オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カエル 二種

5:21LakeGwelup

霧に包まれた湖

5:20MoanigFrog


水辺近くの砂地に住むカエル,サンドフロッグ

夏は干上がる湖に住み、冬、穴に泡に包まれた卵を産んで、
湖に水が満ちる頃に、オタマジャクシが生まれる。

英名 Sand Frog / Marbled burrowing Frog
学名 Heleioporus psammophilus....

大きさは、4~6cm

鳴き声は、うなるような「うーん、うーん」


画像 上はメス、下はオス

5:20MoanigFrogオス

砂地に子蛙がいると、保護色になっている。


5:20砂地カエル




体長2.3cmの小さなカエルのサンドプレインフログレット


鳴き声は、日本的に「ケロケロ」「キュロキュロ」

冬に繁殖し、オタマジャクシは150日でカエルの形になる

英名 Sandplain Frglet / Little froglet / squelching froglet
学名 Crinia insignifera


5:20SandplainFroglet
スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) 17:16:02|
  2. 両生類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<D.エリスロリザ | ホーム | アカビタイムジオウム>>

コメント

幻想的な湖の写真素敵ですね。
サンドプレインフログレットはお洒落な色彩ですね~。
生態的にも乾燥が厳しい中を行きぬくすべが面白い生物ですね。

  1. 2011/05/25(水) 16:48:04 |
  2. URL |
  3. じごまる #-
  4. [ 編集 ]

カエル

じごまるさん、

霧の湖は幻想的で、晩秋から冬にかけて、たまに見られます。
乾燥した土地柄なので、珍しいです。日本で霧はよくみられるでしょうか。

カエルも、知恵を絞って生きているんですね。
健気で可愛いです。
  1. 2011/05/25(水) 17:05:09 |
  2. URL |
  3. roo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/933-f3d057a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。