オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カマキリ (オーストラリア)

カマキリ

以前黒いカマキリを見て以来、木の上に住むというこのカマキリに恋いこがれおりました。パース市最大の自然公園キングスパークにムシでもいないか、と思って行ってみました。
並木の一本一本を丁寧に見て行き、7、8本目の周りをぐるりと見ていると、いきなり(期待していなかったのでいきなりに思えました)カマキリと対面。
探していたとはいえ、まさか目の前に居るとは!!
胸がどきどきとして興奮してしまいました。
嗚呼、あこがれのカマキリ
が、なんだか陰険そうなギロリ目ですね。


カマキリ

Amorphoscelidae 科

Bark Mantids の一種


25mm程の小さなカマキリ。

バンクシアやペーパートランクスの木の上などで、晩春から夏にかけてみられます。
メスは羽がありません。オスのみ羽があり、オスは外灯の明かりなどに飛んでくることもあるそうです。

16.11.06.kamakiri.jpg




16.11.06.kamakiri2.jpg




16.11.06.kamakiri4.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/21(火) 20:21:12|
  2. Invertebrates (ムシ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<良く見かけるムシ | ホーム | フリンジ リリー (オーストラリアのワイルドフラワー)>>

コメント

 いい虫ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・さっ、v-405さわりてー!!
すみません。我慢できずに、また、下品な叫びを上げてしまいました。v-388

 擬態がすごくて、はっきり分かりませんが、前胸部が短めでしょうか。ゴキブリから進化したということですが、何となくゴキブリを感じます。また、目がいいですね。何でしょう、このまがまがしい目つき。まさに怪物。
 最後の写真は、ちょっと恐いくらいです。
  1. 2006/11/21(火) 21:18:31 |
  2. URL |
  3. tu4477 #w7t1YKdA
  4. [ 編集 ]

こんばんは。むむ!これが例のカマキリの成体なのですか?
格好いいです。小さい種類なんですね。
完全に木にとけ込んでいて、よくぞお気づきになられました!という感じです。やはり「ゆらり・・・ゆらり・・・」とゆっくり移動するんでしょうか。それにしてもいい虫です。複眼が特にいいです θ_θ
  1. 2006/11/21(火) 23:53:25 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

>tu4477さん、
tu4477さんの雄叫びは最高の賛辞と受け取っております。ありがとうございます。m(_ _)m

日本のカマキリと顔つき身体つきが違いますねえ。
何と言ってもこの目、凄みがあります。

メスのようですから、「あんたら、なめたらあかんぜよ」って感じでしょうか。(ヘ_ヘ)
  1. 2006/11/22(水) 17:41:22 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

> KOH16さん、
ありがとうございます。
これは黒いカマキリとは別の種類です。

本当にまあ良く見つけたもんです。
丁度目の高さに居たためでしょうか、目線が合ったときは背筋がゾクゾクしました。
珍しいムシを見つけた時の興奮は良くご存知でしょうが、、、何ものにも変えがたく、麻薬的のように(試したことないです)刺激的で止められなくなります。

ううう、どっぷりムシ浸けになってます。「(≧ロ≦)
  1. 2006/11/22(水) 17:47:54 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

初めて書き込ませていただきます。
なるほど、樹皮そっくりの色彩ですね。

>どっぷりムシ浸け
面白い虫がわんさかでしょうから、うらやましいw。
今日、家の庭でもコカマキリと対面しました。しかし、飼い猫に一足早く見つかり、無残な姿に。。。
  1. 2006/11/22(水) 22:47:17 |
  2. URL |
  3. 871 #w2cFis76
  4. [ 編集 ]

871さん、訪問ありがとうございます。

> 871さん、はじめまして。
リンクありがとうございました。

面白いムシがわんさか、、、いるらしい、、のですが、なかなか探しだすのは大変です。

日本ではまだコカマキリががんばっていたのですね。残念な結果になったようですが。
  1. 2006/11/23(木) 03:37:19 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

なるほど、あれとは別種なのですね。早とちり(^ ^;;

>珍しいムシを見つけた時の興奮は良くご存知でしょうが、、、何ものにも変えがたく、麻薬的のように(試したことないです)刺激的で止められなくなります。

すごく分かります。僕も試したことはありませんが・・・。
何かが頭の中で爆発する感じでしょうか。心拍数が上昇して。
またそういう気分を味わいたくて仕方ありません(^ ^)
  1. 2006/11/23(木) 23:53:07 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

> KOH16さん、
どちらも、カマキリ目 、Amorphoscelidae 科
Bark Mantids の一種 になりますが別ですね。
日本のオオカマキリなどはカマキリ目、カマキリ科ですから豪のBark Mantidsとは目つきからして違う、、ような、気がします。なんともその擬態が凄いです。

日本はもうすぐ冬。
ささやかながら、オーストラリアのムシで興奮をちょっぴり味わって下さい。

いつもコメントありがとうございます。ムシ探しの大きな励みになります。今日は何か面白いムシ見つからないかなあ。




  1. 2006/11/24(金) 08:50:35 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/94-ef444540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。