栄養価は変わらないですよね。
  1. 2010/10/02(土) 18:36:20 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

味?

Khelljuhg さん、

スーパーで売っていましたが、値段が高いので買っていません。
写真だけ撮らせてもらいました。
駝鳥の卵一個、どのように料理すると美味しいのかしら。
  1. 2010/10/02(土) 18:39:03 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです^0^ お元気そうで何より。
ダチョウの卵、ステキな質感です。
しかし、クッションがシュレッダーされた紙そのままで、面白い~。

rooさん、最近わたくしは曲頚類にハマっています。(亀です。長~い蛇みたいな首の、主に南半球のみに棲むミズガメたち)
ブログでは発表していませんが、いくつか飼っています。

rooさんのお散歩や、国内旅行の際に見ることはございますか?
豪州といえば、曲頚類の宝庫。楽しい観察ができそう!
  1. 2010/10/15(金) 01:42:11 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

コウホソナガクビガメ

Godspeed さん、

こんにちは、
お久しぶりです。

コウホソナガクビガメが、パース近辺の水場でみられます。
うちから車で、10分ぐらいのところで、コウホソナガクビガメを、以前はよく見かけたのですが、
最近みていません。

つい最近までは、蘭の花を追いかけていましたが、今は、虫を追いかけています。
あ、ブログ、さぼっていますが、、、、

Godspeedさんの『Yummy Yummy Yak Yak!』に、長い事アクセス出来なかったのですが、何故でしょう。
今日は、すぐにアクセスできました。うーむ、謎です。
何かなさいました???
  1. 2010/10/16(土) 13:57:55 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

しばらく展示会のためにアクセス不能にしておいたのですよ。
爬虫類関係のブログやってて、日記に展示会のことをちょっと書いたら、何人もの人々が「どこでやるんですか?」
「いつまでやるんですか?」「会えますか?」ってメール頂いて・・・
だけど、作品と爬虫類飼いのことを容易にリンクしてほしくないし(わたくし身近な友人や仕事関係者にも爬虫類飼っていることを
言ってないのです。「ああ、蛇飼っている人」と先に覚えられると、イメージって残りますからね)、それに
展示会場で爬虫類の話されても困るし、イグアナ連れてきて来られても困るので、アクセスを規制してたのです。爆笑

さて、コウホソナガクビガメが見られるのですね。
例に漏れず、オージーの動物は人気があります。ニューギニアに棲むジ―ベンロックナガクビガメが、オージーに棲む
チリメンナガクビガメと同一種と見なされたあとも、オーストラリアに棲むチリメンは別種と信じる人々は多いし、
やっぱりオーストラリアといえば、ナガクビワールドですから、一度は訪れてみたいものです。

  1. 2010/10/16(土) 17:00:15 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした。

Godspeed さん、

なるほど、お仕事でしたか。
無事に終了したようで、なによりでした。

今年は、史上二番目にひどい水不足だそうで、コウホソナガクビガメは、どうしているやら。
別の湖(池のように小さいですけれど)では、カメが産卵しても、
狐(外来種)に食べられてしまったりしているそうです。

以前の記事は、こちら↓です。
http://australianpelican.blog54.fc2.com/blog-entry-383.html
  1. 2010/10/16(土) 21:00:09 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

そちらも例年にない異常気象だったのですね。
コウホソの記事、ありがとうございます。以前も拝見させて頂きましたが、
この記事はとっても可笑しくて、カメのカメらしい楽しさが詰まってますね。^v^
ありがとうございました。

現在は約3種のナガクビ系のカメを飼育しておりますが、豪州付近のナガクビは一種だけ。
とっても遊泳力があって、しかもアクティブで見てて飽きません。
これからも機会あれば、そちらのカメの紹介も宜しくお願い致します。^0^
  1. 2010/10/18(月) 02:01:56 |
  2. URL |
  3. Godspeed #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

カメ

Godspeed さん、

たいした記事でもないのですが、ありがとうございます♪

カメが生息するような場所へは、あまり行かないのですが、
みつけましたら、ブログに載せるようにします。

おや、またGodspeed さんのブログの扉が、閉まってしまいました♪
お仕事、がんばってくださいませ♪♪
  1. 2010/10/19(火) 15:15:36 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/880-a821fe68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page