オーストラリアン ワイルドライフ  Australian Wildlife

オーストラリアの動植物など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス ツリー

11月の中頃からぽつぽつ鮮やかなオレンジ色の花が目についてきます。
この花が咲き始めるとオーストラリアはもうすぐ「夏」になります。
花の無い時期は地味な木です。


クリスマスが近付くころに鮮やかなオレンジ色の花が咲くことから、クリスマス ツリーの名前が付いています。オーストラリア独特の半寄生植物で、吸枝と呼ばれる根っこから近くの植物の養分を吸い取って成長します。10mほどの大木になる宿根科の唯一の植物です。
4枚の羽付きの実がなり風に飛んで広がります。

アボリジニの人々はこの吸枝を堀出して食べるそうで、味は甘苦いキャンディーのようだそうですよ。
またアボリジニのNyoongarの人々はクリスマスツリーには死者の魂が宿るとして、この木を住居に入れないそうです。

英名  Christmas tree

学名 Nuytsia floribunda

アボリジニ語 Mooja



ChristmasTree2.24.11.06.jpg



ハチが集まってます。


ChristmasTree.24.11.06.jpg


テントウムシでしょうか。


25.11.06.musi.jpg



近くにはカメムシの幼虫も、


25.11.06.kame.jpg



鮮やかなガム ツリー ホッパーの幼虫


25.11.06.hopper.jpg



そして成虫、日本のヨコバイの仲間

スターウォーズにでも出て来そう。



25.11.06.hopper2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/25(土) 22:57:18|
  2. Wildflowers (野草)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<インド洋 | ホーム | キャンドル バンクシア>>

コメント

頭がクラクラしそうな色彩の連発ですw。

>クリスマスツリーには死者の魂が宿るとして、この木を住居に入れないそうです。
こういうのって、日本でもありますね。サルスベリとか。サクラも庭に植えるものじゃないそうで。でもこれは、毛虫が付くからか。
最近はビワも駄目って聞きました。ナゼだろう。
  1. 2006/11/26(日) 00:24:10 |
  2. URL |
  3. 871 #w2cFis76
  4. [ 編集 ]

871さん、ありがとうございます

>871さん、
クリスマス ツリーは遠くからでも目立ちます。青い空に映えますね。
土俗風習と言うのですか、ありますよねえ。
昔は禁忌が色々あったようですが、今はどうなんでしょう。知っている人も少なくなっているのでしょうか。

ビワ、美味しいけど、、何故でしょう?
  1. 2006/11/26(日) 07:42:26 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
極彩色の世界ですね。半寄生って面白い。どうやって周りの植物から養分を奪うのか、とても興味深いです。
そしてガムツリーホッパー!ド派手なくせに見事な保護色になっているのですね。ただただ驚くばかりです。そして、確かにスターウォーズに出てきそう(^ ^)

  1. 2006/11/26(日) 12:46:01 |
  2. URL |
  3. KOH16 #-
  4. [ 編集 ]

 ちょっと不気味な木ですね。面白い生態の木で、そういう木があるとはしませんでした。ところで、この木に寄生された木は枯れないのですか?もし枯れたら、この木も枯れちゃんでしょうか。不思議です。
 ガムツリーホッパー、団体さんで居ると、虫の輪郭が消えてしまいますね。確かにSFチックです。
  1. 2006/11/26(日) 17:25:46 |
  2. URL |
  3. tu4477 #w7t1YKdA
  4. [ 編集 ]

KOH16さん、ありがとうございます

>KOH16さん、
周辺植物の根っこから養分を吸い取るようです。
半寄生だから地中からも養分を取る不思議な植物ですね。

ガムツリー(ユーカリ)はよく見ると配色がホッパーと似ていますね。それにしても派手。南方系のムシみたい。
近くの葉には抜け殻が綺麗に並んでいて、お行儀のよい幼稚園生のようで面白いです。
  1. 2006/11/26(日) 20:21:55 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

tu4477 さん、ありがとうございます

>tu4477 さん、
生かさず殺さず、どこぞの悪代官のように、、、、
半寄生というから、たぶん全面的に周辺植物に頼っているわけではないのでしょう、とおもうのですが、いかがでしょう。
ムシが悪役のSFもありましたね。題名わすれましたけど。
SFもあまりに想像を絶する生き物が出てくるとついていけなくなってきました。ふう。
  1. 2006/11/26(日) 20:29:55 |
  2. URL |
  3. roo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australianpelican.blog54.fc2.com/tb.php/99-c2b033f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

roo

Author:roo
気候の温暖なオーストラリアのパースから送る、豊かな自然に恵まれたオーストラリアの動植物。

当ブログの最適ブラウザはFirefoxです。
IEでは正しく表示されません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。